武原英子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たけはら えいこ
武原 英子
本名 錦野 英子
生年月日 (1946-05-21) 1946年5月21日
没年月日 (1996-12-18) 1996年12月18日(50歳没)
出生地 日本の旗 日本大阪府堺市
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画
配偶者 にしきのあきら

武原 英子(たけはら えいこ、1946年5月21日[1][2][3] - 1996年12月18日[3])は、日本女優。本名、錦野 英子[2]。旧姓名は芸名と同じ[2][4]。夫は、歌手タレントにしきのあきら[2][3]

大阪府[5]堺市生まれ[1][2]大阪府河内長野市出身。大阪府立河南高等学校卒業[1][5][4]。星野事務所[4]、浜田事務所[1]、エーワン[5]などに所属していた。

来歴・人物[編集]

高校時代の友人に薦められたことで演技に興味を抱き、1966年に大阪の劇団「新世界」に入団する[4][6]

1967年NHKテレビドラマ『素顔の青春』でデビュー[1][2][4]。その後は大阪制作のドラマを中心に活動する[1][2][4][6]

次第に清楚なイメージが注目されて、1970年ナショナルゴールデン劇場『北条政子』(NET)で東京制作のドラマに初出演[4][6]。当時の紹介記事では「関西では本格的なドラマが少なかったので、時代劇のスタジオドラマは以前から出たいと思っていました」と述べている[6]。本作のディレクターから演技の正確さが評価されて、引き続きナショナルゴールデン劇場の『だいこんの花』にレギュラー出演する[4]

以後、『関東テキヤ一家 浅草の代紋』(1971年)、『麻薬売春Gメン 』(1972年)などの映画や、『火曜日の女』(1971年)などのテレビドラマに出演する[1][2]

1980年に、にしきのあきらと結婚し二女を儲け、育児に専念するために芸能活動を休止するが、1988年に芸能活動を再開[2]。その一方、化粧品販売会社の営業本部長も兼任していた[2]

1996年12月18日乳がんのため死去、50歳没。

特技は[5]油絵[5]スキー[5]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • 兄弟仁義 関東兄貴分 (1967年) - おきね
  • 極悪坊主 (1968年) - 光江
  • 極悪坊主 人斬り数え歌 (1968年) - おけい
  • 現代やくざ 与太者の掟 (1969年) - 勝又百合
  • 高校さすらい派 (1970年) - 松原和子
  • 関東テキヤ一家 天王寺の決斗 (1970年) - 国丸小夜子
  • 遊侠列伝 (1970年) - お絹
  • 博徒仁義 盃 (1970年) - お雪
  • 関東テキヤ一家 浅草の代紋 (1971年) - 直美
  • 喜劇 花嫁戦争 (1971年) - 向井礼子
  • 麻薬売春Gメン (1972年) - 菊地冴子
  • 人魚がくれたさくら貝 (1980年) - 母・鈴枝

演劇[編集]

その他のテレビ番組[編集]

CM[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『日本映画俳優全集 女優編』 キネマ旬報社〈キネマ旬報増刊〉、1980年12月31日、419頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j 『日本映画人名事典 女優篇<下巻>』 キネマ旬報社、1995年、84頁。
  3. ^ a b c 『新撰芸能人物事典 明治〜平成』 日外アソシエーツ編集部、日外アソシエーツ2010年11月25日、479頁。ISBN 978-4-8169-2283-1
  4. ^ a b c d e f g h 『福島民報』1970年12月15日付朝刊、8面。
  5. ^ a b c d e f 日本タレント名鑑'82』 VIPタイムズ社、1981年、325頁。
  6. ^ a b c d 『福島民報』1970年7月19日付朝刊、11面。

外部リンク[編集]