宮村優子 (脚本家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮村 優子(みやむら ゆうこ、1958年7月24日[1] - )は、日本の女性作家脚本家漫画の執筆も行う。東京都出身。

大学時代、宮村裕子名義で下森真澄との「現役女子大生の本音」を売りにした『ANO ANO』を『月刊宝島』に連載。にっかつロマンポルノで『ANO・ANO 女子大生の基礎知識』として映画化もされた。

卒業後、フリーライターなどの活動を行う。『漫画アクション』の名物コラム・コーナー「アクション・ジャーナル」にも参加した。1984年に日本テレビの『25歳たち〜危うい予感』でシナリオライターとしてデビューした。

声優の宮村優子とよく間違われるが、同姓同名の別人。このことについて、「あんたバカぁ?」[2]の方ではないという主旨の発言や[3]、「宮村の出演する作品の脚本を書きたい」旨の記述がある[4]

作品リスト[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

著書[編集]

  • Ano・ano : super real gal's magazine 下森真澄,宮村裕子著 (1980年9月、JICC出版局) のち徳間文庫
  • ANO・ANO 2 恋の教科書 下森真澄,宮村裕子著 (1981年、JICC出版局) のち徳間文庫
  • 君だけに愛を 宮村優子著 (1991年、ワニブックス
  • 電脳コイル (2007年4月19日第1巻発売、全13巻、徳間書店

脚注[編集]

  1. ^ 『ザ・ヒーローズ2 宝島ロングインタビュー集』JICC出版社
  2. ^ 声優の宮村優子が演じたアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の惣流・アスカ・ラングレーの台詞
  3. ^ 日経ホーム出版社「日経WOMAN」 2000年6月号
  4. ^ 徳間書店『電脳コイル』公式サイト