小野田勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小野田 勇(おのだいさむ、1920年1月22日1997年7月15日)は日本の脚本家であり、劇作家である。

東京四谷出身。中央大学(1941年)卒業。東京放送劇団に在籍していた[1]

ドラマ[編集]

舞台[編集]

  • クレージー大忠臣蔵(1966)
  • ドレミファ物語(1968)
  • 喜劇・四谷怪談(1969)
  • 春爛漫の花の宴(1970)
  • 本朝滑稽譚 恋の死神(1972)
  • かっぽれ海坊主(1973)
  • おお活動大写真 寄らば斬るぞ物語(1975)
  • 開化べらぼう侍(1976)
  • 白浪三国志 鳴門の火祭り(1977)
  • おもろい女(1978)
  • 巨人ファンはお人よし(1978)
  • 大石内蔵助―おれの足音―(1979)
  • 雪まろげ(1980)
  • 喜劇 パリ歌舞伎亭(1982)
  • 新 雪まろげ ―北海道編―(1982)
  • 喧嘩三味線(1983)
  • 雪まろげⅢ 「山陰編」(1984)
  • 姥ざかり(1985)
  • 恋歌(1986)
  • 虹を渡るぺてん師(1989)

賞詞[編集]

映画出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「現代物故者事典 1997~1999」(日外アソシエーツ

関連項目[編集]