明石家紅白!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
明石家紅白!
ジャンル 音楽番組 / 特別番組
出演者 明石家さんま
ゲストアーティスト4 - 7組
製作
制作 NHK
【放送媒体:NHK総合テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
回数 6
公式ページ
第1回明石家紅白!
出演者 いきものがかり
泉谷しげる
欅坂46
ピコ太郎
槇原敬之
八代亜紀
Little Glee Monster
放送期間 2016年11月24日
放送時間 19:30 - 20:43(JST
放送分 73分
第1回明石家紅白!拡大版
放送期間 2017年6月10日
放送時間 0:55 - 3:00(JST)
放送分 125分
第2回明石家紅白!
出演者 阿木燿子
宇崎竜童
Dream Ami
三浦大知
三浦祐太朗
森高千里
ゆず
放送期間 2017年6月26日
放送時間 19:30 - 20:43(JST)
放送分 73分
第3回明石家紅白!
出演者 大竹しのぶ
高橋優
西川貴教T.M.Revolution
乃木坂46
放送期間 2017年12月18日
放送時間 19:30 - 20:42(JST)
放送分 72分
第4回明石家紅白!
出演者 AKB48
竹原ピストル
森山良子
山崎育三郎
由紀さおり
放送期間 2018年4月30日
放送時間 19:30 - 20:53(JST)
放送分 83分
第5回明石家紅白!
出演者 石川さゆり
HY
Kiroro
King & Prince
Toshl
水野良樹(いきものがかり)
放送期間 2018年12月22日
放送時間 19:30 - 20:43(JST)
放送分 73分
第6回明石家紅白!
出演者 大黒摩季
郷ひろみ
ゴスペラーズ
ゴールデンボンバー
SHISHAMO
日向坂46
放送期間 2019年6月15日
放送時間 19:30 - 20:43(JST)
放送分 73分

特記事項:
放送回数は第1回拡大版を除き、且つ放送予定分を含む通算。
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

明石家紅白!』(あかしやこうはく)は、2016年からNHK総合テレビで放送されている音楽特別番組である。司会を務める明石家さんま冠番組。正式な番組タイトルは『第○回明石家紅白!』。

概要[編集]

NHKで初めてとなる、明石家さんまの司会番組且つ冠番組[1][注 1]

フォーク歌謡曲からアイドルまで、音楽通だと話すさんまが自分なりの『紅白歌合戦』を開催。「さんまが好きなアーティスト」「聴きたい」「会いたい話題の」を紹介[2]、歌とトークで盛り上がる。番組の最後にはさんまが総評し、勝敗を決定する。これまでの勝敗は紅組・白組ともに3勝3敗のタイである(第6回終了時点)。

なお、画面右上にタイトルロゴとその回の数字、ロゴの下に小さく「さんま×NHK」と記載されている。

さんまのまんま』(関西テレビ)のように、リビング風のセットに出演アーティストが集結し、出番のアーティストが最前列にあるソファーでさんまとトークする形式となっている。それ以外のアーティストは後列で待機し、さんまに随時話題を振られる。歌唱時はセットの右側のスペースで歌唱し、歌唱中は右下にワイプでさんまを映したカメラ映像が映される。

本家紅白との関連[編集]

本番組出演により、さんまは2016年の『第67回NHK紅白歌合戦』にも応援ゲストとして出演濃厚と報じられる[3][4]が、11月12日の自身が出演するMBSラジオヤングタウン』で「マスコミが紅白濃厚か、って書いてたんですけども、司会なんてするわけもないし。(紅白出たら年末年始恒例の)オーストラリアも行かれへんし」と話し、「オレは紅白やらないからね」と明言。「もしやるとしたら、来年か、再来年か」と話し、「スタッフがかぶってるからな」と翌年以降の出演については完全否定しなかった[5]

また、第1回放送当日の放送時間前に『第67回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が発表され[6]、本番組出演アーティストからはいきものがかりが紅組で9年連続出場[注 2]欅坂46が紅組で初出場を果たしたほか、ピコ太郎企画枠で出演した。

第1回放送後と第2回以降の放送[編集]

2017年6月10日0時55分 - 3時(9日深夜)に『第1回明石家紅白!拡大版』として[7]、初回放送では時間の都合でカットしていたトーク部分を加え、『第2回明石家紅白!』の宣伝スポットと告知テロップを随時挿入し、再放送を行った。ピコ太郎らが『第67回NHK紅白歌合戦』に出演した際の様子はVTRで、いきものがかりが活動休止となっていることはナレーションでと、初回放送後に起きた事柄も追加された。

2017年6月26日、第2弾となる『第2回明石家紅白!』が放送された[7][8]。ここから、半期に一度のシリーズ放送が慣例化する。

第68回NHK紅白歌合戦』の放送2週間前となる2017年12月18日には、第3弾となる『第3回明石家紅白!』が放送された[9]

第3回の放送から半年経たずの2018年4月30日、第4弾となる『第4回明石家紅白!』(19:30 - 20:53[注 3])が放送され[10]、過去最長となる83分にわたって放送された。

第4弾から8か月後の『第69回NHK紅白歌合戦』の放送9日前となる2018年12月22日に、第5弾となる『第5回明石家紅白!』が放送された(19:30 - 20:43)。

2019年6月15日に、第6弾となる『第6回明石家紅白!』が放送された(19:30 - 20:43)[11][12]

出演者[編集]

司会[編集]

出演者[編集]


放送履歴[編集]

太字本家紅白への出場経験あり、もしくは出場予定。
※ 視聴率は関東地区・世帯・リアルタイム(ビデオリサーチ調べ)。

スタッフ[編集]

  • 製作・著作:NHK

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ NHKにおいては、1985年前期の連続テレビ小説澪つくし』に出演しており、以降も特別出演やゲスト出演するなどの経験がある。
  2. ^ a b 翌2017年1月に放牧(活動休止)を発表。
  3. ^ 祝日のため20時45分のニュース(例:関東地方は『首都圏ニュース845』)は休止。
  4. ^ a b 本家紅白の第67回に紅組で初出場。
  5. ^ 本家紅白の第67回に企画枠で出演。
  6. ^ a b 本家紅白の第68回に紅組で初出場。
  7. ^ 本家紅白の第26回ダウン・タウン・ブギウギ・バンドで白組で出場した。
  8. ^ 本家紅白にはE-girlsとして出場歴あり。
  9. ^ a b 本家紅白の第68回に白組で初出場。
  10. ^ 本家紅白の第69回に白組で初出場した後『ジャニーズカウントダウン2018-2019』(フジテレビ系)に出演した。
  11. ^ 本家紅白にはX JAPANとして出場歴あり。

出典[編集]

  1. ^ 明石家さんまがNHKでは初の“冠番組” 11月24日放送「第1回明石家紅白!」 サンケイスポーツ 2016年11月5日
  2. ^ 30年以上を経て…さんま NHKで初司会「第1回明石家紅白!」 Sponichi Aneex 2016年11月5日
  3. ^ さんま、初「紅白」濃厚 SMAP出演を後押しか…NHKで初冠番組スタート スポーツ報知 2016年11月6日
  4. ^ 「明石家紅白」は司会への布石? さんまの交渉で「SMAP紅白出場」説 J-CASTニュース 2016年11月6日
  5. ^ さんま「紅白やらない」と明言 SMAP出演のキーマンと報じられたが… デイリースポーツ 2016年11月12日
  6. ^ <速報>第67回「紅白歌合戦」出場歌手発表 モデルプレス、2016年11月24日
  7. ^ a b “さんま司会NHK「明石家紅白!」第2弾決定! 山口百恵さんとの“秘話”も”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年6月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/09/kiji/20170609s00041000026000c.html 2017年6月9日閲覧。 
  8. ^ “さんまMCの「明石家紅白!」再び、ゆずや三浦大知ら登場”. 音楽ナタリー. (2017年6月9日). http://natalie.mu/music/news/236059 2017年6月9日閲覧。 
  9. ^ “さんま×大竹しのぶ「明石家紅白!」でデュエット、乃木坂は写真集の自信カット紹介”. 音楽ナタリー. (2017年12月11日). https://natalie.mu/music/news/260430 2017年12月11日閲覧。 
  10. ^ さんまが即興ミュージカル!? 「第4回 明石家紅白!」放送決定! NHK PR、2018年4月20日
  11. ^ “明石家紅白に郷ひろみ、ゴスペラーズ、日向坂ら出演”. 日刊スポーツ. (2019年5月29日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201905290000416.html 2019年6月2日閲覧。 
  12. ^ “『明石家紅白』に郷ひろみ、金爆ら 日向坂46は“キュンキュンダンス”を伝授”. ORICON STYLE. オリコン. (2019年5月31日). https://www.oricon.co.jp/news/2136599/full/ 2019年6月2日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]