ピンク・レディーと春休み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピンク・レディーと春休み
監督 滝沢正治
脚本 松原俊春
原案 加納亨一相原芳男
製作 相馬一比古
岸田一則(企画)
出演者 ピンク・レディー
製作会社 T&C ミュージック
配給 東映
公開 日本の旗1979年3月17日
上映時間 24分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示
現実パートの舞台となった恩賜上野動物園の正面ゲート

ピンク・レディーと春休み』(ピンク・レディーとはるやすみ)は、1979年3月17日公開の「東映まんがまつり」で上映されたアイドル短編映画。T&C ミュージック作品。カラー、シネマスコープ、24分。

概要[編集]

当時の人気アイドルであるピンク・レディーを主演とした作品で、前年(1978年12月16日東宝系で公開された一般映画『ピンク・レディーの活動大写真』に続く2作目にして最後の主演映画。しかしピンク・レディー映画といっても、本来のピンク・レディーが登場するのは夢の中の歌のパートのみ、恩賜上野動物園を舞台とした現実パートでは、ピンク・レディーの着ぐるみ人形が登場するという、ピンク・レディー作品は元よりアイドル映画の中でも風変わりな作品。

2015年現在、映像ソフト化はされてない。

なお「まんがまつり」で上映された非TV系短編映画は、1977年3月19日公開の『ジャイアンツのこども野球教室』以来2年振り、アイドル映画に至っては、1974年7月25日公開の『フィンガー5の大冒険』以来5年振りだが、本作が事実上最後となった。

ストーリー[編集]

ミーケイの着ぐるみ人形が上野動物園に現れ、動物たちと遊び始めた。歌や踊りが出て来て皆は大喜びだ。やがて皆は疲れて眠りにつく。夢の中ではピンク・レディーの舞台が始まり、皆が知ってるヒット曲が流れてきた…[1]

出演者[編集]

挿入歌[編集]

スタッフ[編集]

同時上映[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b キネマ旬報」758号 182頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]