咲くやこの花 (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
咲くやこの花
ジャンル 時代劇
脚本 藤本有紀(作)
演出 佐藤峰世
富沢正幸
佐々木善春
出演者 成海璃子
平岡祐太
余貴美子
寺田有希
寺田農
大和田伸也
佐野史郎
松坂慶子
ナレーター 中村梅雀
エンディング 初音「また逢いたい」
時代設定 文化文政時代
製作
製作総指揮 佐野元彦
加賀田透
制作 NHK
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2010年1月9日 - 3月27日
放送時間 土曜19:30 - 20:00
放送枠 土曜時代劇 (NHK)
放送分 30分
回数 10
公式サイト
テンプレートを表示

咲くやこの花』(さくやこのはな)は、NHK総合テレビ土曜時代劇」枠で2010年1月9日から3月27日まで土曜日の19:30 - 20:00(JST)に放送された時代劇藤本有紀作。主演は本作が時代劇初出演となる成海璃子[1][2][3]

あらすじ[編集]

江戸時代、百人一首が大好きだが、地味に目立たず生きていくと決めたこいが「大江戸かるた腕競べ」に出場することとなりこの大会に勝ち、浪人・由良と出会ったりすることで成長していく。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

こい
演 - 成海璃子(幼少時代:田中凜音
深川の漬物屋「ただみ屋」のひとり娘。
深堂由良(しんどうゆら)
演 - 平岡祐太
浪人。
そめ
演 - 余貴美子
こいの母、漬物屋「ただみ屋」の主。
しの
演 - 寺田有希(幼少時代:黒岩澄香
うなぎ屋「金森屋」のひとり娘。こいのライバル。
順軒(じゅんけん)
演 - 内田滋
「百敷屋」の若旦那。
門田伯耆守稲葉(かどたほうきのかみいなば)
演 - 寺田農
芦川藩藩主。
百敷屋徳兵衛(ももしきやとくべえ)
演 - 大和田伸也
呉服屋「百敷屋」の主人。
信助(のぶすけ)
演 - 佐野史郎
うなぎ屋「金森屋」の主人。
佐生はな(さそうはな) → 花嵐
演 - 松坂慶子
寺子屋・嵐雪(らんせつ)堂の先生、こいの目標。

その他[編集]

大家
演 - でんでん
こいたちの住む長屋の大家。
やす
演 - 松澤一之
長屋の住人。
演 - みのすけ
長屋の住人。
演 - 宍戸美和公
長屋の住人。
しま
演 - 濱田万葉
はなの弟子。
いく
演 - 小林きな子
はなの弟子。
あき
演 - 立原麻衣
はなの弟子。
蝉丸
演 - 小川竜平
子供たち。
猿丸
演 - 梅本ハルヤ
子供たち。
小町
演 - 原舞歌
子供たち。

主なゲスト[編集]

徳川家斉
演 - 寺泉憲(第5回、第9回、最終回)
第11代将軍。
よし
演 - 木村理恵(第7回)
畠田の妻。
役人
演 - 斎藤歩(最終回)
目付。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各回 放送日 サブタイトル 演出 視聴率[要出典]
第1回 1月09日 めぐりあひて 佐藤峰世 10.9%
第2回 1月16日 君がため 11.8%
第3回 1月23日 嘆きつつ 11.6%
第4回 1月30日 嵐吹く 8.8%
第5回 2月06日 来ぬ人を 富沢正幸 6.9%
第6回 2月20日 花さそふ 10.9%
第7回 2月27日 みをつくしても 8.9%
第8回 3月13日 恋ぞつもりて 佐々木善春 8.1%
第9回 3月20日 今日を限りの 佐藤峰世 7.9%
最終回 3月27日 今は春辺と 8.3%
平均視聴率 9.4%(視聴率は関東地区・ビデオリサーチ社調べ)

関連商品[編集]

サウンドトラック
  • 河野伸 土曜時代劇「咲くやこの花」オリジナルサウンドトラックCD(2010年2月24日、avex trax、AVCD-23866)
DVD

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]



NHK総合テレビ 土曜時代劇
前番組 番組名 次番組
咲くやこの花