西村つた江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西村 つた江
別名 香川万知子
生誕 (1931-12-15) 1931年12月15日(87歳)
出身地 日本の旗 日本
東京府東京市浅草区(現:東京都台東区浅草田島町
ジャンル 演歌
職業 歌手
活動期間 1954年 - 1960年代
レーベル キングレコード

西村 つた江(にしむら つたえ、1931年12月15日 - )は、日本の歌手である。

経歴[編集]

東京府東京市浅草区(現:東京都台東区浅草田島町出身。

漫才師の父・砂川捨勝、三味線の名手である母・千代子の娘として生まれる。作曲家・大村能章に師事し、3000人の志望者の中から選ばれた3人の中の1人としてキングレコードに入社した。1954年東映映画「追撃三十騎」(大友柳太朗高千穂ひづる主演)の主題歌「恋の夜風」を歌いソロデビュー。このときのA面は、津村謙「鶴姫道中」であった。当時から西村の歌唱力は認められており、三橋美智也の「おんな船頭歌」は、当初西村が歌う予定だったという逸話も残っている。1956年第7回NHK紅白歌合戦にも出場し、「横浜(ハマ)の谷間」を歌唱[1]。この時の歌声は現存している。

後に香川万知子に改名し、昭和40年代に芸能界を引退した。

プライベートでは1964年5月に結婚し、神田明神で挙式した。

代表曲[編集]

  • 流れ三味線 (1954.9)
  • 酒場の灯り (1954.10)
  • 熱き涙よ (1954.11)
  • 海峡を越える女 (1955.3)
  • 雨降る波止場 (1955.3)
  • 妾の星よ (1955.4)

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

  • 第7回 (1956年12月31日、東京宝塚劇場) 『横浜の谷間』[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 紅白歌合戦ヒストリー”. NHKオンライン. 2015年5月10日閲覧。

参考文献[編集]