中山律子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中山律子
個人情報
生誕名 中山律子
フルネーム 中山律子
愛称 和製ジャンヌ・ダルク
誕生日 1942年10月12日(72歳)
出身地 群馬県吾妻郡草津町
ウェブサイト 中山律子 マネージメント
スポーツ
日本の旗 日本
競技 ボウリング
プロ転向 1969年
テンプレートを表示

中山 律子(なかやま りつこ、1942年10月12日 - )は、元プロボウリング選手。群馬県吾妻郡草津町生まれ、鹿児島県育ち。ライセンスNo.2の女子プロ1期生。通算タイトル33勝の永久シードプロで公認パーフェクト2回。社団法人日本プロボウリング協会(JPBA)[1]会長職を4期8年務めた後、2012年3月より名誉会長。ジャパンレディースボウリングクラブ(JLBC)会長。鹿児島市立鹿児島女子高等学校卒業、愛称は「和製ジャンヌ・ダルク[2]

鹿児島時代[編集]

中学2年生で鹿児島県健康優良児・第1位に選出される。中学時代からバレーボールを始めて、高校時代にはバレーの選手として東京・熊本と2年連続で国民体育大会に出場。高校卒業後の1961年にバレーの実績を買われて旭精機愛知県)に入社し、バレーボール選手として活躍したが、入社2年目に同社がバレー部を解散し帰郷を余儀なくされる。

1965年帰郷後、友人に誘われ初めてプレイしたボウリングで85点のスコアを出し、ボウリングの魅力に取り付かれた中山は以後ボウリングの道を歩む。1966年4月の九州大会で準優勝し、1967年11月の全日本オープン選手権・準優勝をきっかけとし、1968年東京タワーボウリングセンターにスカウトされ入社。入社後の1969年6月に第1回女子プロテストが開催され、中山は3日目までトップだったが、終生のライバルとなる須田開代子に最終日に逆転され、結果は2位合格でプロ入りとなる。須田とはアマチュア時代から面識があったものの、優勝・須田、準優勝・中山のパターンがアマ時代には多く実力的には須田の後塵を拝する事が多かった。

女子プロボウラー時代[編集]

女子プロ誕生と共に中山も結果が付いて来る様になり、1969年9月に開催された女子プロ誕生記念大会で優勝。1970年3月22日の第1回全日本プロボウリング選手権大会でも優勝し、1970年8月21日には府中スターレーンで行われた、テレビ朝日(当時はNETテレビ)の『レディズ・チャレンジボウル』収録中に女子プロ初の公認パーフェクトゲームを達成する (女子プロ八月月例会・優勝決定戦で、対戦相手は海野房枝だった)。翌月のボウリング場オープン記念エキジビションでも「未公認」ながらパーフェクトを達成する。しかしながら当時はVTRは2インチで非常に高価だったため、各TV局は収録したビデオテープを保存せず、消去して再利用したりしていたケースが多く、中山律子の全盛期の映像はこの2件のニュースフィルムを除き殆ど残ってはいない。

また3ゲーム・シリーズ824点の女子世界最高記録も記録した。

社会現象[編集]

TV中継でのパーフェクト達成のインパクトは予想を遥かに超えた社会現象を起こし、中山は「さわやか律子さん」の愛称とともに抜群の美貌と人気を誇り、花王のフェザーシャンプーのCM等に出演し一大旋風を巻き起こし、CM曲の「律子さん、律子さん、さわやか律子さん」は流行語となった。女子プロボウラーは数多くあれど、中山は後に至るまで史上最強の女子プロと呼ばれ、同期の須田らと共に爆発的なボウリングブームの立役者となった。また全盛期の中山は所属先である「東京タワー」の文字が書かれたボウラーシャツを着ており、それが中山のトレードマークとなっていた。


エピソード[編集]

1970年代当時の代表的専門誌「ボウリングファン」によると『女子プロ三羽烏』と言われた須田開代子石井利枝と共にヒップの大きさは90cmを超えていて、「お尻の大きさも大事ではないか?」と、2ページに渡って特集されたことがある。

その後[編集]

のちに須田と共にジャパンレディースボウリングクラブ(JLBC)の設立に尽力する。須田の死後はJLBCの会長に就任。1990年代に負傷で一線を退いてからは普及活動を中心に行い、2004年には女性ボウラーでありながら日本プロボウリング協会の会長にも就任。ボウリングの普及やスポンサー探しといった従来の活動に加え、2006年からは『ボウリング革命 P★League』を立ち上げる[3]など、新たなムーブメントを模索している。

2012年3月に4期8年務めた日本プロボウリング協会の会長職から名誉会長となった。

2013年に東京タワー55周年エッセイコンテストに一般応募し、特別賞を受けた[4]

主な戦績 (通算33勝)[編集]

  • 『女子プロ誕生記念大会』 優勝 (1969.09.23) 
  • 『第1回全日本女子プロボウリング選手権大会』 優勝 (1970.03.21~22) 
  • 『全米オールスター・トーナメント』 初出場9位入賞 (1970.05.23~29) 
  • 『第4回全日本オープンボウリング選手権』 優勝 (1970.11.18~20) 

主な記録[編集]

  • 女子プロ公認初・パーフェクト (1970.08.21) 
  • 女子ハイ・シリーズ・3ゲーム 世界最高記録824点 (1971.07.15) 
  • 女子ハイ・シリーズ・6ゲーム 日本最高記録1542点 (1971.07.13) 
  • 女子ハイ・シリーズ・9ゲーム 日本最高記録2144点 (1971.07.14) 

取り上げられたメディア[編集]

著書[編集]

  • 『パーフェクト・ボウリング』 報知新聞社 1971年
  • 『律子のひとりごと』 日刊スポーツ出版社 1971年
  • 『ボウリング -アベレージ180をめざして-』 講談社スポーツシリ-ズ 講談社 1971年
  • 『さわやか律子さん、と呼ばれて』 -ボウリングに生きる私- チクマ秀版社 1997年
  • 『パーフェクトじゃない人生』 - 中山律子の 「この道」 - 東京新聞出版局- 2014年

他 (総数は不明)

モデルを務めた書籍[編集]

  • 『図解 ボウリング入門』 中森康友著 池田書店 1970年
  • 『ボウリング この手でやっつけろ』 池田書店 1971年
  • 『ボウリング入門』 白石雅俊著 東京書店 1972年

他 (総数は不明)

LPレコード[編集]

  • さわやか律子さん -300点への道-

ビデオ[編集]

DVD[編集]

  • 美しきチャレンジャー DVD-BOX 全4巻 販売元:スバック DVD発売日:2002/06/25
全盛期の映像がスローモーションを交えて収録されている)
  • 昭和ニッポン 一億二千万人の映像 -第17巻 昭和45年 大阪万博と公害多発- 講談社『BOOK倶楽部』 発行年月日:2004/10/20
『女子プロボウリング界の花』と題し、幻の未公認パーフェクト・モノクロ映像が収録されている。

CM[編集]

  • 雪印バター(1970年~1971年)
  • 花王フェザーシャンプー(1971年~1972年)
    • オリジナルのCMソングがあった。CMは投球フォーム編とレーンでの指導編の2種類が存在し、30秒バージョンと15秒バージョンがある。
    • CM撮影に用意されたスカートは試合用より10cm短かった、とインタビューで答えていた。
  • サントリー通販用の健康食品のインフォマーシャル
  • ソフトバンクモバイル 白戸家「父の優しさ」編
    • ここでも花王フェザーのCMソングの一部が使われている。

書籍[編集]

  • 『失礼!金田です』 <各界著名人43人との対談集> 金田正一著 報知新聞社 1971年
  • 『時代の疾走者たち』 中日新聞運動部 中日新聞社 1995年
  • 『この道』戦後50年、日本を熱くしたスポーツ・芸能のヒーローたち 500人の証言 (上・下2巻) 日刊スポーツ 1995年
  • 『引退 -終わらない夢-』山崎浩子著 枻(えい)出版社 2000年

他 (総数は不明)

雑誌・週刊誌[編集]

アサヒグラフ毎日グラフ月刊明星月刊平凡週刊明星週刊平凡週刊文春週刊現代週刊女性自身週刊ヤングレディ世界画報週刊少年ジャンプ週刊少年マガジン週刊少年サンデー週刊プレイボーイNumber 

他 (総数は不明)

テレビ出演[編集]

1971年当時のボウリング番組[編集]

特別出演[編集]

一般番組[編集]

他 (総数は不明)

特集(本人未出演)[編集]

他 (総数は不明)

ラジオ[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 現・公益社団法人
  2. ^ 集英社WebSportiva (2012年1月). “【今日は何の日?】日本プロボウリング協会設立【1967年1月27日】”. 2014年5月31日閲覧。
  3. ^ 新年“さわやか”インタビュー 中山律子さん 中日スポーツ、2014年1月10日。
  4. ^ 東京タワー (2013年12月). “東京タワー 55周年記念エッセイコンテスト”. 2014年5月31日閲覧。