エレイン・ペイジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エレイン・ペイジ
Elaine Paige
エレイン・ペイジElaine Paige
生年月日 (1948-03-05) 1948年3月5日(69歳)
出生地 ロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス

エレイン・ペイジ(Elaine Paige,1948年3月5日-)はイギリスミュージカル女優、歌手。メゾソプラノ。 『エビータ』や、『キャッツ』のグリザベラ、『サンセット大通り』のノーマ・デズモンドなど数々の主役で知られる。

経歴[編集]

女優になるまで[編集]

父は不動産屋を営み、母は婦人帽製造を手がけていた。北ロンドンのバーネットで育つ。彼女の母は若い頃歌手で、父はアマチュアのドラマーだった。彼女の最初の夢はプロのテニスプレイヤーになることであったが、身長の関係でその夢は断念せざるを得なかった。 

14歳の時、ペイジはナタリー・ウッドが主演した『ウェストサイド物語』のサウンドトラックを聞き、ミュージカルの道に進むことを夢見るようになる。彼女は学校の音楽教師、アン・ヒルに励まされる。初めての舞台での役は学校におけるモーツァルトの『フィガロの結婚』のスーザン役だった。

その後、The Boy Mozartに出演したり、ヘンデルの『メサイア』でソロを務めるなどして活躍。父親は彼女に演劇学校に行くように提案し、アイーダ・フォスター・ステージ・スクールに入学。卒業後、彼女はアイデアル・ホーム・イクスビションでの子供服の製造に携わった。 

女優[編集]

1968年、20歳でウェストエンドデビューを果たし、アンドリュー・ロイド・ウェッバーらと共に、『エビータ』、『キャッツ』『サンセット大通り』などの演目を成功させ、ロングランに導く。『キャッツ』の主題歌『メモリー』は英ヒットチャートでも上位入賞を果たした。

1990年代にはブロードウェイにも進出、世界各地でのコンサートも行うなど、歌手としても積極的に活躍。1995年には長年の功績を評価されOBEを叙勲。1998年にはキャッツのビデオリリースのために、再びグリザベラ役を演じ、この作品はベストセラーになっている。

2004年から毎週日曜日に英国BBC国内放送ラジオ2でミュージカル音楽紹介番組のパーソナリティとして活躍している。

ソロアルバムも多数発表している。

スーザン・ボイルが目標とする歌手として名前を挙げたことで再び注目されている。

主な作品[編集]

  • エビータ Evita (1978 - 80)
  • キャッツ Cats (1981 - 82)
  • サンセット大通り "Sunset Boulevard"(1994 - 97)

外部リンク[編集]