滝田栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たきた さかえ
滝田 栄
本名 同じ
生年月日 (1950-12-05) 1950年12月5日(66歳)
出生地 日本の旗 日本千葉県印西市
身長 185cm
職業 俳優司会者
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 1975年 -
活動内容 1973年劇団四季入団
1975年:『ジーザス・クライスト・スーパースター
1979年:『草燃える
1982年:『料理バンザイ!
1983年:『徳川家康
1987年:『レ・ミゼラブル
1991年:『必殺仕事人・激突!
公式サイト 滝田栄公式ウェブサイト
主な作品
テレビドラマ
草燃える
なっちゃんの写真館
徳川家康
必殺シリーズ
八代将軍吉宗

バラエティー番組など
料理バンザイ!

滝田 栄(たきた さかえ、1950年12月5日 - )は、日本の俳優司会者千葉県印西市出身。近年は仏像彫刻家としての活動が多い。

来歴・人物[編集]

中央大学文学部仏文科中退。文学座の養成所を経て入団した劇団四季では、『王様の耳はロバの耳』の王様役、『ジーザス・クライスト・スーパースター』のユダ役などで有名になる。81年劇団四季を退団、

1983年、『徳川家康』で主役の徳川家康を演じたことで全国的に知られる。

デビュー当時は加藤剛に瓜二つといわれ、業界の関係者からもよく顔を確認しないと分からない程だった。

山歩き(成田高校山岳部出身)・武道・料理と多芸多趣味なことでも知られる。

大の料理好きが高じて『料理バンザイ!』の司会を放送開始から最終回まで20年に渡って務めた。

また抜刀術(戸山流)の有段者であり、時代劇の場面では試し斬りを披露することもある。

『料理バンザイ!』が終了した後、2年ほど座禅のためインドに滞在していた(『旅の香り』)。その背景は『レ・ミゼラブル』の滝田自身による怪我での降板と『料理バンザイ!』がスポンサーによる不祥事で終了と、愛着ある仕事を一度に失ったショックだという(『ザ・ヒューマンD』)。

近年は仏像彫刻に励んでいる(『ザ・ヒューマンD』・『グレートマザー物語』)。

エピソード[編集]

  • 兄・詔生(つぐお)は成田高校陸上部の元監督で、マラソン増田明美ハンマー投室伏広治を育てた名監督であった。この縁もあって、増田は滝田の大ファンである。その兄をガンで無くしてからは肉類は一切食べないという。ただし、植物性のものしか食べないわけではなく、「生中継 ふるさと一番!」に出演した際はシシャモハモ等を食べていた。
  • また、祖父の弟に、やはり現在の印西市出身かつ本名が瀧田だった横綱がいる。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

バラエティ[編集]

紀行番組[編集]

CM[編集]

著作[編集]

外部リンク[編集]