国広富之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
くにひろ とみゆき
国広 富之
本名 國廣 富之
生年月日 (1953-04-23) 1953年4月23日(65歳)
出生地 日本の旗 日本京都府京都市
血液型 B型
職業 俳優歌手
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1977年 -
配偶者 あり
著名な家族 谷内里早(娘)
主な作品
映画
『神様なぜ愛に国境があるの』
『死線を越えて』『ガラスの脳』
テレビドラマ
岸辺のアルバム』『草燃える
噂の刑事トミーとマツ
ふぞろいの林檎たち
八重の桜

国広 富之(くにひろ とみゆき、1953年4月23日 - )は、日本俳優歌手京都府京都市左京区出身。所属事務所は長らく山田栖峯子事務所だったが、2011年4月1日より高岡事務所に所属している。京都学園大学経済学部卒業。愛称はトミー。ファッションモデル兼女優の谷内里早は、実娘。

来歴・人物[編集]

1976年、大学卒業と同時に松浦竹夫演劇研究所に入所。翌年、TBSドラマ『岸辺のアルバム』でデビューし脚光を浴び、同年度のゴールデン・アロー賞放送新人賞を受賞。演技力とその八重歯をチャームポイントとした甘いルックスでアイドル的な人気を得た。その後、『赤い絆』や、松崎しげるとのコンビで人気を博した『噂の刑事トミーとマツ』など人気ドラマで活躍し、とりわけ1980年代には大映ドラマの常連俳優の一人であった。

1979年の大河ドラマ『草燃える』では、従前の「悲劇の貴公子」というイメージを覆す源義経(同作では野心家かつ政治的に無能な男として描かれている)を好演し、話題となった。その後、大河ドラマへの出演は長らく途切れていたが、2012年に『平清盛』にゲスト出演し、33年ぶりの大河出演を果たした。また、翌2013年の『八重の桜』にも準レギュラーとして出演している。

1983年6月、ドラマの共演で知り合った水沢アキと婚約破棄。原因は、赤木春恵の当時26歳の娘との二股交際疑惑。その後、1988年に一般女性と結婚。二人の娘に恵まれる。

スキューバダイビングや絵画が趣味であり、絵画においては1993年には画集も出版した。

内田康夫原作の『浅見光彦』シリーズの映像作品において、主人公・浅見光彦を演じた俳優第1号であり、1982年8月21日にTBSの『ザ・サスペンス』で放送された「後鳥羽伝説殺人事件」で光彦を演じた。また、2007年10月15日放送の『浅見光彦シリーズ』24作目・「漂泊の楽人」(TBS・月曜ゴールデン、光彦役は沢村一樹)では、静岡県警沼津中央警察署の畑山警部役で出演し、TBS版では初となる「現在の光彦と過去の光彦の共演」が実現した。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

バラエティー・教養番組[編集]

他多数

吹き替え[編集]

その他[編集]

CM[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. 夢見街 (1979年11月、SMS)
  2. 若者 (1980年6月、SMS)
  3. キープ・オン・ダッシング (1981年、SMS)
  4. 男のロマン (1982年、SMS)

アルバム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『西郷どん』新キャスト発表!”. NHKドラマトピックス. NHK (2018年2月14日). 2018年2月14日閲覧。
  2. ^ テレビ神奈川開局40周年記念ドラマ。同局OBの寒河江プロデューサーと、彼の中学時代の同級生の韓国の天文学者 羅逸星の時間を超えた友情に関する同題の対談本『あの時、ぼくらは13歳だった〜誰も知らない日韓友好史〜」』(東京書籍刊/原題・寒河江正、羅逸星)のドキュメンタリードラマ。プロデュース 大山勝美、演出 福本義人
  3. ^ アズミ・ハルコは行方不明”. クロックワークス. 2016年7月4日閲覧。

外部リンク[編集]