後鳥羽伝説殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
後鳥羽伝説殺人事件
著者 内田康夫
発行日 1985年1月
発行元 角川書店
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 298
コード ISBN 4041607019
ISBN 978-4041607015(文庫本)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

後鳥羽伝説殺人事件』(ごとばでんせつさつじんじけん)は、内田康夫の長編推理小説。浅見光彦シリーズの第1作である。

あらすじ[編集]

8年前、卒業論文の執筆のため、後鳥羽法皇隠岐に流された道順を追って旅行していた正法寺美也子は、宿泊中の島根県仁多郡仁多町(現:奥出雲町)三成美女原の旅館で土砂崩れにあい、友人である浅見祐子と自らの記憶とを失ってしまった。彼女は友人の冥福を祈り、失われた記憶を取り戻すために再び旅行をしていたが、尾道市内のある古書店で自分の記憶に関わる1冊の書物を見つける。しかし、その日の午後広島県国鉄三次駅構内の跨線橋で、彼女は絞殺死体となって発見されたが、彼女の遺留品からはあの本が紛失していた。

そのことに目をつけた野上刑事は捜査本部に報告するが、無視されてしまった。翌日、彼は正法寺美也子を目撃していた富永隆夫が殺害されたことをニュースで知ると、彼女のことを知るために東京へ出張した。彼は、そこで、浅見祐子の兄・浅見光彦と出会う。

登場人物[編集]

正法寺美也子(しょうほうじ みやこ)
この事件における第一の犠牲者。8年前、大学の卒論執筆のために友人・浅見祐子と旅行をしていたが、土砂崩れに遭い祐子は死亡、自身も記憶喪失となる。8年前と逆のコースを辿って仁多町から尾道までを旅していたが、最終日の尾道の古本屋で「緑色の本」を購入し、旅の中間地点であった三次市に戻るという不可解な行動を取り、三次駅構内で殺害される。この「彼女の行動なくしてはこの連続殺人事件はありえなかった」という重要な位置に立つ人物。
正法寺尚之(しょうほうじ なおゆき)
美也子の兄。遺体を引き取りに来る。
浅見祐子(あさみ ゆうこ)
美也子の友人であり、浅見光彦の妹。8年前、島根県で土砂崩れに遭い死亡。遺体は衣服の下に下着を身に着けておらず、さらには性行為の痕跡が認められた。実は、土砂崩れの直前に桐山ら3人組によりレイプされ、そのショックが原因で意識が朦朧としていて逃げ遅れたのだった。
浅見 光彦(あさみ みつひこ)
この物語における主人公。ルポライターで、祐子の兄。広島県警の野上刑事に協力し、連続殺人事件と妹の死の真相を追い求める。祐子死亡時には沈黙していたが、野上刑事に妹は当時下着をつけていなかったと告白し、単なる事故死ではなかったことが明らかになるきっかけとなる。活躍するのは主に物語の中盤から。途中からの登場だったのと、真相を暴くのが野上刑事であったことから、最初にドラマ化された際は脇役の印象が強かった。最初は「登場予定ではなかった」のが、作者の思いつきからの登場となった。この発想がなければ浅見光彦シリーズはなかったと言ってもいい。
浅見陽一郎(あさみ よういちろう)
光彦と祐子の兄で、浅見家の長男。警察庁刑事局を務める。エリートという役職に対し、まっすぐな意見を持っている。
浅見雪江(あさみ ゆきえ)
浅見兄弟の母。厳格な人物。
坂巻(さかまき)
北村義夫(きたむら よしお)
田坂峯夫(たさか みねお)
富永隆夫(とみなが たかお)
D-社の会社員。美也子が「緑色の本」を福塩線の列車内で手にしているのを目撃した人物。庄原市で殺害される。
野上智子(のがみ ともこ)
野上刑事の妻。
新祖(しんそ)
国鉄三次駅の駅員
池田謙二(いけだ けんじ)
三次高校の歴史教諭。8年前、美也子達が泊まっていた民宿で、一緒に停まっていた「3人組」の一人で、8年前の事件に深く関与している。自殺に見せかけて絞殺される。
木藤 孝一(きとう こういち)
庄原市の木藤製材所の二代目社長。「3人組」の一人で、「3人組」の最後の1人である犯人(桐山)と連絡を取り合っていた。

警察[編集]

野上(のがみ)
三次警察署の叩き上げ部長刑事。この物語におけるもう一人の主人公。周りからは、ベテランで信頼のおける警察官として見られている。既婚者。池田が殺害される前に彼と接触を図るが、それが理由で桐山主任から謹慎処分を受けて捜査チームから外されてしまう。
桐山道夫(きりやま みちお)
広島県警本部から来たエリート警部。榊原とは大学の同窓。殺人事件の捜査主任を務めることになった。野上刑事に対して、非協力的な態度を取る。
榊原(さかきばら)
広島県警本部長。桐山の大学の先輩に当たり、桐山に眼をかけている。浅見陽一郎とは知り合いで、光彦とも面識がある。
土屋(つちや)
広島県警捜査一課長。
稲垣(いながき)
広島県警刑事部長。
大友(おおとも)
警視。三次警察署署長。
落合(おちあい)
警部。三次警察署刑事課長。
森川(もりかわ)
警部補。三次警察署捜査係長。
石川(いしかわ)
広島県警捜査一課刑事。

テレビドラマ[編集]

1982年版(TBS)[編集]

TBS系の2時間ドラマザ・サスペンス」(毎週土曜日21:02 - 22:53)で1982年8月21日に放送された。

本作では、正法寺美也子が光彦の恋人という設定になっている。主人公は光彦ではなく、野上刑事になっている。

キャスト
スタッフ
  • 制作 : 大映テレビ/TBS
  • プロデューサー : 野木小四郎、金川克斗志
  • ディレクター・監督 : 鷹森立一
  • 脚本 : 国弘威雄

1990年版(日本テレビ)[編集]

浅見光彦ミステリー7・備後路殺人事件』は、日本テレビ系の2時間ドラマ火曜サスペンス劇場」(毎週火曜日21:02 - 22:54)で1990年1月16日に放送された。

本作では、浅見祐子「津村祐子」とされ、光彦の義姉の後輩で光彦とは赤の他人の設定に、また野上の妻は里帰りの設定に、池田の勤務先は高校から中学校へ変更されている。

キャスト

2000年版(TBS)[編集]

浅見光彦シリーズ14・後鳥羽伝説殺人事件』は、TBS系の2時間ドラマ月曜ドラマスペシャル」(毎週月曜日21:00 - 22:54)で2000年9月4日に放送された。

第11作『蜃気楼』で犯人を演じた沢村一樹が光彦役に起用された最初の作品である。

光彦は、事件の真相を野上をはじめとする刑事たちの前で話し、ここで真犯人が逮捕されるという結末を迎え、野上が警察署長の指示で手錠を掛けている。また、本作においては野上が浅見家を訪れ、陽一郎と会っており、須美子から陽一郎の素性を聞かされて驚くという展開が描かれている。野上の身内として、妻が登場する。

キャスト

2009年版(フジテレビ)[編集]

浅見光彦シリーズ33・後鳥羽伝説殺人事件』は、フジテレビ系の2時間ドラマ金曜プレステージ」(毎週金曜日21:00 - 22:52)で2009年4月10日に放送された。

沢村版と違い、こちらは桐山がすべての事実が明るみに出たことで拳銃自殺しようとするも、光彦によって阻止されるという結末を迎えている。

キャスト

2009年版(TBS)[編集]

浅見光彦〜最終章〜 木曽編―浅見家の悲劇―』は、TBS系の「水曜劇場」枠(毎週水曜日21:00 - 21:54)で2009年11月25日(第6話・前編)と12月2日(第7話・後編)に放送された。

舞台が広島・島根から長野木曽に変更され、また桐山は陽一郎の部下という設定に変更されており、一連の事件の犯人ではなくなっている。 ただし、祐子の死の真相に友人2人が関わっていたことを知りながら、そのことを隠し続けていたことが明らかとなり、最終的に自責の念から警察庁を依願退職している。

キャスト

2018年版(TBS)[編集]

新・浅見光彦シリーズ2・後鳥羽伝説殺人事件』は、TBS系の2時間ドラマ月曜名作劇場」(毎週月曜日20:00 - 22:00[注 1])で2018年2月26日に放送。

沢村版(2000年)と同じく佐藤B作が野上刑事役で出演。野上哲男というフルネームが付けられている。本作では、野上の身内として、娘・文香が登場。この作品は本来、ヒロイン役の女性が登場しない作品であるが、文香はこのドラマにおけるヒロイン役である。演じるのは森脇英理子。「後鳥羽伝説殺人事件」を原作とした映像作品に2009年版に続く2度目の出演で、今作ではヒロイン役となった[1]

また、旅行の目的が卒業論文の執筆から高校の卒業旅行へ、祐子が亡くなった「事故」が土砂崩れから放火での火災事故へ、美也子の殺害現場が三次駅構内の跨線橋から後鳥羽院御陵の境内へ、緑色の本が正法寺家蔵書から祐子の所有していた本へ、木藤は殺害されるから逮捕され自供するなど原作から変更されている。

キャスト

逸話[編集]

  • 作家に専念する前の内田がCM制作会社を経営していたとき、広島県府中市リョービの本社を度々訪れて広告の仕事を手がけた。この時、現在の会長で当時社長だった浦上浩から、この地方(備後地方)に伝わる後鳥羽天皇にまつわる伝承を聞いた。それを基に創作したのが、商業デビュー作である本作である。この作品は浅見光彦が初登場する内田の出世作となった。浦上はこの前作である『本因坊殺人事件』の主人公の名前に使われている[2]
  • 連続ドラマ『浅見光彦〜最終章〜』では桐山道夫が陽一郎の部下という設定で登場しており、6話ではこの作品を元にしたストーリーで描かれる。ただ、舞台は広島・島根ではなく木曽へ変更され、オリジナルキャストも登場する。
  • 沢村版(「月曜ドラマスペシャル」)と中村版、平岡版では、祐子が亡くなった時期が原作とそれぞれ異なる。原作が8年前に対して、沢村版は10年前に変更されており、中村版・平岡版は12年前に変更されている。

注釈[編集]

  1. ^ 20時台後半に『JNNフラッシュニュース』挿入のため一時中断あり。

出典[編集]

  1. ^ 平岡祐太演じるルポライターが亡き妹の事件の謎に推理で挑む! 新・浅見光彦シリーズ「後鳥羽伝説殺人事件」”. music.jpニュース (2018年2月26日). 2018年2月26日閲覧。
  2. ^ 『後鳥羽伝説殺人事件』p300 1996年2月(角川春樹事務所)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]