鈴木裕之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
すずきひろゆき
鈴木裕之(ヨーヨーパフォーマー)
生誕 (1989-06-23) 1989年6月23日(29歳)
日本の旗 日本愛知県
職業 ヨーヨーパフォーマー
ヨーヨーコンテスタント
ヨーヨーブランド経営

鈴木 裕之(すずき ひろゆき、1989年6月23日 - )は、日本のヨーヨーパフォーマー、ヨーヨーコンテスタント。現在、競技ヨーヨーの世界では最も競技人口が多いとされる1A部門で国内外問わず数々の主要な大会で優勝した実績を持ち、また独特かつ魅了的なプレイスタイルやパフォーマンス性などからヨーヨープレイヤー間での人気はもちろん、それ以外での人気も高い。それらの理由からヨーヨーの達人としてメディアに出演してヨーヨーのパフォーマンスを行う姿もしばしば見られる。また、アメリカのYoYoJam社から自身がデザインしたヨーヨーも発売されており、ヨーヨーでのギネス記録保持者でもある。現在は自身の立ち上げたヨーヨーブランドを経営している。

経歴[編集]

愛知県出身。元々はヨーヨーだけでなく縄跳びもやっていたが、妹の鈴木めぐみに縄跳びで完敗した為、ヨーヨーに専念することを決意した(後にめぐみは縄跳びでギネス記録を達成している)。2001年の自身初参加となる世界大会ではミッキーマウスマーチをBGMに演技を行ったことから、主に海外のファンからはミッキー(Mickey)と呼ばれることが多い。

2002年、中学1年で挑んだ世界大会で2位に入賞した事を機に米大手ヨーヨーメーカーのYoYoJam社とスポンサー契約をする。翌年には全国大会、アジア大会それぞれ初優勝を果たす。2004年は世界大会初優勝、アジア大会、全国大会両者では連覇を達成する。

愛知県立西尾高等学校[1]時代にもヨーヨーを続け、2005年の全国大会は2位に終わったもののこの年の世界大会では再び1A部門で優勝。この年の世界大会の演技はアメリカ最大の動画共有サービスであるYouTubeに、「Yo-yo God」というタイトルで投稿されており再生回数が440万を突破し、同サイト内の数多くあるヨーヨーのフリースタイルの動画の中では最も多い再生回数とされる。

ヨーヨーのパフォーマンスで愛知淑徳大学一芸入試で合格している。[2]大学では英語を専攻していた。

英語や中国語など、語学は堪能。世界大会に毎年出場していたことも、一因かと思われる。

現在、世界大会1A部門4度の優勝をはじめ、アジア大会7度、全国大会6度の優勝といった前人未到の記録を次々と打ち出している。また、2004年から現在に至るまで様々な国や地域(香港台湾中国メキシコシンガポールマレーシアニュージーランドオーストラリアドイツアメリカ等)のヨーヨーの大会でパフォーマンスを行ったり、審査員を務めたりしている。

また競技ヨーヨーブランド「sOMEThING」、新ブランド「FRESHTHINGS」の経営に力を入れている。

エピソード[編集]

  • 自宅には中学生の時点で700個以上、現在は約2000個[3]のヨーヨーがある。
  • イーライ・ホップ(ヨーヨーを跳ね上げる技)を30秒間に何回行えるか、というギネス記録で2007年に中国のテレビ番組で62回という当時世界最高の記録を出したが、2009年に71回を日本のテレビ番組出演中に出し自己記録を大きく更新した[3]。71回のギネス記録を出した時に使用したヨーヨーは自身のシグネチャ・モデルであるPHENOMであると自身のブログで明かしている[4]
  • m-floのVERBALを尊敬する人にあげており、2010年のアジア大会と全国大会では競技中のBGMに、m-floが自身の楽曲を鈴木裕之のフリースタイル用に編集した「Sound Boy Thriller yoyo Edit」を使用し、両大会とも見事に優勝した[5]
  • 2012年の世界大会では、m-flo (Taku Takahashi)からプレゼントされたオリジナル楽曲 「YoYo Drumstep」を競技中のBGMに使用し、見事優勝した。

主な戦績[編集]

1A部門[編集]

大会/年 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012
世界大会 9 2 3 1 1 1 2 2 2 2 4 1
アジア大会 1 1 1 1 1 1 3 1
JYYF全国大会 1 1 1 2 1
JYCC全国大会 1 1 2
UTYJ全国大会 3
JYYA全国大会 3
JYYF中部地区大会 1 2 1 1 1 1
JYCC西日本地区大会 1 1
JYCC中部地区大会 1
UTYJ名古屋地区大会 2 1

2A部門[編集]

大会/年 2003
アジア大会 2

4A部門[編集]

大会/年 2004 2005 2006
アジア大会 4 5 5

鈴木裕之シグネチャ・モデルのヨーヨー[編集]

鈴木裕之によるシグネチャ・モデルのヨーヨーは以下の8種類が現在発売されている。

  • YoYoJam社 Speeder(2003年12月発売)
  • YoYoJam社 SpeedMaker(2004年6月発売)
  • YoYoJam社 TRipLe JaM(2006年8月発売)
  • YoYoJam社 meteor(2009年8月発売)
  • YoYoJam社 PHENOM(2010年6月発売)
  • YoYoJam社 PHENOMizm(2010年8月発売)
  • YoYoJam社 Speeder 2(2011年6月発売)
  • YoYoJam社 CHASER(2011年11月発売)

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『中日新聞 CHUNICHI Web』、2007年11月06日、来月にヨーヨーアジア大会、狙うは初のV5 愛知・西尾の高3、鈴木さん
  2. ^ 2008年2月10日放送テレビ東京「ハロモニ@」
  3. ^ a b 2009年12月19日放送中京テレビ「幸せの黄色い仔犬」
  4. ^ HiroyukiSuzuki Official Blog!!2010-02-07 12:51:19
  5. ^ HiroyukiSuzuki Official Blog!!2010-03-30 14:09:29

外部リンク[編集]