つばさ (1994年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

つばさは、1994年2月7日 - 3月3日NHK総合テレビの『ドラマ新銀河』枠で放送されたテレビドラマ。原作不明、脚本宮村優子、全16話。名古屋放送局が制作を担当した[1]

2009年連続テレビ小説放送枠のつばさとは内容が全く異なる(同名異内容)作品。

概要[編集]

空港を支える裏方にスポットを当て、飛行機に託したそれぞれの夢を描いた作品[2]。幼い時から飛行機が好きだった兄弟は名古屋空港に勤めるようになり、兄の神谷翼は飛行機の誘導係、弟の神谷隼人はエリート整備士として働いている[2]。しかし、翼は父が手放した飛行機部品工場を再建しようとしていたのに対し、隼人は一流のエンジニアを目指すようになり、2人はことごとく対立するようになる[1]。兄弟を慕う女性を交え、飛行機製作にすべてをかけた若者達の様子をとりあげた[1]

キャスト[編集]

主題歌[編集]

スタッフ[編集]

  • 脚本:宮村優子
  • 演出:一井久司、磯智明(大磯智明)
  • 制作:NHK(名古屋放送局[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 日本放送協会総合放送文化研究所放送情報調査部 『NHK年鑑'94』 日本放送出版協会、1994年、163頁。 
  2. ^ a b “試写室”. 読売新聞: p. 32. (1994年2月7日) 
  3. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送情報調査部 『NHK年鑑'94』 日本放送出版協会、1994年 
NHK総合テレビ ドラマ新銀河
前番組 番組名 次番組
つばさ