第7回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第7回NHK紅白歌合戦
Tokyo Takarazuka Theater in Taisho and Pre-war Showa eras.JPG
会場の東京宝塚劇場(写真は太平洋戦争以前)
ジャンル 大型音楽番組
放送期間 1956年12月31日NHK紅白歌合戦第7回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
外部リンク NHK紅白歌合戦公式サイト
テンプレートを表示
第7回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1956年12月31日
放送時間 1956年12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第7回NHK紅白歌合戦』(だいななかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、1956年昭和31年)12月31日東京宝塚劇場で行われた、通算7回目のNHK紅白歌合戦。21時05分 - 23時30分にNHK生放送された。

概要[編集]

前年に引き続きラジオ東京が裏番組で『オールスター歌合戦』を編成したため歌手の引き抜き合戦となった。交渉の結果バーターでの出演歌手が大量に出たため出場歌手が紅白各16組から各25組に急増した。以降、25組前後の出場が一般的になる[1]

出演者[編集]

司会者[編集]

出場歌手[編集]

紅組 白組
曲順 歌手 曲順 歌手
2 荒井恵子(3) 南の花嫁さん 1 岡本敦郎(6) 自転車旅行
4 照菊(初) 恋のまよい鳥 3 瀬川伸(2) 明星鴉
6 松島詩子(6) 夜のヴァイオリン 5 霧島昇(4) 恋に朽ちなん
8 赤坂小梅(4) 三池炭坑節 7 鈴木正夫(5) 常磐炭坑節
10 菅原都々子(4) 連絡船の歌 9 宇都美清(3) 青い灯赤い灯
12 生田恵子(初) アイ・アイ・バンジョー 11 林伊佐緒(6) 草原を行く男
14 宝とも子(2) セ・シ・ボン 13 高英男(3) セ・シ・ボン
16 淡谷のり子(3) ルムバ・タムバ 15 ディック・ミネ(5) 私の青空
18 江利チエミ(4) お転婆キキ 17 三橋美智也(初) 哀愁列車
20 二葉あき子(7) 忘れじの君いづこ 19 藤山一郎(7) あゝ牧場は緑
22 池真理子(5) どうして嫌と云えましょう 21 津村謙(6) 青春の街
24 ペギー葉山(3) ケ・セラ・セラ 23 笈田敏夫(4) ハイ・ソサエティ・カリプソ
25 西村つた江(初) 横浜(ハマ)の谷間 26 山形英夫(初) 港の人気者
27 吉岡妙子(初) 私の幸福は何処へ 28 真木不二夫(4) 旅路の雨
29 中原美紗緒(初) フル・フル 30 旗照夫(初) 恋とは素晴らしいもの
31 小唄勝太郎(3) 唐人お吉の唄 32 東海林太郎(3) 赤城の子守唄
33 鈴木三重子(初) 愛ちゃんはお嫁に 34 若原一郎(初) 風の吹きよで
35 奈良光枝(5) 白いランプの灯る道 36 近江俊郎(5) 思い出月夜
37 越路吹雪(2) 哀れなジャン 38 芦野宏(2) ドミノ
40 大津美子(初) 東京アンナ 39 曾根史郎(初) 若いお巡りさん
雪村いづみ(2) マンボ・バカン 41 小坂一也(初) ハートブレイク・ホテル
43 初代コロムビア・ローズ(初) 娘艶歌師 42 藤島桓夫(初) かえりの港
45 渡辺はま子(5) 桑港のチャイナタウン 44 伊藤久男(5) キャラバンの太鼓
47 宮城まり子(3) 屑屋の歌 46 春日八郎(2) 別れの一本杉
49 笠置シヅ子(4) ヘイ・ヘイ・ブギ 48 灰田勝彦(4) 白銀の山小舎で

審査員[編集]

応援ゲスト[編集]

当日のステージ[編集]

  • 雪村いづみが、当時映画の掛け持ち出演など連日のハードスケジュールから、本番当日に急性胃痙攣に罹り出場を辞退。代役を立てる事ができず、やむなく雪村の出番を飛ばす措置を取った[注釈 2]。出場者は薔薇の花を胸につけていたが、雪村の分は盟友の江利チエミが2つ縫い付けて出演した[3]
  • トリはともに3年ぶりに復帰の笠置シヅ子灰田勝彦。返り咲き出場者同士のトリは今回のみである。
  • テレビとラジオで同時中継されたが、VTRがなかったためテレビ映像は現存していない。ラジオ中継の音声は全145分中の約130分強が現存しており、、松島の音声とエンディングの「蛍の光」大合唱の音声は現存しない。松島1人を除いて、他の全ての出場歌手たちの歌の音声は現存している。
  • 優勝は白組(通算4勝3敗)。
  • 今回使用したマイクロホンは、司会者用にNHK技研設計、はAIWA RV-A(試作品)、このマイクはのちにAIWA VM-17(BTS呼称、RV1-1A)として市販される。司会者用にRCA-77D。

後日譚[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 応援として出演。
  2. ^ 過去には第2回1952年)において、松島詩子が移動中に交通事故に遭い、急遽越路吹雪が出場したことがあった

出典[編集]

  1. ^ 合田, pp. 61-62.
  2. ^ 合田, p. 61.
  3. ^ 合田, p. 62.
  4. ^ 合田, p. 63.

参考文献[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)
  • 合田道人 『紅白歌合戦の舞台裏』 全音楽譜出版社、2012年12月15日ISBN 978-4-11-880178-0

外部リンク[編集]