ピンク・レディー・イン・USA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピンク・レディー・イン・USA
ピンク・レディースタジオ・アルバム
リリース アメリカ合衆国の旗1979年6月1日
日本の旗1979年9月5日
録音 1979年4月 - 5月
ジャンル ポップス
レーベル アメリカ合衆国の旗CURB/エレクトラ
日本の旗ビクター音楽産業
プロデュース マイケル・ロイド
ピンク・レディー 年表
不思議な旅
(1979年)
ピンク・レディー・イン・USA
(1979年)
WE ARE SEXY
(1980年)
テンプレートを表示

ピンク・レディー・イン・USA』はピンク・レディーのオリジナルとしては4枚目となるアルバム。1979年9月5日にビクター音楽産業(現、ビクターエンタテインメント)より発売された。

  • 『ピンク・レディー・イン・USA』は1979年6月1日に全米にて発売されたアルバム『PINK LADY』の日本発売盤のものである。(収録曲は同じ)
  • マイケル・ロイドによるプロデュースの世界デビューアルバムである。
  • ウィスパー的な歌い方など、全体的にそれまでのピンク・レディーの発声法とは違っていて、本人たちも勉強になったし自信に繋がったとコメントしている。
  • 2002年12月15日にCD化。レーベルはViViD SOUND。

収録曲[編集]

SideA

  1. Kiss In The Dark
    • Michael Lloyd Arranged by John D'Andrea
    • 全米デビュー第一弾シングル。エレクトラより世界40数カ国同時発売された。
    • ビルボード、キャッシュ・ボックスで63位にチャートイン、37位まで上昇した。
    • 本人たちが日本でのイメージでなくどこかで望んでいたピンク・レディーの形だったとコメントしている。
  2. Dancing In The Halls Of Love
    • Billy Alessi - Bobby Alesy Arranged by John D'Andrea
    • 全米デビュー第二弾シングルとして1979年8月に発売されている。
    • アメリカの兄弟デュオAlessiのカヴァー。
  3. Show Me The Way To Love
    • Michael Lloyd Arranged by John D'Andrea
    • アメリカ盤「Dancing In The Halls Of Love」のB面。
  4. Walk Away Renee
    • Mike Brown - Bob Calilli- Tony Sansone Arranged by Erich Bulling 
    •  シングル「KISS IN THE DARK」のB面。レフト・バンクのカヴァー。
  5. Strangers When We Kiss
    • Michael Lloyd - John D'Andrea Arranged by John D'Andrea
    • シングル「うたかた」の原曲。
    • 本人たちも特に気に入っている1曲で、自分たちのノリや精神に合っている曲だとコメントしている。
    • 再結成後のメモリアル・コンサートでも歌唱された。振りは「うたかた」とほとんど同じであるが細部が少し違う。

SideB

  1. Love Me Tonight
    • Daniele Pace - Mario Panzeri- Lorenzo Pilat - Barry Mason Arranged by John D'Andrea
    • トム・ジョーンズのカヴァー。
  2. I Want To Give My Everything
  3. Deeply(From the motion picture "HAPPY")
    • Norman Gimbel - Charies Fox Arranged by John D'Andrea
    • US映画『HAPPY』の挿入歌として起用。
  4. Give Me Your Love
    • Bob Gundry Arranged by John D'Andrea
    • 再結成後のメモリアル・コンサート(Vol.3)でも歌唱されたが権利の問題でDVD未収録であった。
  5. Love Countdown
    • Detlef Petersen - James Hopkins- James Harrison - Geoffey Peacey Arranged by John D'Andrea
    • Luan Petersのカヴァー。
    • 元々この曲が全米デビュー曲として伝えられていたが「KISS IN THE DARK」に変更された。
    • 再結成後のメモリアル・コンサートでは振り付きで歌唱され、この振り付けを覚えて客席で一緒に踊る観客の姿が大勢見られた。