文室浄三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
文室 浄三
Funya no Kiyomi.jpg
文室浄三(『前賢故実』より)
時代 飛鳥時代後期 - 奈良時代後期
生誕 持統天皇7年(693年
死没 宝亀元年10月9日770年10月31日
改名 智努王 → 文室智努 → 文室浄三
別名 珍努王、知努王 → 文室珍努
官位 従二位大納言
主君 元正天皇聖武天皇孝謙天皇淳仁天皇
氏族 文室真人
父母 父:長皇子(長親王)天武天皇第7皇子)、母:不詳
茨田女王(茨田郡主)
沢王与伎真屋麻呂三諸大原岡屋王
テンプレートを表示

文室 浄三(ふんや の きよみ、持統天皇7年(693年) - 宝亀元年10月9日770年10月31日))は、奈良時代皇族(後に臣籍降下)。初名は智努王または知努王珍努王茅野王(ちぬおう)。天武天皇の孫。一品長親王の子。

経歴[編集]

霊亀3年(717年)無位から従四位下直叙され、翌養老2年(718年大舎人頭に任ぜられる。神亀6年(729年長屋王の変の直後に従四位上に昇叙される。

天平13年(741年)9月に巨勢奈氐麻呂とともに恭仁京造宮卿に任ぜられ、同月には民部卿藤原仲麻呂とともに恭仁京の人民に宅地を分け与えている[1]。翌天平14年(742年)正月に開催された宴において、造宮の功労により東絁60疋・真綿300疋を賜与されると[2]、同年8月今度は紫香楽宮の造離宮司に任ぜられた。この間、天平12年(740年正四位下、天平18年(746年正四位上天平19年(747年)には従三位に昇進し公卿に列すなど、聖武朝の後半に昇進を果たしている。

孝謙朝に入り、天平勝宝4年(752年文室真人姓を賜与され臣籍に下る。臣籍降下の理由は皇位の放棄により保身を確実にすることと見られるが、60歳直前というこのタイミングになった理由ははっきりしない。一説では妻・茨田女王の卒去をその契機とする[3]。翌天平勝宝5年(753年)には茨田女王の追善供養のために仏足石を造立、これは現在も薬師寺に伝わっている。天平勝宝6年(754年摂津大夫を経て、天平勝宝9年(757年参議治部卿に任官する。また同年の道祖王の廃太子に伴う新皇太子選定においては、左大弁大伴古麻呂とともに池田王を推している(結局、池田王の弟である大炊王(のち淳仁天皇)が冊立)[4]

天平宝字3年(759年)諸官人師位僧侶らに対して政治に対する意見が求められた際、少僧都慈訓とともに以下の意見を述べて認められている[5]

諸寺では毎年正月に悔過を行っているが、朝廷からの供物について、寺院に入ったこともない者が得ようと計画したり、あるいは二重に得ようとして空名を複数の寺院に登録する者がいる。これでは施主(天皇)の益にならないことから、朝廷からの布施をやめるべきである。

淳仁朝で重用され、天平宝字4年(760年中納言、天平宝字5年(761年正三位、天平宝字6年(762年)1月に御史大夫(=大納言)と急速に昇進し、同年9月の御史大夫・石川年足の薨去により、大師藤原仲麻呂に次いで太政官の次席の地位を占めた。また、同年8月には老いて力が衰えたことから、淳仁天皇から労りのがあり、宮中でを使うことを特別に許されている[6]。天平宝字8年(764年)1月には従二位に叙されたが、同年9月の藤原仲麻呂の乱発生直前に官職致仕し、天皇より労いのがあり、肘掛け・杖・新銭10万文を賜与された。この致仕は、藤原仲麻呂の動きを察知して危険を避けるために行われたと見られる[7]。また、この致仕によって乾政官(=太政官)に御史大夫以上の議政官がいなくなり、それによる政治的空白が乱を引き起こすきっかけになったとする見方もある[8]。なおこの間、天平宝字5年(761年)に浄三へ名を改めている。

宝亀元年(770年)の称徳天皇崩御後、右大臣吉備真備によって皇嗣に推されたが、浄三はこれを辞退したという[9]。その約2ヵ月後に薨去享年78。最終官位は致仕大納言従二位。臨終にあたって、薄葬とし朝廷からの鼓吹を受けないことを命じ、子らは遺言を守った。このことは当時の人々に称賛されたという[10]

人物[編集]

『日本高僧伝要文抄』の中に「沙門釈浄三菩薩伝」があり、以下の話が伝わっている。

  • 鑑真の手により出家得度した。
  • 東大寺大鎮[11]法華寺大鎮、浄土院別当を務めた。
  • 大神寺で六門陀羅尼経を講説し、東大寺で十二分教義を立てた。明快な論理で説かれ、聴衆の疑問は氷解したため、天皇から伝燈大法師位を授けられた。

仏書『三界章』『仏法伝通日本記』各1巻があったとされるが、散逸して伝わらない。また、万葉歌人として『万葉集』に和歌作品1首が採録されている[12]

法号である浄三の由来は、祖父・天武天皇(浄三原天皇)の名と、三業の所犯を清浄にする意味を兼ねたものであるという[13]

官歴[編集]

注記のないものは『続日本紀』による。

系譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『続日本紀』天平13年9月12日条
  2. ^ 『続日本紀』天平14年正月7日条
  3. ^ 廣岡[1991: 41]
  4. ^ 『続日本紀』天平勝宝9年4月4日条
  5. ^ 『続日本紀』天平宝字3年6月22日条
  6. ^ 『続日本紀』天平宝字8年8月20日条
  7. ^ 廣岡[1991: 47]
  8. ^ 中野渡俊治「孝謙太上天皇と「皇帝」尊号」(初出:『日本歴史』649号(2002年)/所収:中野渡『古代太上天皇の研究』(思文閣出版、2017年) ISBN 978-4-7842-1887-5
  9. ^ 『日本紀略』
  10. ^ a b 『続日本紀』宝亀元年10月9日条
  11. ^ 大鎮は別当に類する名誉職的なものか(廣岡[1991: 49]。『望月佛教大辞典』「僧職」)
  12. ^ 『万葉集』巻19-4275
  13. ^ 宮嶋弘「佛足石と佛足石歌」『立命館文学』第101号、1953年
  14. ^ a b c 『公卿補任』
  15. ^ 『日本後紀』天長7年閏12月18日条
  16. ^ 『日本後紀』大同元年11月9日条
  17. ^ 『続日本後紀』承和14年閏3月15日条

参考文献[編集]

関連項目[編集]