鈴木正夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 正夫(すずき まさお)は、民謡歌手の名跡

初代[編集]

鈴木 正夫(初代)
生誕 1900年1月30日
出身地 日本の旗 日本宮城県伊具郡丸森町
死没 (1961-09-28) 1961年9月28日(61歳没)
ジャンル 民謡
職業 歌手
活動期間 1931年 - 1961年
初代・鈴木正夫

初代 鈴木 正夫(すずき まさお、1900年明治33年)1月30日 - 1961年昭和36年)9月28日)は宮城県伊具郡丸森町出身の民謡歌手。

1931年(昭和6年)レコードデビュー。鈴木秀桃の名でも活動した[1]。息子は2代目鈴木正夫[2](後述)、娘は歌手の鈴木三重子

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

2代目[編集]

鈴木 正夫(2代目)
出生名 菊地 秀
生誕 (1937-11-08) 1937年11月8日(81歳)
出身地 日本の旗 日本福島県相馬郡新地町
学歴 福島県立相馬高等学校卒業[3]
ジャンル 民謡
職業 歌手

2代目 鈴木 正夫(すずき まさお、本名:菊地 秀[3][2]1937年(昭和12年)11月8日 - )は、福島県相馬郡新地町出身の民謡歌手。


脚注[編集]

関連項目[編集]