SUImin CIty DEstroyer

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
SUImin CIty DEstroyer
ゆるめるモ!スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ニューウェーブ
ダブステップ
アンビエント
レーベル You'll Records
チャート最高順位
ゆるめるモ! アルバム 年表
Unforgettable Final Odyssey
(2014年)
SUImin CIty DEstroyer
(2014年)
YOU ARE THE WORLD(2015年)
ミュージックビデオ
眠たいCITY vs 読書日記 - YouTube
テンプレートを表示

SUImin CIty DEstroyer』(スイミンシティデストロイヤー)は、2014年12月31日You'll Recordsよりリリースされるゆるめるモ!の通算4枚目のミニアルバム[3]。通称は「スーサイド」。

概要[編集]

グループとして2014年内にリリースする4枚目のアルバムなる。

今作でnhhmbaseのマモル(vo、gt、key)が初の楽曲提供を行った[4]

収録楽曲の内、『眠たいCITY vs 読書日記』のミュージック・ビデオが制作されている。

アルバムのジャケットはアメリカのロックバンド・スーサイド のファーストアルバム『スーサイド』のオマージュである[4]

2014年12月23日に東京・原宿アストロホールで行われる【ゆるめるモ!けちょん生誕~俺たちのけちょん!一つ目祭~】にて先行販売が行われた[4]

本来はもう少し早くリリースする予定だったが、田家の「(病気療養中で活動を休止している)ゆみこーん抜きでレコーディングしたくない」との意向により見送られていた。しかしゆみこーんの体調が戻らず、治療に専念するため同年12月17日に卒業。結果として本作が6人体制の最初の作品となった。

収録曲[編集]

  1. 眠たいCITY vs 読書日記
    • 作詞:小林愛 作曲・編曲:マモル(nhhmbase)
    スーサイドの楽曲「Rocket USA」に一瞬登場するフレーズを繰り返し用いている。
    歌詞について、当初は違うテーマの楽曲であったが、作詞を手掛ける小林から「この曲でそのテーマは書けない」と新たに提案されたテーマで書かれたものであるという。
  2. 波がない日
    • 作詞:小林愛 作曲・編曲:大星徹
    ダブステップを取り入れた楽曲。メンバーの名前(捩ったものも含む)らしきフレーズが歌詞に盛り込まれており、中にはゆいざらす、ゆみこーんを指すと思われるフレーズも存在する。
  3. メルヘン
    • 作詞:小林愛 作曲・編曲:マモル(nhhmbase)
    アイドルを歌った歌詞となっている。
  4. NNN
    • 作詞:小林愛 作曲・編曲:ハシダカズマ
    箱庭の室内楽によるセルフカバーバージョンも存在する。
    ゆるめるモ!初主演映画「女の子よ死体と踊れ」およびその主題歌「人間は少し不真面目」のMVではメンバーがこの楽曲の振付を踊っているシーンがある。撮影当時は楽曲も振付もできていなかったため、演出のイメージに近いこの楽曲の振付をもねが提案し、それが採用された。
    • 読みは「んんん」。
  5. 眠たいCITY vs 読書日記 (Instrumental)
  6. 波がない日 (Instrumental)
  7. メルヘン (Instrumental)
  8. NNN (Instrumental)

規格品番[編集]

YLRC-008

脚注[編集]

  1. ^ 「Unforgettable Final Odyssey」 ゆるめるモ!”. オリコン芸能人事典-ORICON STYLE. 2015年1月12日閲覧。
  2. ^ oricon_indiesのツイート(555184555645091841). 2015年1月14日閲覧。
  3. ^ ゆるめるモ!ディスコグラフィ
  4. ^ a b c ゆるめるモ!、新作にnhhmbaseマモルが曲提供”. ナタリー (2014-12--5). 2014年12月5日閲覧。