水木襄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みずき じょう
水木 襄
本名 石川 良昭
(いしかわ よしあき)
生年月日 (1938-03-11) 1938年3月11日
没年月日 1991年
出生地 日本の旗, 東京市
民族 日本人
身長 170cm
職業 俳優歌手
活動期間 1958年 - 1976年
主な作品
映画
『母子草』
『スピード狂時代 命を賭けて』
『故郷は緑なりき』『真田風雲録
テレビドラマ
忍者部隊月光』『特別機動捜査隊
緊急指令10-4・10-10
魔人ハンター ミツルギ

水木 襄(みずき じょう、1938年3月11日[1] - 1991年[2])は、日本俳優。本名は石川 良昭(いしかわ よしあき)[1]東京市生まれ[1]明治学院大学卒業[3]

来歴・人物[編集]

大学3年生の1958年木暮実千代の推薦で東映ニューフェイス4期生として東映へ入社[4]。同期には佐久間良子室田日出男曽根晴美花園ひろみ山口洋子山城新伍らがいた。

同年、本名のまま、中村賀津雄(現・中村嘉葎雄)主演、マキノ雅弘監督による『不敵なる反抗』でデビュー。以後、中村主演の一連の社会派不良少年物に助演した後、芸名を「水木 襄」と改め、山村聰監督の『母子草』に田中絹代の息子役で出演。純真で気性のしっかりした少年を演じる。また、『スピード狂時代 命を賭けて』で、木暮実千代の息子に扮し、オートバイにとりつかれた高校生の役で主演、'59年エランドール賞 新人賞を受賞。

その後はアクション映画に愚連隊やチンピラ役で主演する一方、佐久間良子とのコンビで純愛映画に主演。60年代半ばからはスクリーンから遠ざかり、1964年テレビ映画忍者部隊月光』に主演、同作の映画版に出演したのを最後に映画から離れる。以降はテレビを中心に活動し、特撮ドラマ『緊急指令10-4・10-10』『魔人ハンター ミツルギ』や、長寿ドラマ『特別機動捜査隊』にレギュラー出演した後、第一線から姿を消す。また、歌唱を得意としており[3]、数枚のシングルをリリースしていた。

引退後は、八戸市内の高級クラブ『貴族院』の支配人[4]、東映が経営するホテルの支配人、不動産会社の営業部長、スナック経営をしていたが、1991年自殺を図り、53歳で死去。遺体の発見された自宅には、自身の出演した作品のポスター等が所狭しと飾られていたという。[2][4]

出演[編集]

映画[編集]

  • 不敵なる反抗(1958年、東映
  • 裸の太陽(1958年、東映)
  • 母と拳銃(1958年、東映)
  • 夜霧の南京街(1958年、東映)
  • 母子草(1959年、東映) - 小沢秀一
  • 空は晴れたり(1959年、東映)
  • 鹿島灘の女(1959年、東映) - 良夫
  • ふたりの休日(1959年、東映)
  • スピード狂時代 命を賭けて(1959年、東映) - 山岡 主演
  • ずべ公天使(1960年、東映) - ジミイ
  • おれたちの真昼(1960年、東映) 主演
  • 決斗の谷(1960年、第二東映) - 梶信吾 主演
  • 少年漂流記(1960年、東映)主演
  • 続少年漂流記(1960年、東映) 主演
  • 生き抜いた16年 最後の日本兵(1960年、東映)
  • 不良少女(1960年、東映) 主演
  • 殴り込み艦隊(1960年、東映)
  • 姿なき暴力(1960年、東映) 主演
  • 坊ちゃん野郎勢ぞろい(1961年、第二東映) 主演
  • 俺が地獄の手品師だ(1961年、東映) - 一郎
  • 二人だけの太陽(1961年、東映)主演
  • 若い涙を吹きとばせ(1961年、東映)主演
  • 若い明日を突っ走れ(1961年、東映)主演
  • 進藤の社長シリーズ 次郎長社長と石松社員(1961年、ニュー東映)
  • 安寿と厨子王丸(1961年、東映) - 三郎(声)[5]アニメ映画
  • 故郷は緑なりき(1961年、ニュー東映) - 小島海彦 主演
  • 南太平洋波高し(1962年、東映)
  • 霧の港の赤い花(1962年、東映)
  • 愉快な仲間(1962年、東映)
  • 純愛物語 草の実(1962年、東映)
  • あの空の果てに星はまたゝく(1962年、東映)
  • よか稚児ざくら 馬上の若武者(1962年、東映)
  • 真田風雲録(1963年、東映) - 豊臣秀頼
  • 忍者部隊月光(1964年、東映) - 月光 / 月田光一 主演

テレビドラマ[編集]

バラエティー番組[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 『日本映画俳優全集・男優編』キネマ旬報社、1980年、556頁。
  2. ^ a b 『デーリー東北新聞』2010年9月14日(火)付
  3. ^ a b 『日本タレント名鑑'73』VIPタイムズ社、1973年、128頁。
  4. ^ a b c 石橋春海 「水木襄 再録インタビューとその後(ミリオン出版「ズームイン」1985年4月号より再録)」『'60年代 蘇る昭和特撮ヒーロー』 コスミック出版〈COSMIC MOOK〉、2013年12月5日、84-85頁。ISBN 978-4-7747-5853-4
  5. ^ 安寿と厨子王丸”. メディア芸術データベース. 2016年10月29日閲覧。