大御所時代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
江戸幕府第11代将軍・徳川家斉
老中・水野忠成

大御所時代(おおごしょじだい)は、江戸時代後期、寛政の改革天保の改革の間の期間(1793年1841年)で、第11代将軍徳川家斉の治世。家斉は1837年(天保8年)に隠居して大御所となってからも政治の実権を握っていたため、後の人が「大御所時代」と呼ぶようになった。

その通称から誤解されやすいが、「大御所時代」には家斉が将軍の地位にあった50年間も含まれる。一方、実際に大御所であったのはわずか4年である。すなわち、後の世から振り返っての呼び名という側面が大きい。

また同時期の代表的な元号より文化文政時代(ぶんかぶんせいじだい)、あるいはこれを略した化政時代(かせいじだい)という呼称が用いられる場合がある。

概要[編集]

家斉は、1781年一橋家から江戸城に入り、1787年に15歳で将軍となった。

1793年寛政の改革を主導した松平定信が失脚すると、定信の政策は老中首座松平信明らによって受け継がれた。しかし、1817年信明が病死すると、家斉は寛政の遺老達を遠ざけ、かつて田沼意次派に属した水野忠成老中首座に任じた。忠成は文政小判の改鋳によって通貨発行益をもたらしデフレ不況から好景気へと引き上げたが、その付属物として賄賂政治が横行し、幕政の腐敗、綱紀の乱れを生じた。家斉自身も豪奢な生活を送るようになり、幕府財政も破綻に向かっていった。

厳格過ぎた寛政の改革に対する反動的な政治と言われる。

また、家斉の子、徳川斉順を養子とした紀州藩などで一揆が続発し、人々の不安が高まった。忠成の死後、浜松藩水野忠邦が老中となり幕政改革を試みたが、家斉のもとでは空回りが続いた。

家斉は将軍在職50年の後、1837年に世子家慶に将軍職を譲り隠居してからも実権を持ち、1841年1月に69歳で死去するまで続いた。家斉の死後、幕政建て直しのため、水野忠邦による天保の改革が始まる。

大御所時代の代表的な出来事にお蔭参り大塩平八郎の乱などがあった。

大御所時代は、家斉が在職中の天明寛政享和文化文政天保の各元号のなかで、とくに文化~天保までを指すため、文化文政時代(化政時代)も呼ばれている。この時代は、江戸を中心に、退廃的・享楽的な化政文化が栄えた。一方で、外国からの政治的圧力が相次いだほか、1833(天保4年)には冷夏を要因とする天保の大飢饉が発生し、一揆打ちこわしが多発した。太平の世相を謳歌しながらも経済的・社会的な矛盾が進行し、封建制の江戸幕府が衰退を始める時期でもあった。

1841年に家斉が死去すると大御所時代は終わりを迎えた。その後、水野忠邦が進めた天保の改革の影響は大きく、厳しい統制の時代になったため、昔を懐かしんだ人々が大御所時代と呼び始めたともいわれる。

文化文政時代の政治[編集]

寛政~文化年間[編集]

寛政5年(1793年)に松平定信が老中を解任され、松平信明のぶあきらが老中首座に、本多忠籌老中格(老中に準じる役職)に任じられる。戸田氏教一橋治済(将軍家斉の父)も含め、この時期には寛政の改革の緊縮財政路線は大きく変更されず継承された。彼ら寛政の遺老たちが政治の実権を握っていたため、家斉自身が親政することはなかった。関東地方の治安維持を目的として、1805年(文化2年)に関東取締出役が設置された。

文政年間[編集]

文化14年(1817年)に信明が死去すると、家斉は老中首座に水野忠成ただあきらを任命する。この時期、金の含有量を減らした文政小判の発行など8度に及ぶ貨幣改鋳や、農村の治安維持対策としての文政の改革(1827年~1829年)が行われた。財政支出の増加により大量の貨幣が市場に投下されたことで、物価の持続的な上昇と共に、貨幣経済が農村にまで進展した。一方、幕政の緊張が緩み賄賂政治・放漫財政が黙認されたため「水の(水野)出て もとの田沼に なりにける」と風刺された[1][2]。将軍家斉の奢侈な大奥生活も、社会の退廃的風潮を促進し、幕府の財政や政治に影響をもたらしたとされる。文政10年(1827年)には父・治済が死去。

天保年間[編集]

天保4年(1833年)、大雨による洪水や冷害が原因となり起こった天保の大飢饉は、天保10年(1839年)まで続く大規模なものであった。飢饉による米不足により、天保8年(1837年)に大坂で大塩平八郎の乱が起こる。百姓・町人による一揆とは異なる、支配階級である武士が幕府に反旗を翻したことは、社会に大きな衝撃を与えた。水野忠邦は天保5年(1834年)に老中に、天保10年(1839年)には老中首座に任じられていたが、本格的な改革が始動するまでには家斉の死去を待たねばならなかった。天保8年(1937年)に家斉は子の家慶に将軍職を譲り隠居するも、天保12年(1841年)に死去するまで大御所として親政を行った。

社会・文化[編集]

文化・文政期は、260年以上続いた徳川幕府の中でもとりわけ「泰平の世」であったとされる[3]。政治的には増加する外国船の接近に対して対症療法に終始するなど、幕藩体制にはほころびが表れていた。しかし家斉自身が政治に興味を見せず、厳しい改革が行われなかったこともあり、自由な気風の中で庶民文化(化政文化)が花開き、「江戸文化」の最盛期を迎えた。

年表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 三訂版,世界大百科事典内言及, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,日本大百科全書(ニッポニカ),精選版 日本国語大辞典,デジタル大辞泉,旺文社日本史事典. “大御所時代とは” (日本語). コトバンク. 2022年4月10日閲覧。
  2. ^ 日本国語大辞典,367日誕生日大事典,世界大百科事典内言及, 日本大百科全書(ニッポニカ),ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,朝日日本歴史人物事典,デジタル版 日本人名大辞典+Plus,精選版. “水野忠成とは” (日本語). コトバンク. 2022年4月10日閲覧。
  3. ^ 在位50年、子どもは50人以上! 泰平の世のはまり役“遊王 徳川家斉” 『遊王 徳川家斉』(岡崎 守恭) | | インタビュー・対談” (日本語). 本の話. 2022年4月12日閲覧。

参考文献[編集]

  • 井上光貞、児玉幸多、永原慶二、大久保利謙「日本歴史体系〔普及版〕11 幕藩体制の展開と動揺(下)」『文化・文政時代』『化政文化』『天保の改革』ISBN 4634331101 山川出版社、1996年