あの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あの
プロフィール
別名義 ano
愛称 あのちゃん
生年月日 9月4日
出身地 日本の旗 日本
公称サイズ(2017年[1]時点)
身長 165 cm
活動
デビュー 2013年
活動期間 2013年 -
備考 ゆるめるモ!
2013年 - 2019年
アイドル: テンプレート - カテゴリ

あの9月4日 - )は、日本の歌手モデル俳優タレントである。2013年から2019年まで女性アイドルグループゆるめるモ!に在籍(メンバーカラーは水色)。2020年よりano名義でソロとして、2021年よりバンドI’sのメンバーとして音楽活動をおこなっている。

来歴[編集]

デビューに至るまで( - 2013年)[編集]

ゆるめるモ!加入以前のあのは、周囲とうまく馴染めず、高校を入学直後に辞め、不登校引きこもり生活を送っていた[2]。学校以外の居場所を求め、スーパーマーケットのアルバイトをしていたこともあるが、レジ打ちは得意であったものの、接客は苦手であり、しばらくして辞めてしまった[3][2]

アイドルには興味がなくミュージシャンになるつもりもなかったが、Twitterのリツイートでゆるめるモ!のメンバー募集を見かけ、音楽が好きな人お笑いが好きな人と要項に記載されており、雰囲気がゆるそうで楽器の演奏もできそうだったことなどから、応募に踏み切ったと語っている[3][2]。応募後は面接に躊躇してプロデューサーからのメールをしばらく無視していたが、ライブに一度来てくれるだけでもいいなどと繰り返し誘われたことから、思い切ってライブ会場に足を運ぶことになった[3]。そこで見たライブが未完成なものであったこと、自分が求められる経験が初めてであったこと、他に今後やることがなかったことなどを理由に、なりゆきでゆるめるモ!加入することとなった[3][2]

ゆるめるモ!加入後(2013年 - 2019年)[編集]

  • 2013年9月21日[要出典]に、第3期生としてゆるめるモ!に加入[4]
  • 2019年3月、1st写真集『ANOther』を発売。
  • 2019年7月、ファッションブランドHATRAとのコラボ商品も発売。
  • 2019年9月30日、ゆるめるモ!を脱退[4]

ゆるめるモ!脱退後(2019年 - )[編集]

人物[編集]

  • 黒髪のボブヘアーがトレードマーク。
  • ライブ中にギターを演奏する。
  • 一人称は「ぼく」。
  • 好きな食べ物は、汁、エビグミポテトチップス
  • 好きな動物は、ねずみパンダ
  • 推しはサッカー選手の本田圭佑選手。
  • 「縷縷夢兎」「トーキョーヒロイン展」などのモデルを務める。
  • SNSのフォロワー数が多く、Twitterで47万人、Instagramで40万人、TikTokで19万人いる。
  • 動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」にて、サブスクチャンネル「あのちゃんち」を2021年4月より配信している[8]

作品[編集]

ソロ曲[編集]

  • ANOtherWORLD
  • たまご味のエビ
  • 紳士服の○○○
  • ミドリノイケ田イッポウ
  • あ、無の無
  • デリート
  • Peek a boo
  • SWEETSIDE SUICIDE
  • F Wonderful World
  • アパシー
  • 絶対小悪魔コーデ

楽曲参加[編集]

出演[編集]

バラエティ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ミュージックビデオ[編集]

ネット配信[編集]

CM[編集]

  • エースコック「スーパーカップMAX」転校生「笑福亭鶴瓶」編、ウェブコマーシャル100の衝撃編(2018年)
  • マンガUP!(2019年)

書籍[編集]

写真集[編集]

  • あの ファースト写真集 ANOther(集英社、2019年3月6日) ISBN 978-4087808629

雑誌特集[編集]

関連書籍[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 不定期出演。
  2. ^ 放送予定であったが緊急特番により放送されず、そのままお蔵入りとなった[13]
  3. ^ 初の冠番組。
  4. ^ ゲストとしてクイズ(実質大喜利)に珍解答を連発していたが、実際は同年10月20日に放送される『水曜日のダウンタウン』の企画「生放送の裏で色々やってましたSP」のもと、大喜利芸人たちによる「遠隔操作」に従って発したものである[14](『ラヴィット!』と『水曜日のダウンタウン』はTBSテレビ内の制作班〈コンテンツ制作局制作1部のバラエティ班〉も同じ、吉本興業制作協力も同じ)。

出典[編集]

  1. ^ ゆるめるモ!“あの”ちゃん、付き合ったら提供できるものに「変態系の…」と爆弾発言”. AbemaTIMES (2017年11月28日). 2019年2月8日閲覧。
  2. ^ a b c d リクルート 2019.
  3. ^ a b c d リクルート 2016.
  4. ^ a b ナタリー 2019.
  5. ^ CDJournal 2020.
  6. ^ ナタリー 2021b.
  7. ^ ナタリー 2021a.
  8. ^ 若い世代を中心に絶大な人気を誇る「あのちゃん」のサブスクチャンネル『あのちゃんち』が4月15日(木)20:00〜OPENRECにて開設決定!
  9. ^ 禁断の多数決ほうのき手がけた長編映像作品、主題歌にはモ!あの参加” (2015年10月1日). 2019年2月8日閲覧。
  10. ^ 大森靖子×逃猫ジュレ、新曲「ピンクメトセラ」MV公開”. 音楽ナタリー (2016年7月29日). 2019年2月8日閲覧。
  11. ^ TOWA TEIの「REM」MV公開、ゆるめるモ!あのがイルカやペガサスに囲まれて歌う”. 音楽ナタリー (2017年3月29日). 2017年3月29日閲覧。
  12. ^ 「ゴッドタン」アイドル企画に清 竜人25、バニビ、あの、小池美由ら”. 音楽ナタリー (2016年3月24日). 2019年2月8日閲覧。
  13. ^ 吉田光雄(吉田豪) [@WORLDJAPAN] (2016年6月28日). "【重要】6月29日に放送予定だった『吉田豪とハミダシ女』最終回(ゲスト/ゆるめるモ!あの)ですが、緊急特番が入ったためにTOKYO MXでの放送が不可能になりました! 本当にすいません! でも、お蔵入りにだけはしたくないので何らかの形で公開できるようにいろいろと頑張ってみます。" (ツイート). Twitterより2019年2月8日閲覧
  14. ^ “「ラヴィット!」あのちゃん珍回答の黒幕は「水ダウ」 麒麟・川島も困惑”. デイリースポーツ (神戸新聞社). (2021年10月14日). https://www.daily.co.jp/gossip/2021/10/14/0014759412.shtml 2021年10月15日閲覧。 
  15. ^ 「マジで航海してます。」続編に伊藤ゆみ、中尾暢樹、あの、矢島健一ら出演”. 映画ナタリー (2018年7月12日). 2019年2月8日閲覧。
  16. ^ ドラマ「ゆうたの」に宮野真守、筧美和子、ゆうたろう、あの、稲葉友、芦名星が出演”. 映画ナタリー (2018年12月19日). 2019年2月8日閲覧。
  17. ^ ゆるめるモ!あの主演、ボイメン田中俊介出演映画「シェアハウス」DVD化”. 音楽ナタリー (2016年12月20日). 2019年2月8日閲覧。
  18. ^ 浅川梨奈VSゆるめるモ!あの「血まみれスケバンチェーンソーRED」特報公開”. 音楽ナタリー (2019年1月30日). 2019年2月8日閲覧。
  19. ^ グッバイフジヤマ、ゆるめるモ!あの出演「はっぴいえんど」MV公開”. 音楽ナタリー (2015年8月24日). 2019年2月8日閲覧。
  20. ^ グッバイフジヤマ新曲「ダーリン!」MVにゆるめるモ!あの再び、レコ発ツアー決定”. 音楽ナタリー (2017年12月5日). 2019年2月8日閲覧。
  21. ^ LLLLの新作MVにゆるめるモ!あの出演”. 音楽ナタリー (2015年12月19日). 2019年2月8日閲覧。
  22. ^ Inc, Natasha. “あの、過激なニュースに迫るネット番組出演「ぼくのヤバイ裏側をぜひ見てください!」(コメントあり)” (日本語). 音楽ナタリー. 2019年10月29日閲覧。
  23. ^ ゆるめるモ!あの、初写真集アザーカット公開 モデル・女優でも活躍する新世代美女”. ORICON NEWS (2019年2月4日). 2019年2月8日閲覧。

参考資料[編集]

インタビュー
その他

外部リンク[編集]