さんま&所の大河バラエティ!超近現代史!人間は相変わらずアホか!?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さんま&所の大河バラエティ!
超近現代史!
人間は相変わらずアホか!?
ジャンル バラエティ番組 / 特別番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 福士睦(総合演出
監修 吉川圭三
プロデューサー 安岡喜郎(CP)
出演者 明石家さんま
所ジョージ
馬場典子(日本テレビアナウンサーほか
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
20年大河バラエティ!超近現代史!
さんま&所が解明!?人間は相変わらずアホか!?
放送時間 19:00 - 23:08(4時間8分)
放送期間 2007年4月30日(1回)
エンディング ウイリアム・テル序曲
外部リンク 公式サイト
さんま&所の大河バラエティ!超超近現代史!
人間は相変わらずアホか!?
放送時間 19:00 - 23:18(4時間18分)
放送期間 2010年3月30日(2回)
さんま&所の大河バラエティ!超近現代史III
人間は相変わらずアホか!?
放送時間 19:00 - 21:54(2時間54分)
放送期間 2011年2月22日(3回)
大河バラエティ!超近現代史4
人間は相変わらずアホか!?
放送時間 18:57 - 21:54(2時間57分)
放送期間 2012年10月9日(4回)

特記事項:
ナレーション江森浩子掛川裕彦杉本るみ広中雅志武田広真地勇志
テンプレートを表示

さんま&所の大河バラエティ!超近現代史!人間は相変わらずアホか!?』(さんまアンドところのたいがバラエティ ちょうきんげんだいし にんげんはあいかわらずアホか)とは、日本テレビ系列2007年から不定期に放送されている明石家さんま所ジョージ司会を務める冠番組であり、バラエティ特別番組である。ステレオ放送文字多重放送を実施している。

概要[編集]

バブル経済崩壊後から現在までを『超近現代史』と名付け、政治・経済・文化・科学・人物・風俗・言語・ブーム・ファッション・音楽などあらゆる面から振り返る。明石家さんまと所ジョージが共演する特別番組はかつて同局で放送されていた『さんま・所のオシャベリの殿堂』以来となる(『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』の年末特番を除く)。第2回は前回放送からの3年間を『超超近現代史』と名付け、同じくあらゆる面から振り返る。第3回・第4回は第二次世界大戦後から現在の日本を様々な角度から振り返る。

第1回[編集]

回数 放送日時 番組名 視聴率
第1回 2007年4月30日19:00 - 23:08 『20年大河バラエティ!超近現代史!さんま&所が解明!?人間は相変わらずアホか?』 18.0%

進行[編集]

特別ゲスト[編集]

ゲスト[編集]

コメンテーター[編集]

スタッフ[編集]

  • 構成:大岩賞介町山広美そーたに都築浩池田一之、富樫佳織、遠藤絋司
  • TM:江村多加司
  • SW:高梨正利
  • CAM:山田祐一
  • MIX:大島康彦
  • AUD:中村宏美
  • VE:杉本裕治
  • 照明:高橋明宏
  • モニター:本木満
  • 美術プロデューサー:高津光一郎
  • デザイン:道勧英樹
  • 美術協力:日テレアート
  • 大道具:岩田有立
  • オブジェ:中里昭博
  • 電飾:柏木淳
  • 持道具:吉田美樹
  • 衣裳:村上絋美
  • メイク:戸山奈津子
  • 編集:IMAGICA、寺内太郎
  • MA:小笠原恭司
  • 音効:黒澤隆昌・村松聡(佳夢音
  • タイトル:守屋健太郎
  • 映像協力:国立国会図書館アフロPPS通信社読売新聞社朝日新聞社中日新聞毎日新聞社日経エンタテインメント!讀賣テレビ放送
  • リサーチ:フォーミュレーション、フリード、フルタイム
  • デスク:田口美和子、若松七恵、上松千花
  • TK:南田めぐみ、木下渚
  • 広報:立柗典子
  • 編成:鯉渕友康、土谷幸弘
  • 営業:佐藤俊之
  • AD:原健吾、鍋田拓朗、貝瀬芳和、中津川健次郎
  • AP:竹下美佐、岩田裕美、中田敦子、佐野優子
  • 制作協力:日企創輝AX-ON
  • ディレクター:田辺繁郎、原八仁、有村伸一郎、佐藤友美、杉本ルリ子、山浦克洋、滝田朋之、佐谷直子、大原正也、村上剛、鈴木潤一郎、井上芳朗、小林淳一、浦川智之、村井伸一、牛込剛、岡本光浩
  • 演出:倉田忠明、笠間崇、住吉真知子、加納成人
  • 総合演出:福士睦
  • プロデューサー:面高直子、東山将之/宇佐美友教、江尻直孝、小川潔、正森和郎
  • チーフプロデューサー:吉川圭三
  • 製作著作:日本テレビ

第2回[編集]

回数 放送日時 番組名 視聴率
第2回 2010年3月30日19:00 - 23:18 『さんま&所の大河バラエティ!超超近現代史!人間は相変わらずアホか!?』 14.1%

進行[編集]

特別ゲスト[編集]

ゲスト[編集]

コメンテーター[編集]

スタッフ[編集]

  • 構成:大岩賞介町山広美そーたに都築浩池田一之、富樫佳織
  • TM:江村多加司
  • SW:三井隆裕
  • CAM:山田祐一
  • MIX:大島康彦、中村宏美
  • VE:佐久間治雄、鈴木昭博
  • 照明:内藤晋
  • 美術プロデューサー:高津光一郎
  • デザイン:道勧英樹
  • 美術協力:日テレアート
  • 装置:小笠原憲仁
  • 電飾:稲葉光宣、丹野順哉
  • 装飾:高橋吉彦
  • 花飾:藤崎華代
  • 衣裳:宮田薫
  • メイク:土屋裕子
  • 技術協力:NiTRoヌーベルバーグ
  • ENG:Zeta
  • 編集:IMAGICA
  • MA:小笠原恭司
  • 音効:黒澤隆昌・村松聡(佳夢音
  • モニター:ジャパンテレビ
  • CG:幻生社
  • タイトル:守屋健太郎
  • 映像協力:ITNソース/ロイター、Crackshots/CORBIS/amanaimages、アフロ、くらコーポレーション、グローバルエージェンツ
  • リサーチ:フォーミュレーション、フリード、ビスポ
  • デスク:田口美和子
  • TK:坂本幸子
  • 広報:河本香織
  • 編成:鯉渕友康、土谷幸弘
  • 営業:佐藤俊之
  • AD:藤井良紀、雨宮依津好、富山俊一、曽我翔、両口奈穂、近藤新也
  • AP:木村優子、岡里有佑子、江原里実
  • フロアディレクター:元木美和、森田隆行、大石正通
  • ディレクター:東海林大介、佐藤友美、杉本ルリ子、田辺繁郎、小林淳一、浦川智之、佐谷直子、鈴嶋直子、村上剛、米田浩平、平川大輔
  • 演出:倉田忠明、加藤宏実/奥村竜、滝田朋之
  • プロデューサー:遠藤正累、毛利忍、矢澤真/宇佐美友教、竹下美佐、阿河朋子、小川潔、大澤裕二
  • 総合演出:福士睦
  • チーフプロデューサー:安岡喜郎
  • エグゼグティブプロデューサー:吉川圭三
  • 制作協力:日企えすと創輝AX-ON
  • 製作著作:日本テレビ

第3回[編集]

回数 放送日時 番組名 視聴率
第3回 2011年2月22日19:00 - 21:54 『大河バラエティ!超近現代史III 人間は相変わらずアホか?』 14.8%

進行[編集]

ゲスト[編集]

コメンテーター[編集]

スタッフ[編集]

  • 構成:大岩賞介町山広美そーたに都築浩池田一之岩佐真吾
  • TM:江村多加司
  • SW:三井隆裕
  • CAM:津野祐一
  • MIX:三石敏生
  • VE:山口孝志
  • 照明:内藤晋
  • 美術プロデューサー:高津光一郎
  • デザイン:道勧英樹
  • 美術協力:日テレアート
  • 装置:才原裕二
  • 電飾:稲葉光宣
  • 装飾:竹内秀和
  • 衣裳:中島宏人
  • メイク:小島梨香
  • 技術協力:NiTRoヌーベルバーグ
  • ENG:ヴィ・ビジョンスタジオ
  • 編集:IMAGICA
  • MA:西尾綾子
  • 音効:黒澤隆昌・村松聡(佳夢音
  • モニター:ジャパンテレビ
  • CG:幻生社
  • タイトル:守屋健太郎
  • 協力:オハラ探偵事務所、ベースボール・マガジン社、アフロ
  • リサーチ:フォーミュレーション、フリード、ビスポ
  • デスク:田口美和子
  • TK:坂本幸子
  • 広報:河本香織
  • 編成:稲垣眞一
  • 営業:佐藤俊之
  • AD:小倉卓、高橋雅樹、日下潤、梅澤将
  • AP:佐藤友美、朝倉康晴、木村優子
  • フロアディレクター:元木秀和、大石正通
  • ディレクター:大野聰介、廣瀬由紀子、木村光一、田辺繁郎、清田知宏、森田隆行、恵面亮介、小林淳一、村井伸一
  • 演出:倉田忠明、加藤宏実
  • プロデューサー:納富隆治、矢澤真/河野直樹、阿河朋子、江尻直孝、竹下美佐
  • 総合演出:福士睦
  • チーフプロデューサー:安岡喜郎
  • エグゼグティブプロデューサー:吉川圭三
  • 制作協力:日企えすと
  • 製作著作:日本テレビ

第4回[編集]

回数 放送日時 番組名 視聴率
第4回 2012年10月9日19:00[1] - 21:54 『大河バラエティ!超近現代史4 人間は相変わらずアホか!?』 10.8%

進行[編集]

ゲスト[編集]

コメンテーター[編集]

スタッフ[編集]

  • 構成:大岩賞介/岩佐真吾、町山広美池田一之そーたに都築浩
  • ナレーション:井上和彦
  • TM:江村多加司
  • SW:三井隆裕
  • CAM:山田祐一
  • MIX:池田正義
  • VE:石山実、芽野温子
  • 照明:小川勉
  • 美術プロデューサー:高津光一郎
  • デザイン:道勧英樹
  • 美術協力:日テレアート
  • 装置:小笠原憲仁
  • 電飾:政岡悠一郎
  • 装飾:伊沢英樹
  • メイク:土屋裕子
  • 技術協力:NiTROヌーベルバーグ
  • 編集:小嶺浩一、鶴了道(ヌーベルバーグ)
  • MA:横山圭美(ヌーベルバーグ)
  • 音効:黒澤隆昌、村松聡(佳夢音
  • モニター:ジャパンテレビ
  • CG:DRAGON POOH、ぴーたん
  • アニメ:森三平
  • タイトル:守屋健太郎
  • 協力:株式会社シンクロ・フード、有限会社ランドマークス、株式会社福島発篠製作所、株式会社CJプライムショッピング、株式会社サボックス 逆立ち健康法普及会、株式会社スターサークル、e-Chance、アフロ、株式会社ファイティングロード
  • リサーチ:フォーミュレーションフリード、リベラス
  • デスク:田口美和子
  • TK:坂本幸子
  • 広報:明比雪
  • 編成:下田明宏、鈴木淳一
  • 営業:東井文太
  • AD:山口絵梨香、日下潤、米山龍登、池一恵、成毛由希、西脇由加、梅澤将、芦田唯一
  • フロアディレクター:森田隆行、大石正通
  • AP:岩田裕美
  • ディレクター:木村光一、小林淳一、田辺繁郎、東海林大介、恵面亮介、曽我翔
  • 演出:加藤宏実、奥村竜
  • プロデューサー:遠藤正累/宇佐美友教、阿河朋子、竹下美佐、木村優子
  • 総合演出:福士睦
  • チーフプロデューサー:安岡喜郎
  • 監修:吉川圭三
  • 制作協力:日企えすと
  • 製作著作:日本テレビ

ナレーション[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本テレビに限り、18:57 - 19:00に直前番組『超近現代史4いよいよ開幕!』を放送。

外部リンク[編集]