寺崎英成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

寺崎 英成(てらさき ひでなり、1900年12月21日 - 1951年8月21日)は、日本外交官、元・宮内省御用掛。

来歴・人物[編集]

1900年、貿易商・寺崎三郎の二男として東京に生まれた。兄は、外交官・寺崎太郎。暁星中学より旧制一高を経て東京帝大法学部卒。1927年に外務省入省。1931年、ワシントンD.C.の日本大使館在勤中に米国人グエンドレン・ハロルドと結婚。その後、上海ハバナ北京など在外勤務を経て、1941年に再びワシントンの日本大使館に赴任。情報担当の一等書記官として、野村吉三郎来栖三郎両大使を補佐して日米交渉に当たった。日米開戦直前には、親電工作(ルーズベルト大統領から昭和天皇への親書発出工作)に奔走した。

太平洋戦争開戦後は抑留され、1942年8月に、妻グエン、娘マリ子と共に日米交換船で帰国。戦争中は外務省の政務局第7課や第6課の課長を務めたが、病気のため1944年12月からは休職し、そのまま終戦をむかえた。1947年2月、宮内省御用掛(通訳)に任命され、昭和天皇とマッカーサー元帥との会見の通訳を数回務めると共に、GHQ側と戦犯関係を含む情報を交換提供した。脳梗塞で倒れ、1951年に、50歳で死去。

柳田邦男『マリコ』の主人公のモデルであり、この作品は、1981年にNHKでドラマとして放送された(主演の寺崎役は滝田栄)。娘のマリコの家族が寺崎の遺品(保管していた文書類)から、昭和天皇が側近・侍従などを相手に、帝国日本の事情や開戦に至るまで経緯などが、率直に語られた記録(昭和天皇独白録[注釈 1]が、1990年に『文藝春秋』で発表され話題を呼んだ。

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1947年3月~4月にかけて、松平慶民宮内大臣、松平康昌宗秩寮総裁、木下道雄侍従次長、稲田周一内記部長、そして寺崎英成御用掛の5人の側近が、張作霖爆殺事件から終戦までの経緯を4日間計5回にわたって昭和天皇から直々に聞き、まとめたもの。

出典[編集]

[ヘルプ]

関連書籍[編集]