見栄晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みえはる
見栄晴
本名 藤本 正則
別名義 藤本 正則(旧芸名)
生年月日 1966年11月13日(49歳)
出生地 日本の旗 日本東京都府中市
民族 日本人
身長 170cm
血液型 A型
職業 俳優タレント
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1974年 -
配偶者 既婚
主な作品
バラエティ
欽ちゃんのどこまでやるの!?

見栄晴(みえはる、1966年11月13日 - )は、日本のタレント俳優。本名及び旧芸名は藤本 正則(ふじもと まさのり)。東京都府中市出身[1]浅井企画所属。東京都立調布北高等学校卒業。東海大学工学部中退。

本名名義で、一口馬主の会社である株式会社ゴールドレーシングの代表を務めた[2]

来歴・人物[編集]

父親を亡くしてから、飲食店を開業した母の手一つで育つ。劇団いろは所属の子役として数々の作品に出演した。

1982年、『欽ちゃんのどこまでやるの!?』の番組リニューアルで学生に成長した見栄晴役のオーディションに参加。最終オーディションで2名残った。萩本欽一は2人にジャンケンをさせ、勝った藤本がレギュラーとなって有名になる。

1990年代前半までは、本名の藤本正則として出演していたが、この番組で視聴者の多くから見栄晴の印象が強かったことを受けて、役名と同じ見栄晴に芸名を改めた(一時期だけ「萩本見栄晴」と名乗っていた)。

俳優の石丸謙二郎によく間違えられる。

東京競馬場が実家至近にあり、競馬を好きになる。競馬情報番組の司会も務め、クラブ法人であるゴールドホースクラブの代表取締役も務めた。

木梨憲武とは競馬を通じて親交があった。『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』のレギュラーとして出演していた。これは木梨の馬券購入のお使いをしてきたお礼に出演させてもらっていた。しかし、そのまんま東とのボクシング対決で敗れ、番組降板となった。1994年の『ラスタとんねるず'94フジテレビ)』ではジャイアント将棋(GIANT SHOWGI)の企画で再びとんねるずの番組にでることになり、「ミスターサイボーグ8号」として出場した。石橋チームのメンバーとして2戦連続(1戦目は浜口優に勝利) [3]でボクシングで対決して負けた。

好みの競馬騎手は柴田政人[4]。小学校時代は府中市立府中第八小学校に通っていたが、同級生に横山賀一元騎手が、一学年下に横山典弘騎手が同校に在籍していた。見栄晴は賀一とはよく遊んでいたという[5]

2007年4月3日に入籍、9月25日には長女が誕生した。

出演作品[編集]

テレビ番組(出演中)[編集]

テレビ番組(過去)[編集]

映画[編集]

ビデオ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “J:COMとJCNエリア約1,252万世帯で視聴可能 府中大國魂神社例大祭「くらやみ祭」をJ:COMチャンネルHDが4時間生中継 5月5日(日)17:30〜21:30” (プレスリリース), ジェイコム東京, (2013年4月26日), http://www.jcom.co.jp/corporate/group_news/2013/_49339.html 2014年9月2日閲覧。 
  2. ^ ゴールドホースクラブHP内会社概要より。
  3. ^ 石橋貴明が「木梨に勝ったら、みなさんのおかげですのレギュラーにしてやるぞ」と発言した。
  4. ^ 1987年頃発行の週刊競馬ブックに当時あったコーナー「園麻々家の人々」より。
  5. ^ 日刊ゲンダイ2012年1月9日号より。

外部リンク[編集]