佐藤健太

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

さとう けんた
佐藤 健太
本名 佐藤 健太
生年月日 (1967-05-06) 1967年5月6日(55歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 174 cm[1]
血液型 O型
職業 俳優歌手
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1985年 -
事務所 ノーリーズン
主な作品
テレビドラマ
高速戦隊ターボレンジャー
テンプレートを表示

佐藤 健太(さとう けんた、1967年5月6日[1][2] - )は、日本俳優歌手。本名同じ[1][3]。身長174cm[2]、スリーサイズB-95 W-76 H-87cm、靴のサイズ26cm。血液型はO型[2]

東京都出身[1]明星高等学校[3]日本テレビ音楽学院[4]卒業。ノーリーズン所属[1]

来歴

中学生時代はジャニーズJr.に所属[5]。中学3年生の時に歌手を目指して日本テレビ音楽学院のオーディションを受け、特待生として入学[6]。学業と並行して日本テレビの音楽番組『ザ・トップテン』でマイク渡しのアルバイトもしていた[6]

16歳の時に通っていた発声練習の発表会でゴールデンミュージックプロモーションにスカウトされ、1985年に『夏・体験物語』で俳優デビュー[7][6]。その後もテレビドラマ映画CMなどで活躍している。

1989年、スーパー戦隊シリーズ第13作『高速戦隊ターボレンジャー』に炎力 / レッドターボ役でテレビドラマ初主演、主題歌の歌唱も担当した[6]。1992年、同シリーズ第16作『恐竜戦隊ジュウレンジャー』では再び主題歌を担当し、同年の第7回日本ゴールドディスク大賞にて学芸部門・アルバム賞を受賞した。

2005年に鈴木美潮主催のイベント「赤祭3」にメイン出演。以降は鈴木主催のイベントには頻繁に参加している。2011年6月11日公開の『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』では21年振りに炎力役を演じた。

人物

趣味はアンティーク収集、映画鑑賞[2]。特技は乗馬、水泳、テニス[2]

当初は歌手を目指して芸能界入りしたが、俳優として様々な作品に出演するうちに演技の面白さに目覚めたという[6]

『ターボレンジャー』は、東映プロデューサーの鈴木武幸からレッドではない役でオファーされたが、自らレッド役と主題歌歌唱を要望し、その両方を担当するに至った[8]。マネージャーは1年間スケジュールを押さえられることに難色を示していたが、佐藤がどうしてもやりたいと主張し認められた[6]

20歳の時から『ターボレンジャー』の放送開始直後まで喫煙していたが、『ターボレンジャー』の撮影を観に来る子供がいたこと、高校生という役柄を演じる自分が煙草を吸う事が周囲への悪影響になると判断し、以来禁煙している。佐藤曰く「苦にはならなかったですね。ヒーローになることに対する責任感を感じてやってました(原文まま)」とのこと[7]

『ターボレンジャー』で共演した朝倉圭矢とは映画『ラバーズオンリー』で知り合っており[8][6]、佐藤がレッド役に決まりそうなことを聞いた朝倉はそれを羨ましがり、『ターボレンジャー』のオーディションを受けたという[8]。佐藤は、朝倉が芸能界を引退した後もよく連絡をとっているという[6]

『ターボレンジャー』でライバル役を演じた田中良典とは番組終了後も親交が続き、よく出演舞台を見に行っていた[8]

『ターボレンジャー』の後番組『地球戦隊ファイブマン』でファイブブルー/星川健役を演じた信達谷圭は、高校の同級生である[8]。『ターボレンジャー』時に東映東京撮影所で『ファイブマン』のオーディションに向かう信達谷と偶然であっている[8]

『恐竜戦隊ジュウレンジャー』のドラゴンレンジャー/ブライのデザインイメージは篠原保によりもともと佐藤が演じることを念頭に置いてデザインされたものであり、佐藤も当時自身が演じると思ったと明かしている。[9]

『ターボレンジャー』出演当時の衣装(赤のブルゾン、ボーダーシャツと黒のパンツ)を現在でも保管しており、また体型もほとんど変わっていないため、『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』ではそれを着用して出演している。

一時期劇場版『はだしのゲン』に出演していたと言われていたが、同姓同名の別人であると本人が語っていた[要出典]

出演

テレビドラマ

映画

オリジナルビデオ

  • 平成ノ歩き方(1993年、東北新社) - 銘柄弱男 役
  • 来て。抱いて。愛して(1998年、日活
  • 淫夢 さまよえる記憶(2000年、レジェンド・ピクチャーズ)

舞台

  • 幕末ノ丘(2006年5月31日 - 6月4日、神田時来組) - 土方歳三

CM

イベント

  • ANIME JAPAN FES
    • スーパーヒーロー魂2003(2003年8月16日、Zepp Tokyo)
    • AJF2003 アニメジャパンフェス2003“大阪 夏の陣”(2003年8月24日、大阪なんばHatch
    • スーパー戦隊“魂”
      • スーパー戦隊“魂”2004(2004年11月21日、Shibuya O-EAST
      • スーパー戦隊“魂”II(2006年11月19日、Shibuya O-EAST)
      • スーパー戦隊“魂”VII 2013 東京公演 20世紀編(2013年11月3日、Zepp Tokyo)
      • スーパー戦隊“魂”IX 2015 東京公演 2日目(2015年11月8日、Zepp Tokyo)
      • スーパー戦隊“魂”IX 2015 大阪公演(2015年11月15日、なんばHatch)
      • スーパー戦隊“魂”X 2016 東京公演 20世紀編(2016年11月6日、Zepp Tokyo)
      • スーパー戦隊“魂”X 2016 大阪公演(2016年11月27日、Zepp Namba(OSAKA))
      • スーパー戦隊“魂”XI 2017 東京公演 20世紀編(2017年11月5日、Zepp Tokyo)
      • スーパー戦隊“魂”XI 2017 大阪公演(2017年11月12日、なんばHatch)
      • スーパー戦隊“魂”XII 2018 東京公演 2日目(2018年11月4日、Zepp Tokyo)
      • スーパー戦隊“魂”XIII 2019 東京公演 2日目(2019年11月4日、Zepp Tokyo)
      • スーパー戦隊“魂”XIII 2019 大阪公演(2019年11月10日、なんばHatch)
      • スーパー戦隊“魂”2021 2日目(2021年11月7日、Zepp Tokyo)
  • 横浜ヒーロートーク(2005年11月20日、横浜マリンタワー内機械仕掛けのおもちゃ館)
  • 340プレゼンツ新宿ロフトプラスワン
    • 「赤祭3」(2005年8月)
    • 「赤祭4」(2006年8月)
    • 「赤祭5」(2007年8月)
  • 340スズキ presents(新宿 Naked Loft)
    • 「佐藤祭」(2007年2月1日)
    • 「歌祭4〜山形ユキオの巻〜」(2008年7月24日)
    • 「歌祭5〜宮内タカユキの巻〜」(2008年10月3日)
    • 「歌祭7〜MoJoの巻〜」(2009年3月12日)
    • 「歌祭8〜前田達也の巻〜」(2009年6月19日)
    • 「歌祭9〜松原剛志の巻〜」(2009年9月8日)
    • 「歌祭10〜武村太郎の巻〜」(2009年11月13日)
    • 「歌祭11〜内田直哉の巻〜」(2010年2月26日)
    • 「歌祭12〜影山ヒロノブの巻〜」(2010年4月30日)
    • 「歌祭13〜きただにひろしの巻〜」(2010年5月28日)
    • 「歌祭14〜五條真由美の巻〜」(2010年7月29日)
    • 「歌祭15〜松本梨香の巻〜」(2010年9月3日)
    • 「歌祭16〜米倉千尋の巻〜」(2010年11月12日)
    • 「歌祭17〜和田光司の巻〜」(2010年12月3日)
    • 「歌祭18〜谷本貴義の巻〜」(2011年2月25日)
    • 「歌祭19〜YOFFYの巻〜」(2011年5月12日)
    • 「歌祭20〜Sister MAYOの巻〜」(2011年7月7日)
  • 串田アキラLIVE「魂のエンジン2」(2008年5月2日、渋谷CLUB CRAWL)

音楽

シングル

アルバム

  • 高速戦隊ターボレンジャー ヒット曲集(1989年6月1日、日本コロムビア)
  • コロムビア アニメ大行進 '90ライブ(1990年12月1日、日本コロムビア) - 「高速戦隊ターボレンジャー」の歌唱で参加(ライブ音源)。
  • 恐竜戦隊ジュウレンジャー ヒット曲集(1992年6月21日、日本コロムビア)
  • テレビまんがでレッツゴー! 最新テレビまんが大行進(1993年4月21日) - 「恐竜戦隊ジュウレンジャー」の歌唱。
  • テレビマンガ夢いっぱい! 女の子向けベストヒット(1995年4月21日) - 「笑顔のゲンキ」の歌唱で参加。

脚注

  1. ^ a b c d e 『日本タレント名鑑2017』VIPタイムズ社、2017年、173頁。ISBN 978-4-904674-08-6 
  2. ^ a b c d e 所属事務所公式プロフィールより。
  3. ^ a b 『日本タレント名鑑'92』VIPタイムズ社、1992年、133頁。
  4. ^ 『テレビ・タレント人名事典 第5版』日外アソシエーツ、2001年、482頁。
  5. ^ kenta_sato1967のツイート(252442341560946688)
  6. ^ a b c d e f g h 「SPECIAL INTERVIEW '89 佐藤健太」 『スーパー戦隊 Official Mook 20世紀 1989 高速戦隊ターボレンジャー講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2019年6月10日、18-19頁。ISBN 978-4-06-513715-4 
  7. ^ a b 第155回ゲーム大会「佐藤健太さん」Internet Archiveのキャッシュ)
  8. ^ a b c d e f 超世紀全戦隊大全集 1993, p. 189, 「戦隊シリーズ キャストインタビュー 佐藤健太」
  9. ^ ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』インタビューより[要文献特定詳細情報]

参考文献

外部リンク