見栄晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みえはる
見栄晴
本名 藤本 正則(旧芸名)
生年月日 (1966-11-13) 1966年11月13日(51歳)
出身地 日本の旗 日本
東京都府中市
身長 170cm
血液型 A型
職業 俳優タレント
ジャンル 映画テレビドラマバラエティ
活動期間 1974年 -
配偶者 既婚
主な作品
バラエティ
欽ちゃんのどこまでやるの!?
競馬予想TV!

見栄晴(みえはる、1966年11月13日 - )は、日本のタレント俳優。本名及び旧芸名は藤本 正則(ふじもと まさのり)。東京都府中市出身[1]浅井企画所属。東京都立調布北高等学校卒業。東海大学工学部中退。

来歴・人物[編集]

8歳の時に父親を亡くしてから、飲食店を開業した母の手一つで育つ。「劇団いろは[2]」所属の子役として数々の作品に出演した。

1982年、『欽ちゃんのどこまでやるの!?』の番組リニューアルで、学生に成長した見栄晴役のオーディションに参加。最終オーディションで2名残った。萩本欽一は2人にジャンケンをさせ、勝った藤本がレギュラーとなって有名になる[3]

1990年代前半までは、本名の藤本正則として出演していたが、この番組で視聴者の多くから見栄晴の印象が強かったことを受けて、役名と同じ見栄晴に芸名を改めた(一時期だけ「萩本見栄晴」と名乗っていた)。

大学も通ってはいたが、ギャンブル依存症が強くパチンコにのめり込んで東海大学工学部を中退

俳優の石丸謙二郎によく間違えられる。

家族

2007年4月3日に入籍し、同9月25日には長女が誕生。2017年5月、女手一つで育ててくれた母親が永眠[4]

2017年の番組にて母の事を多く語っている。[5]

父を早々に病死で亡くして以来、母の手一つで東京都府中市の実家にある飲食店を経営しながら子育てをしていた。 母は見栄晴に対して愛情が厚く、見栄晴の思い出の品を昔から大切に取っていたり、見栄晴がどんな困難があっても手助けをしたりしていた模様。 見栄晴は芸能一のダメ人間といわれるだけあって実生活も結婚するまでは自堕落生活で、自分の好きな事は一切しない主義であった。また、稼いだ大金を宴席やギャンブルなどの豪遊に使い果たし、消費者金融から借金を重ね、1000万もの借金を背負うハメに。それを母は激怒しながらも見栄晴の借金を700万肩代わりする程であった。 その母は、見栄晴結婚後、前頭葉萎縮現象を患い、脚も骨折、さらに合併症も併発して病状が悪化。 母が前頭葉萎縮現象による自分の身近なものへの執着が強くなり、自宅に物をため込むように。あっと言う間に自宅がゴミ屋敷になったという。 見栄晴が2015年付近から芸能活動も全く控えて家族と時間を過ごす事と並行して老人ホームに入所した母の介護に専念するも、2017年5月に母を亡くすが、その後の母の実家のゴミ屋敷状態を放置して、番組の遺品整理のネタにされてしまったほど。2017年10月の番組のコーナーにて実家は整理された経緯を持つ。

競馬

東京競馬場が実家至近にあり、競馬を好きになる。趣味が転じて、競馬情報番組の司会や関連プログラムに数多く出演。本名名義で、クラブ法人である株式会社ゴールドレーシング(ゴールドホースクラブ)の代表取締役も務めた[6]

好みの競馬騎手は柴田政人[7]。小学校時代は府中市立府中第八小学校に通ったが、同級生に横山賀一元騎手、一学年下に横山典弘騎手が同校に在学していた。特に賀一とはよく遊んでいたという[8]

木梨憲武

木梨憲武とんねるず)とは競馬を通じて親交があった。『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』のレギュラーとして出演していた。これは木梨の馬券購入のお使いをしてきたお礼に出演させてもらっていた。しかし、そのまんま東とのボクシング対決で敗れ、番組降板となった。1994年の『ラスタとんねるず'94フジテレビ)』ではジャイアント将棋(GIANT SHOWGI)の企画で再びとんねるずの番組にでることになり、「ミスターサイボーグ8号」として出場した。石橋チームのメンバーとして2戦連続(1戦目は浜口優に勝利) [9]でボクシングで対決して負けた。

2015年末、フジテレビ系列の伝統的音楽特番『FNS歌謡祭』に、木梨のステージにサプライズで登場。それは突然舞台中央の後ろで自身が棒立ちし、木梨らのパフォーマンスを見ているだけのシュールな光景だった[10]。視聴者からも物議や称賛が起きる結果となり[11]、自身も長年の芸能活動で最もショッキングな体験だった。元々木梨独断の悪ふざけな演出が発端であったが、本人は「もちろん事前に問題ないか何度も(木梨に)確認したし、何よりも(世話になっている)頼みを断り切れなかった。出禁も覚悟の気持ちで演じた」と明かしている[12]

出演[編集]

テレビ番組(出演中)[編集]

テレビ番組(過去)[編集]

映画[編集]

ビデオ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “J:COMとJCNエリア約1,252万世帯で視聴可能 府中大國魂神社例大祭「くらやみ祭」をJ:COMチャンネルHDが4時間生中継 5月5日(日)17:30〜21:30” (プレスリリース), ジェイコム東京, (2013年4月26日), http://www.jcom.co.jp/corporate/group_news/2013/_49339.html 2014年9月2日閲覧。 
  2. ^ 劇団いろは公式ページ
  3. ^ タレント・見栄晴の無気力すぎる生き様がスゴすぎる 「リアルのび太」「一周回って幸せそう」 AOL News 2016年01月26日
  4. ^ 見栄晴、女手一つで育ててくれた母親が89歳で亡くなったことを明かす スポーツ報知 2017年5月10日
  5. ^ 爆報!THE フライデー 爆報!THE フライデー 2017年10月6日放映分
  6. ^ ゴールドホースクラブHP内会社概要より。
  7. ^ 1987年頃発行の週刊競馬ブックに当時あったコーナー「園麻々家の人々」より。
  8. ^ 日刊ゲンダイ2012年1月9日号より。
  9. ^ 石橋貴明が「木梨に勝ったら、みなさんのおかげですのレギュラーにしてやるぞ」と発言した。
  10. ^ 見栄晴“棒立ち生出演”の舞台裏 スタッフに伝えずフミヤは直前に知る ORICON NEWS 2015-12-03
  11. ^ 「FNS歌謡祭」での“見栄晴の使い方”こそ「フジテレビらしさ」の声 アサ芸プラス 2015/12/06
  12. ^ 「フジに干される覚悟だった」見栄晴が木梨憲武との秘話を語る ウオーカープラス 2016/08/30

外部リンク[編集]