メモリー (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

メモリー」(Memory )は、ミュージカルキャッツ』の代表的なナンバー。アンドルー・ロイド・ウェバーの作曲で、詞は演出家のトレヴァー・ナン英語版が『キャッツ』の原作者であるT・S・エリオットの未完の遺稿を基にして作った。

世界的なヒット曲となり、数多くの歌手によってカバーされている。

主なカバー[編集]

石川ひとみのカバー[編集]

シングル[編集]

メモリー
石川ひとみシングル
B面 恋はダイスまかせ
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル キャニオン・レコード
NAVレコード
作詞・作曲 作詞:Trevor Nunn英語版 after T.S.Eliot
日本語詞:浅利慶太
作曲:Andrew Lloyd Webber
石川ひとみ シングル 年表

(1983年)
メモリー
(1984年)
アモーレ
(1984年)
テンプレートを表示

メモリー」は、1984年1月に発売された、石川ひとみの19枚目のシングルである。

ミュージカル『CATS』が1983年劇団四季により日本で公演されたことを受けて制作された。例えば劇団四季の久野綾希子が歌う「メモリー」とは一部の歌詞が違っているが、それ以上に異なった印象を与える理由は、石川が日本語歌詞の譜割りを、バリー・マニロウの英語歌唱の譜割りで歌った点にあるといえる[1]

シングル収録曲[編集]

  1. メモリー
  2. 恋はダイスまかせ

その他[編集]

  • 1986年4月13日にNHK総合テレビで放送された『レッツゴーヤング』最終回において、司会の石川が、共同司会者の太川陽介、番組OBの平尾昌晃とともに、実質上の番組ラストナンバーとして「メモリー」の歌唱を行った。
  • 1984年3月に発売された石川のベストアルバム『best Memories』、および2002年に発売されたCD-BOX『〜78-86ぼくらのベスト 石川ひとみ CD-BOX』に、英語原詞歌唱バージョンが収録されている。本バージョンでは、ラストが日本語バージョンに比べて3度高い音程で歌われており[1]、よりダイナミックな歌唱となっているが、これもバリー・マニロウの「メモリー」のラストの歌唱と同一である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『〜78-86ぼくらのベスト 石川ひとみ CD-BOX』ライナーノート P.98

外部リンク[編集]