ピンク・レディーの活動大写真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピンク・レディーの活動大写真
監督 小谷承靖
脚本 ジェームス三木
原案 ジェームス三木
製作 相馬一比古
田中壽一
出演者 根本美鶴代
増田啓子
石立鉄男
田中邦衛
秋野太作
田中健
音楽 都倉俊一
撮影 稲垣涌三
編集 黒岩義民
製作会社 東宝
T&C ミュージック
配給 東宝
公開 日本の旗 1978年12月16日
上映時間 83分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ピンク・レディーの活動大写真』(ピンク・レディーのかつどうだいしゃしん)は、1978年制作、小谷承靖監督の日本映画

概要[編集]

  • 当時スーパーアイドルだったピンク・レディーの初主演(結果として唯一となった)映画であり、本人たちの大ヒットシングル(「ペッパー警部」~「カメレオン・アーミー」までのシングル10曲)が散りばめられていた。
  • 実際のコンサートの映像も含まれていた。(四国と後楽園球場で行われたもの)
  • ミーとケイがドレスを着て「カメレオン・アーミー」を通常とは違う振り付けで歌唱するシーンがある。
  • 2006年7月28日DVD化された。オーディオコメンタリーは監督の小谷承靖と坂下千里子が担当。パッケージ内冊子には2006年当時の未唯増田恵子のメッセージも載っている。2017年12月現在でも非レンタル化である。
  • 90年代に民放で昼間の映画番組で唯一の放送を行った。

あらすじ[編集]

ピンク・レディーの主演映画を作ろうとアイデアを出し合うプロデューサーの白川(石立鉄男)、監督の赤沢(田中邦衛)、脚本家の青田(秋野太作)。青田の企画は恋愛メロドラマ、白川の企画はモンスターとの交流を描いたSF映画、そして赤沢の企画は西部劇。それぞれの主張がまとまらず映画は一体どうなってしまうのか・・・?

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

挿入歌[編集]

サウンドトラック[編集]

ピンク・レディーの活動大写真(1978.12.25)(CD:1991.9.21)ビクター音楽産業

同時上映[編集]

炎の舞

外部リンク[編集]