Awich

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Awich
出生名 浦崎 亜希子(うらさき あきこ)[1]
生誕 (1986-12-16) 1986年12月16日(34歳)
出身地 日本の旗 日本沖縄県那覇市
ジャンル ヒップホップ
活動期間 2006年 - 現在
レーベル ユニバーサルミュージックジャパン(2020年 - )
事務所 and music
共同作業者 Chaki Zulu
公式サイト http://awich.jp/

Awich(エイウィッチ、1986年12月16日 - )は、日本女性歌手ラッパー沖縄県出身。

19歳で渡米し、学士号を取得。アメリカ人男性と結婚し娘を出産するも、夫と死別。その後日本に帰国し、本格的な音楽活動を再開。2020年ユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー[2]

来歴[編集]

小学4年生から米軍基地内の英会話教室に通いつつ、海外のヒップホップから生きた英語を学んだ。テレビ番組『ポンキッキーズ』に出演していたスチャダラパーのBOSEをきっかけにヒップホップを知り、13〜14歳ごろレンタルショップで借りた2パックの『All Eyes On Me』を聴き開眼。2パックのリリックやインタビューでの発言を書き写したノートを作成していた[3]昭和薬科大学附属高等学校在学中にアメリカミズーリ州への留学を経験[4]

2006年EP『Inner Research』でデビュー。芸名のAwichは本名の漢字の直訳である「Asia Wish Child」を略した造語である[5]。同時期にビジネスを学ぶため米国のアトランタに渡る。2007年、アルバム『Asia Wish Child』リリース。翌年、アメリカ人の男性と結婚し、長女を出産。3年後、インディアナポリス大学で起業学マーケティング学の学士号を取得。家族で日本に戻り暮らすことを決めていた矢先、夫と死別。その後、娘と共に沖縄に帰郷し、本格的な音楽活動を再開。

2017年、ヒップホップクルー、YENTOWNに所属し、Chaki Zulu全面プロデュースによるアルバム『8』をリリース。2018年、『BEAT』『HEART』という2枚のEPを配信リリース。自身初となるワンマンライブツアーを全国5都市で行う。2019年、同じ沖縄出身のラッパー、唾奇とのカップリング・ツアーを実施。また88rising×RedBullのドキュメンタリー「ASIA RISING」に出演。

2020年1月10日、アルバム『孔雀』をリリース[6]。同年7月15日ユニバーサルミュージックジャパンより配信シングル『Shook Shook』を発表し、メジャーデビュー[2][7]。8月21日にEP『Partition』をリリース。

人物[編集]

自らのエッセンス(心髄)である故郷・沖縄の役に立とうと制作会社「CIPHER CITY」を設立。映像や番組の制作、舞台演出、ファッションイベント企画など幅広く手掛る。2017年、自ら脚本・監督を務めた短編映画「aimer」がアムステルダム「ニュールネッサンス映画祭」でベスト・ファンタジー部門にノミネートされ受賞。

ディスコグラフィ[編集]

EP[編集]

発売日 タイトル 販売形態
bpm tokyo(インディーズ)
2018.9.27 BEAT デジタル・ダウンロード
2018.9.27 HEART デジタル・ダウンロード
Universal J
2020.8.21 Partition CD

アルバム[編集]

発売日 タイトル 販売形態
bpm tokyo(インディーズ)
1st 2007.12.11 Asian Wish Child CD
2nd 2018.08.08 8 CD
3rd 2020.01.11 孔雀 CD

客演[編集]

  • MONYPETZJNKMN - 「WHOUARE feat. Awich」(2017.05.16)
  • Kojoe - 「BoSS RuN DeM feat. AKANE, Awich」(2017.11.02)
  • Mighty Crown - 「Foo Fool Boy feat. Awich」(2017.11.10)
  • kZm - 「SECT YEN feat. Awich」(2018.04.02)
  • SOIL & "PIMP" SESSIONS - 「Heaven on Earth feat. Awich」(2018.05.09)
  • V.A. - 「Akiko Piano by The Flexican, JAEL, Jengi, Wantigga, Canblaster, Awich」(2018.05.25)
  • Jess Connelly - Process feat. Awich(2018.11.29)
  • ANARCHY - 「Loca feat. Awich」(2019.03.13)
  • BLOOD WILL TELL - 「HOKAGE feat. Leon Fanourakis & Awich」(2019.03.30)
  • PETZ - 「Made Myself feat. Masiwei & Awich」(2019.09.25)
  • RUN THE FLOOR - 「Money Shot feat. Awich & kZm」(2019.12.11)
  • JNKMN - 「Letters feat. Awich」(2020.02.07)
  • NENE - 「名器 feat. Awich」(2020.07.10)
  • Takuji a.k.a. Geetek - 「Jeally - ジェアリー (feat. Awich)」(2005)
  • M.U. - 「ジャマルヤン」(クレジットなし)(2003)
  • AI - 「Not So Different Remix feat. Awich」(2020.12.11)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ [彩職賢美]アーティスト・起業家 Awichさん|沖縄の価値を世界へ” (日本語). fun.okinawatimes.co.jp. 2020年1月17日閲覧。
  2. ^ a b “ヒップホップシーンの女帝・Awich、ユニバーサルからメジャーデビュー”. 音楽ナタリー. (2020年7月15日). https://natalie.mu/music/news/387686 2020年7月15日閲覧。 
  3. ^ Watanabe, Takao Iwasawa,Shiho (2017年8月17日). “沖縄生まれの女神 Awich” (日本語). i-D. 2020年1月17日閲覧。
  4. ^ awich”. freeekpro.flier.jp. 2021年1月10日閲覧。
  5. ^ BIO | Awich” (日本語). 2020年1月17日閲覧。
  6. ^ YENTOWN所属のシンガー/ラッパーAwich、最新アルバム『孔雀』を2020年1月11日発売 - TOWER RECORDS ONLINE”. tower.jp. 2021年2月6日閲覧。
  7. ^ Awichがメジャー・デビュー 新曲「Shook Shook」本日リリース & 山田健人手がけたMVも公開 | Spincoaster (スピンコースター)” (日本語). Spincoaster (2020年7月14日). 2021年2月6日閲覧。

外部リンク[編集]