寺尾正大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

寺尾 正大(てらお まさひろ、1942年2月 - )は、日本の警察官(ノンキャリア)。警視庁刑事部捜査第一課長、警視庁生活安全部長を歴任。新潟県新潟市出身。

人物[編集]

1964年新潟大学人文学部卒。民間企業勤務を経て1966年警視庁巡査となり、上野警察署警ら係に配属される。巡査部長築地警察署警備課公安係、警備部警備第一課に勤務。警部補昇任後に麻布警察署刑事課捜査係長に任命され、刑事警察に入った。

警部で強盗犯捜査係長として最初の捜査第一課勤務を経験。以後、捜査第一課には管理官理事官・課長として通算11年間勤務。ノックアウト連続強盗事件、無尽蔵殺人事件、ロス疑惑トリカブト殺人事件オウム真理教事件地下鉄サリン事件などの難事件の捜査を指揮して解決へと導いた。

警備部警備第一課では、警備第一課長だった佐々淳行の秘書役を務めた。

警部補で刑事畑入りしたので、生え抜き刑事ではないものの、歴代の捜査第一課長の中でも名指揮官として高く評価されている。また、刑事部鑑識課から科学捜査に精通した刑事を捜査第一課に引き抜いてくるなど、人事・予算の獲得が得意であった。

オウム事件[編集]

捜査第一課長に就任した1995年2月28日に公証人役場事務長逮捕監禁致死事件が発生(翌日に被害者が死亡)。オウム真理教東京で起こした最初の事件だった。警視庁はオウム真理教教団施設への一斉捜索を準備。異例中の異例であった、自衛隊との連携を実施、オウム真理教第6サティアンのあった上九一色村への大がかりな家宅捜索の全面指揮を執った。この際、サティアン内に潜んでいた教祖の麻原彰晃こと松本智津夫を逮捕した前線本部の指揮も執っている。その後は公安部とも連携し、一連のオウム騒動の首謀者、サリン事件の実行犯の洗い出しに尽力。最重要容疑者として全国に指名手配をかけ平田信菊地直子高橋克也を追った。

また、オウム真理教に関してはかねてより東京地検との合同捜査を行っていたが、地下鉄サリン事件発生直前日には、東京地検幹部を尋ねて「我々が麻原を逮捕したらすぐに教団全部を起訴して欲しい。絶対に無罪にはさせないでくれ」という確約も結んでいる。

寺尾正大を演じた俳優[編集]

参考文献[編集]

  • 三沢明彦『捜査一課秘録』(光文社

脚注[編集]

  1. ^ 但し、劇中においては、所轄署に設置された特別捜査本部へ向かうシーンで、「警視庁捜査一課長 寺西正大」とテロップ表示されていた。