吉松安弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉松 安弘(よしまつ やすひろ、1933年11月24日 - )は日本映画監督脚本家。元帝京大学教授。専門は表象文化、比較民俗学。

来歴[編集]

1933年に東京都で生まれる。1957年に東京大学教育学部を卒業[1]後、東宝撮影所助監督として入社する。黒澤明などのもとで下積みをした後、1973年に東宝を映画監督として契約し退社した。そして、映画『さえてるやつら』を発表し監督デビューする。1976年には文化庁芸術家在外研修員としてニューヨーク大学などに留学した。また、脚本家ノンフィクション作家としても著作を発表する。後に帝京大学短期大学情報ビジネス学科教授として教育・研究に従事し、日本映画監督協会理事などを歴任した。

著書[編集]

単行本[編集]

  • 『やさしい天使たち』PHP研究所、1979年
  • 『東條英機暗殺の夏』新潮社、1984年/1989年(文庫版)
  • 『バグダッド憂囚』新潮社、1989年/PHP研究所、2003年
  • 『旧制高等学校生の青春彷徨』彩流社、2012年

論文[編集]

映像作品[編集]

助手[編集]

助監督[編集]

監督[編集]

ドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ J-GLOBAL http://jglobal.jst.go.jp/public/20090422/200901018391358014