昭和薬科大学附属高等学校・中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
昭和薬科大学附属高等学校・中学校
The Junior and Senior High School Affiliated to Showa Pharmaceutical University
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人昭和薬科大学
校訓 専一集注・堅忍不抜
設立年月日 1974年
創立記念日 1月23日
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 完全一貫制
課程 全日制課程
高校コード 47505A
所在地 901-2112
沖縄県浦添市沢岻450番地
北緯26度14分17.74秒 東経127度42分47.12秒 / 北緯26.2382611度 東経127.7130889度 / 26.2382611; 127.7130889座標: 北緯26度14分17.74秒 東経127度42分47.12秒 / 北緯26.2382611度 東経127.7130889度 / 26.2382611; 127.7130889
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

昭和薬科大学附属高等学校・中学校(しょうわやっかだいがくふぞくこうとうがっこう・ちゅうがっこう、英称:The Junior and Senior High School Affiliated to Showa Pharmaceutical University)は、沖縄県浦添市にある私立の中高一貫教育校。

概要[編集]

昭和薬科大学(本部・東京都町田市)が設立した唯一の附属校。附属高等学校開校当時、同大学第7代理事長・荻原光太郎は「太平洋戦争によって多大な犠牲を受けた沖縄県の復興・発展に、教育を通じた人材育成で貢献したい」という思いを述べている。1986年附属中学校を開校し、2003年から中高完全一貫教育校へ移行した。

沿革[編集]

  • 1974年 - 附属高等学校 開校(1学年定員60名)
  • 1981年 - 附属高等学校 1学年定員の変更認可(1学年定員80名)
  • 1983年 - 附属高等学校 1学年定員の変更認可(1学年定員160名)
  • 1985年 - 沖縄県へ中学校設置認可申請書提出
  • 1986年 - 附属中学校 開校(1学年定員80名)
  • 1988年 - 附属中学校 1学年定員の変更認可(1学年定員120名)
  • 1994年 - 附属高等学校 1学年定員の変更認可(1学年定員200名)
  • 1997年 - 第6回全国高等学校漫画選手権大会優勝
  • 2001年 - 附属中学校 1学年定員の変更認可(1学年定員160名)
  • 2003年 - 附属中学校 1学年定員の変更認可(1学年定員200名)
  • 2008年 - 中学3年、高校2年での二回の修学旅行を統合し、高校1年の一回に変更[1]
  • 2010年 - 新たな行事として「秋まつり」を新設。
  • 2016年 - 新校舎完成

歴代校長[編集]

特徴[編集]

  • 学区が県内全域にまたがり、また校舎が丘の上という立地条件のため、7つの路線(与儀線、安里線、首里線、西原線(登校時は普天間始発の宜野湾線)、城間線(登校時は普天間始発の普天間線)、新都心A線、新都心B線(下校時は運行しない))を10台(マイクロバス1台)のスクールバスを使って無料運行し、生徒の登下校の便宜を図っている。また利用生徒が少ない時間帯は首里線と西原線を統合して運行し、比較的満員になりやすい安里線を増便する措置を取っている
  • 学習に関する質問等をしやすくするため、教科ごとに少数の教師で構成される職員室(ゼミ室)が多数用意されている。
  • 校時外講座を豊富に開講している。しかし、学区が県内全域にまたがっているという特性上、早朝には必修講座を開講しないというのが基本姿勢である。だが、実際早朝の講座もある。
  • 全館冷房を完備し、各教室には天井に扇風機が設置されている(A棟を除く)。C棟の一部の教室には設置されていない。さらに飛行機など周りの騒音で授業が中断されることがないよう二重窓になっている。(A棟を除く)
  • 冷水機が設置されているものの外されていたり修理中だったりする箇所もある。
  • 体育館は第1・第2体育館の2つを有する。また、講義・剣道などに利用される創立20周年記念会館がある。
  • 図書館は、41,000冊の蔵書、デジタル資料、インターネット設備等を備えており、県内の中学・高等学校図書館としては最大規模を誇る。
  • 図書館には、生徒が課題や調べ物で使えるPC(Mac book pro)が12台あり、蔵書検索なども専用端末を使って行うことができる。
  • 校内には中・高共通の食堂・売店があり、それぞれ弁当や飲料の購入、食事ができる。
  • 社会の変化に対応した情報教育を行うための、マルチメディア教室が2室ある。(PCはWindows7 Professional)
  • 校舎内は無線LANが完備されており、ワイヤレスでインターネットが可能(生徒は使えない)となっている。また、図書館も独自の無線LANネットワークを有する。

進学実績[編集]

本校は沖縄県内の高校においてトップクラスの大学進学実績を持っている。理系、特に医歯薬系学部の合格実績が多く、2014年度の合格者は、医学科84名(内国公立62名)であり、医歯薬系学科の合計合格者数181名となっている。また、同じ沖縄県にある琉球大学 医学部 医学科の合格者数はそのうち35名を占めている。2011年度には沖縄県から初の東京大学 理科Ⅲ類 に2名(現1、既1)が合格している。

時程表[編集]

  • SHR - 8:45~ 8:55
  • 1校時 - 9:00~ 9:50
  • 2校時 - 10:00~10:50
  • 3校時 - 11:00~11:50
  • 4校時 - 12:00~12:50
  • 昼休み(昼食) - 12:50~13:40
  • 5校時 - 13:40~14:30
  • 6校時 - 14:40~15:30
  • 7校時 - 15:40~16:30
  • 清掃、SHR - 16:30~17:00
  • 中高ともに週に3回、7校時の授業が行なわれる。
  • 他に、放課後に一部の生徒対象の補習講座、任意参加の希望制講座が行われる。
  • 春・夏・冬休みには1コマ70分の必修/指名/希望講座が行われる。
  • また、第1・3・5週目の土曜日は午前中授業(4校時まで)が行われ、第2・4週目の土曜日は休みというように(周期は月ごとに違う)隔週で学校週5日制が採用されている。
  • 学期末には授業時間を40分に縮めた短縮授業が実施される。

年間行事[編集]

  • 4月 - 始業式入学式、定期健康診断、対面式・部活動紹介、リーダー研修(名護)、新入生歓迎球技大会
  • 5月 - 生徒総会、高体連推戴式、中1宿泊研修(糸満)、中間考査
  • 6月 - 高校総体中体連、校内弁論大会(中学3年および高校)
  • 7月 - 期末考査、保護者面談、終業式、夏期特別講座(~8月[2]
  • 9月 - 始業式、中1博物館見学、中2宿泊研修(名護)、中3宿泊研修(渡嘉敷)、高3日帰り研修
  • 10月 - 中間考査、校内陸上競技大会(3年に2回)[3]、りんどう祭(3年に1回)
  • 11月 - 文化公演会(2011年は12月)、高2日帰り研修(2011年は12月)、秋まつり(3年に2回)[4]
  • 12月 - 期末考査、合唱コンクール(中学のみ)、生徒会長選挙(高校のみ)、予餞会(高校のみ)、終業式、冬期特別講座(5日間)
  • 1月 - 始業式、生徒会長選挙(中学のみ)、大学入試センター試験、開校記念日、入試休校、高1修学旅行(北海道・東京)
  • 2月 - 中学・高校卒業式、学年末考査
  • 3月 - 学年末球技大会、認定式(中3)、修了式、春期特別講座(5日間)

部活動[編集]

  • 演劇部は、2011年に第34回沖縄県高等学校総合文化祭演劇部門並びに第21回沖縄県高等学校演劇研究大会での最優秀賞受賞、第53回九州演劇研究大会での優秀賞第一席、創作脚本賞受賞、第6回春季全国高等学校演劇研究大会フェスティバル2012(仙台大会)への参加推薦など活躍している。
  • ディベート部は、2011年に第16回全国中学・高校ディベート選手権にて中高アベックで全国大会に出場するなど活躍している。
  • 吹奏楽部は、2009年に第34回沖縄県吹奏楽アンサンブルコンテストにて高等学校の部 木管八重奏 金賞、金管八重奏 銀賞を受賞するなど活躍している。
  • 剣道部は、2010年に沖縄県高等学校総合体育大会にて個人男子優勝を果たすなど活躍している。
  • 2009年より同好会から昇格認可された中高将棋部は、2010年に第34回沖縄県高文連囲碁将棋夏季大会にて男女共に優勝を果たした。また、2010年8月に宮崎県で開催された第34回全国高校総合文化祭にて女子団体の部で準優勝に輝いた。さらに、2018年5月第42回沖公文連囲碁将棋夏季大会男子団体戦にて優勝した。
  • 放送部は、2010年6月に行われたNHK杯全国高校放送コンテスト沖縄県大会において優秀賞を獲得し、全国大会へ派遣された。
  • 1984年高校(当時中学校はなかった)にサッカー部を設立。設立当初は野球部とグラウンドを共同で使用し、ゴールポストも野球のバッティング用ネットで代用していた。

著名な出身者[編集]

アクセス[編集]

モノレール
路線バス
「沢岻」または「陽明高校前」バス停下車(徒歩7分)
  • 21番(新都心具志川線) - 琉球バス交通
  • 88番(宜野湾線) - 琉球バス交通
  • 90番(知花線) - 琉球バス交通
  • 98番(琉大(バイパス)線) - 琉球バス交通
  • 112番(国体道路線) - 琉球バス交通
「経塚」バス停下車(徒歩10分)
  • 91番(城間(南風原)線) 東陽バス
  • 191番(城間(一日橋)線) 東陽バス
「沢岻大橋」バス停下車(徒歩5分)
  • 87番(てだこ線) - 沖縄バス
  • 287番(てだこおもろまち線) - 沖縄バス
「宮城入口」または「沢岻入口」バス停下車(徒歩10~15分)
  • 55番(牧港線) - 琉球バス交通
  • 56番(浦添線) - 琉球バス交通
  • 99番(天久新都心線) - 琉球バス交通

脚注[編集]

  1. ^ 平成21年高校入学の生徒以降。
  2. ^ 1期5日間単位で6期開講される。
  3. ^ りんどう祭が開催されない年に行なわれる。
  4. ^ 平成22年度より新設の行事であるため、りんどう祭が開催されない年に行われる予定。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]