風の市兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

風の市兵衛』(かぜのいちべえ)は、辻堂魁による日本長編時代小説シリーズ。祥伝社文庫からの文庫書き下ろしにより、2010年から2017年まで全20巻が刊行された。第5回(2016年歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞受賞作[1]。新シリーズ『風の市兵衛 弐』(かぜのいちべえ に)』が2018年から刊行されている。既刊4巻。

厳しい剣の修行を積んだ「秘剣風の剣」の遣い手で、大坂算盤と商いを学び「算盤侍」と称される渡り用人・唐木市兵衛を主人公に、武家や商家の生計の立て直しを生業とする中で口入れ屋・矢藤太から持ち込まれる面倒事を懸命に解決していく姿を描く[2]

そろばん侍 風の市兵衛』(そろばんさむらい かぜのいちべえ)と題し、2018年5月にNHK総合テレビ土曜時代ドラマ」にて向井理主演によりテレビドラマ化された[3]

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

各巻の登場人物については、「風の市兵衛シリーズの登場人物」を参照。

主人公[編集]

唐木 市兵衛(からき いちべえ)
38歳の浪人口入れ屋「宰領屋」の紹介で、渡りの用人として一時的に武家や商家に雇われ、算盤の特技を生かして家政を切り盛りする。そのため、算盤侍、あるいは青侍と呼ばれる。一方で、剣の腕も凄まじく、任務中に遭遇する様々な危難を、秘剣「風の剣」で切り抜ける。
出自は、幕府の十人目付筆頭、片岡 賢斎(けんさい)の末息子、才蔵(さいぞう)。賢斎と、片岡家に仕える足軽、唐木 忠左衛門の娘、市枝との間に生まれた、いわゆる妾腹である。母は、市兵衛を産んですぐに亡くなったが、父にはかわいがられた。また、異母兄姉の中では、長兄信正を特に慕っていた。
13歳で父を亡くしたことがきっかけで、祖父に願って元服し、片岡家を出奔。以来、足軽の子、唐木市兵衛を名乗る。
その後、18歳まで南都興福寺で剣の修行に励んだ。「風の剣」について、久しぶりに再会した兄信正に語ったところによると、「激しく強く斬れば斬るほどに激しく強い風に打たれます。また、風は斬っても斬れません。だから己が風とともに動けば風に打たれぬし、斬られはせぬ」と説明している。同時に、それは言葉の綾であり、心得程度のものだとも語った。
興福寺を離れてからは、大坂の米問屋に3年、仲買問屋に1年、の醸造業者の元に半年、の豪商の元に1年半寄寓し、さらにで貧乏公家家宰となるなど、経済に関する経験を積んだ。なお、京では、女衒だった矢藤太と出会い、徒党を組んで放蕩に耽り、無頼の生活も経験している。その後、数年間諸国を放浪した。
風貌については、作中「57(約1.72メートル)ほどの上背に一見痩躯で、鮮やかな総髪を麻の元結で束ねて、頭に一文字の髷を結っていた」「目尻の尖った奥二重の目付きの鋭さを、下がり気味の濃い眉が和らげ、ひょろりと痩せた風貌は、侍らしい腕っ節の強さや厳めしさを全く感じさせない」と評されている[4]

主な登場人物[編集]

渋井 鬼三次(しぶい きさじ)
北町奉行榊原忠之配下の定町廻り同心
「鬼しぶ」というあだ名を持つが、頬骨が高く眉が下がった渋い顔が由来[5]とも、彼が市中見回りに出ると、闇夜の鬼も渋い顔をするという風評が由来[6]とも、袖の下を絶対に断らない渋い男だから[7]とも言われる。
死体に触ることも厭わず自ら検死するなど、捜査への執念は並々ならぬものがある。
助弥(すけや)
渋井が使っている手先。ひょろりと背が高い。
矢藤太(やとうた)
江戸三河町口入れ屋「宰領屋」(さいりょうや)の主。
10年前京の島原女衒をしていた頃に市兵衛と出会い、一緒に放蕩の限りを尽くした。その後、京見物に来ていた前の宰領屋主人に気に入られ、10年下の出戻り娘の婿に収まる。文政元年(1818年)に市兵衛が江戸に戻って再会すると、渡り用人の仕事を紹介するようになった[8]
片岡 信正(かたおか のぶまさ)
53歳の旗本1500。20歳過ぎで父から家督と職務を引き継ぎ、現在は十人目付の筆頭支配役。屋敷は、麹町大横町から赤坂御門へ辿る諏訪坂の途中にある。
子どもの頃、9歳年上の市枝に恋心を抱き、元服したら父に結婚を許してもらうつもりでいたが、信正が12歳の時に市枝は父の側室となり、才蔵(市兵衛)を産んで亡くなってしまう[9]。以来、妻を娶らず、子もなく、養子も迎えていないが、「薄墨」の女将、佐波とは男女の関係。
返 弥陀ノ介(かえり みだのすけ)
信正配下の小人目付[注釈 1]で、俸禄15。信正が筆頭支配役に就く以前からの、20数年来の腹心で、常に信正に随伴する。5尺(約1.5メートル)に届かぬ短躯で、岩のような風貌。
剣の腕は、市兵衛には劣ると信正に評されるも確かである。また、小豆を指ではじき、敵の目や喉に当てることで、一時的に戦闘不能にする技も持つ。
当初、市兵衛を敵と誤解して斬りかかったが、その後は何度も死線を共にし、深い信頼関係にある。
佐波(さなみ)
20数年前から鎌倉河岸で営業している、京風料理屋「薄墨」の女将。40歳。調理を担当する父静観(せいかん)と2人で店を切り盛りしている。
16歳の時、店を訪れた片岡信正と懇ろになり、以来ずっと関係が続いている[10]
柳井宗秀(やない そうしゅう)
柳町に診療所を構える、腕のいい外科の蘭方医。41歳[11]。市兵衛が大阪の商人に寄寓していたときに知り合った。私娼窟の女郎らを患者に多く抱え、貧しい庶民からは薬料も取らずに診察するし、往診にも出かける医療一筋の男だが、酒好きなのが玉に瑕。飲み仲間の渋井からは「おらんだの先生」と呼ばれている。
江戸に戻ってから妻子ができたが、なぜか離縁し[12]、現在は一人暮らし。通いの(きね)というばあさんが下女に雇われ、宗秀や患者の世話をしている。
喜楽亭(きらくてい)のおやじ
深川堀川町にある小さな一膳飯屋「喜楽亭」の亭主で、客にはおやじと呼ばれている。59歳[13]。煮物が絶品。渋井や宗秀、そして市兵衛はここの常連。
店は亭主一人が切り盛りしているが、痩せ犬[注釈 2]が無愛想な亭主の代わりに客に愛想を振りまく。
青(せい)
妖艶な中国人の女で、恐るべき中国武術の遣い手。
姉の翠(すい)・楊(よう)と共に中国商人から柳屋稲左衛門に譲られ、さらに石井彦十郎の元に贈られた。姉2人が市兵衛と弥陀ノ介に殺され、自身も弥陀ノ介に斬られて重傷を負う。その後、しばしば市兵衛らの前に現れ、死闘を繰り返すようになる。

書誌情報[編集]

風の市兵衛
  1. 風の市兵衛(2010年3月10日、祥伝社文庫ISBN 9784396335670
  2. 雷神 風の市兵衛(2010年7月21日、祥伝社文庫、ISBN 9784396336011
  3. 帰り船 風の市兵衛(2010年10月13日、祥伝社文庫、ISBN 9784396336219
  4. 月夜行 風の市兵衛(2011年2月3日、祥伝社文庫、ISBN 9784396336455
  5. 天空の鷹 風の市兵衛(2011年10月12日、祥伝社文庫、ISBN 9784396337162
  6. 風立ちぬ 風の市兵衛 上(2012年5月14日、祥伝社文庫、ISBN 9784396337605
  7. 風立ちぬ 風の市兵衛 下(2012年5月14日、祥伝社文庫、ISBN 9784396337612
  8. 五分の魂 風の市兵衛(2012年10月10日、祥伝社文庫、ISBN 9784396337988
  9. 風塵 風の市兵衛 上(2013年5月27日、祥伝社文庫、ISBN 9784396338404
  10. 風塵 風の市兵衛 下(2013年5月27日、祥伝社文庫、ISBN 9784396338411
  11. 春雷抄 風の市兵衛(2013年10月9日、祥伝社文庫、ISBN 9784396338848
  12. 乱雲の城 風の市兵衛(2014年3月10日、祥伝社文庫、ISBN 9784396340223
  13. 遠雷 風の市兵衛(2014年7月22日、祥伝社文庫、ISBN 9784396340551
  14. 科野秘帖 風の市兵衛(2014年12月10日、祥伝社文庫、ISBN 9784396340827
  15. 夕影 風の市兵衛(2015年6月10日、祥伝社文庫、ISBN 9784396341268
  16. 秋しぐれ 風の市兵衛(2015年10月7日、祥伝社文庫、ISBN 9784396341596
  17. うつけ者の値打ち 風の市兵衛(2016年4月11日、祥伝社文庫、ISBN 9784396342012
  18. 待つ春や 風の市兵衛(2016年10月11日、祥伝社文庫、ISBN 9784396342548
  19. 遠き潮騒 風の市兵衛(2017年8月4日、祥伝社文庫、ISBN 9784396343439
  20. 架け橋 風の市兵衛(2017年8月4日、祥伝社文庫、ISBN 9784396343446
風の市兵衛 弐
  1. 曉天の志 風の市兵衛 弐(2018年2月13日、祥伝社文庫、ISBN 9784396343927
  2. 修羅の契り 風の市兵衛 弐(2018年5月9日、祥伝社文庫、ISBN 9784396344146
  3. 銀花 風の市兵衛 弐(2018年8月7日、祥伝社文庫、ISBN 9784396344498
  4. 縁の川 風の市兵衛 弐(2019年2月12日、祥伝社文庫、ISBN 9784396344924

テレビドラマ[編集]

そろばん侍
風の市兵衛
ジャンル 時代劇
原作 辻堂魁
脚本 池端俊策(第1部)
小松與志子(第2部)
森岡利行(第3部)
演出 榎戸崇泰
中島由貴
出演者 向井理
原田泰造
橋本マナミ
渡辺いっけい
筒井道隆
時代設定 文政4年(1821年) -
製作
製作総指揮 陸田元一
土屋勝裕
制作 NHK
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2018年5月19日 - 7月21日
放送時間 土曜18:05 - 18:43
放送枠 土曜時代ドラマ
放送分 38分
回数 9
公式サイト

特記事項:
6月9日は放送休止。
第8回は2分遅れで放送(18:07 - 18:45)。

そろばん侍 風の市兵衛』(そろばんさむらい かぜのいちべえ)と題し、NHK総合土曜時代ドラマ」枠で2018年5月19日から7月21日まで放送された。連続9回で、3回を1部とした3部構成となる[3]

キャスト[編集]

主要人物[編集]

その他[編集]

ゲスト[編集]

第1部「春の風」
主要人物
その他
第2部「雷神」
主要人物
その他
第3部「帰り船」
主要人物
その他

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

放送回 放送日 サブタイトル 原作 脚本 演出
第1部「春の風」 第1回 5月19日 「春の風」(上) 『風の市兵衛』 池端俊策 榎戸崇泰
第2回 5月26日 「春の風」(中)
第3回 6月02日 「春の風」(下)
第2部「雷神」 第4回 6月16日 「雷神」(上) 『雷神』 小松與志子 中島由貴
第5回 6月23日 「雷神」(中)
第6回 6月30日 「雷神」(下)
第3部「帰り船」 第7回 7月07日 「帰り船」(上) 『帰り船』 森岡利行 榎戸崇泰
第8回 7月14日 「帰り船」(中)
最終回 7月21日 「帰り船」(下)
  • 6月9日は放送休止。
  • 第8回は2分遅れで放送(18:07 - 18:45)。
NHK総合 土曜時代ドラマ
前番組 番組名 次番組
アシガール
(2017.9.23 - 12.16)
そろばん侍 風の市兵衛
(2018.5.19 - 7.21)
赤ひげ
(2018.9.1 - 10.20)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “歴史時代作家クラブ賞決まる 作品賞が梶よう子さんの『ヨイ豊』と澤田瞳子さんの『若冲』の2作”. 産経ニュース (産経デジタル). (2016年6月15日). http://www.sankei.com/life/news/160615/lif1606150028-n1.html 2018年3月22日閲覧。 
  2. ^ 祥伝社文芸出版部 藤原圭一 (2016年4月21日). “辻堂魁「風の市兵衛」:時代小説文庫、いま読むならこの作家!⑥”. ほんのひきだし. 日本出版販売. 2018年3月22日閲覧。
  3. ^ a b 向井理さん主演『そろばん侍 風の市兵衛』制作開始!”. NHKドラマ. 日本放送協会 (2018年3月6日). 2018年3月22日閲覧。
  4. ^ 第1巻風の市兵衛P17-18
  5. ^ 第1巻風の市兵衛P15
  6. ^ 第1巻風の市兵衛P125
  7. ^ 第2巻雷神P20
  8. ^ 第1巻風の市兵衛P114-115
  9. ^ 第1巻風の市兵衛P189-190
  10. ^ 第1巻風の市兵衛P141-142
  11. ^ 第4巻天空の鷹P39
  12. ^ 第4巻天空の鷹
  13. ^ 第5巻天空の鷹P53に、中江半十郎がおやじより2,3歳年上の61,2歳だという記述がある。
  14. ^ 惡斗-あくと-の2018年7月14日のツイート2018年7月21日閲覧。

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 別名「隠し目付」。目付の手足となって、主に隠密探索を役目とする。第2巻雷神P153より。
  2. ^ 第4巻で、から渋井の後をつきまとった野良犬。喜楽亭までついてきて、そのまま勝手に住み着いた。

外部リンク [編集]