近藤照男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

近藤 照男(こんどう てるお、1929年生まれ。月日は不詳 - 2006年2月20日)は日本テレビプロデューサー香川県出身。

来歴・人物[編集]

1952年、武蔵工業大学(現・東京都市大学)建築科を卒業後、美術スタッフとして東映入社[1]。劇場用作品の美術監督として『陸軍残虐物語』(1963年)『ジャコ萬と鉄』(1964年)などの作品に関わったのち、1960年代中盤からプロデューサーに転身し、主にテレビ映画制作に携わる。

プロデュース作品にはアクション作品が多く、代表作は「スパイキャッチャーJ3」(企画)、「キイハンター」や「Gメン'75」。

1982年に東映から独立し、テレビドラマ制作を業務に近藤照男プロダクションを設立、数々のTBS作品を制作する。中でも東映と馴染みの深い石ノ森章太郎原作の「HOTEL」を映像化、ロングランシリーズとなった。

2006年2月24日、脳内出血により2月20日に都内の自宅で死去したことが公表された。享年77[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]