仰天!くらべるトラベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
仰天!くらべるトラベル
ジャンル クイズ番組
放送時間 木曜 19:30 - 20:00(30分)
放送期間 1991年4月11日 - 1991年9月26日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 竹島達修
監修 田村隆
プロデューサー 林豊
小松原登
出演者 福留功男
所ジョージ
中村あずさ
田代まさし
ナレーター 小宮孝泰
有村かおり
エンディング 「夢元気!?」(森川由加里
テンプレートを表示

仰天!くらべるトラベル』(ぎょうてん くらべるトラベル)は、1991年4月11日から同年9月26日までTBS系列局で放送されていたTBS製作のクイズ番組である。サンスターの一社提供。放送時間は毎週木曜 19:30 - 20:00 (日本標準時)。

概要[編集]

リポーターが世界各国を旅し、現地にある「モノ」をクイズ形式で紹介していた番組。司会は、日本テレビを退社してフリーに転じた直後の福留功男が務めていた。

出演者[編集]

司会[編集]

  • 福留功男 - 「ゲームマスター」と呼ばれていた。

レギュラー解答者[編集]

ナレーター[編集]

ルール[編集]

番組は「STAGE 1」から「STAGE 4」までの全4ステージで構成。「STAGE 1」「STAGE 2」は1問あたり200点。前期には、「STAGE 3」でVTR早押し問題(1000点ある得点が時間が経過するごとに100点ずつ下がっていく)を、「STAGE 4」では正解すると得点が倍々に上がっていくA・B二択問題「ダブルアタック」を出していた。後期には出題順を変更し、それまで「STAGE 3」で出していたVTR早押し問題を「STAGE 4」で出すようになった。

得点が1000点を超えた解答者にはゴールド賞(副賞)として海外旅行が贈られた。これは視聴者プレゼントにもなっていた。ゴールド賞は放送第1回で早くも出ており、この回で1800点を獲得した田代まさしがニューヨーク旅行を獲得した。田代は第1回のみならず、番組を通して最多でゴールド賞を獲得している。ゴールド賞の行き先は、最終回に近づくにつれて日本に近い場所へと変更されていった。

スタッフ[編集]

  • 監修:田村隆
  • 構成:原すすむ、木崎徹
  • 音楽:たかしまあきひこ
  • 技術:佐藤秀輔
  • カラー調整:中村孝雄
  • カメラ:阿部智昭
  • 音声:高林徹
  • 照明:松村劦
  • 美術デザイン:加藤昌男
  • 美術制作:金野寿雄、佐野雅次
  • 音響効果:若林宏夫、小堀博孝
  • 取材技術:PEC
  • VTR編集:木野内幸浩(TBS-V
  • MAV:河村茂治
  • TK:西岡八生子
  • スタイリスト:石毛留美
  • 海外コーディネート:細川邦博
  • 海外ロケ:前田賢一
  • 国内ロケ:又平和己、伊坪弘
  • 演出:竹島達修
  • アシスタントプロデューサー:栗林堅太郎(NCV)
  • プロデューサー:林豊 / 小松原登(NCV)
  • 制作:宮田吉雄、鈴木宏美
  • 制作協力:NCV
  • 製作著作:TBS

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・放送時間 遅れ 備考
関東広域圏 東京放送(TBS) TBS系列 木曜 19時30分 - 20時00分 同時ネット 製作局
現・TBSテレビ
北海道 北海道放送(HBC)
青森県 青森テレビ(ATV)
岩手県 IBC岩手放送(IBC)
宮城県 東北放送(TBC)
山形県 テレビユー山形(TUY)
福島県 テレビユー福島(TUF)
山梨県 テレビ山梨(UTY)
新潟県 新潟放送(BSN)
長野県 信越放送(SBC)
静岡県 静岡放送(SBS)
富山県 チューリップテレビ(TUT)
石川県 北陸放送(MRO)
中京広域圏 中部日本放送(CBC) 現・CBCテレビ
近畿広域圏 毎日放送(MBS)
鳥取県・島根県 山陰放送(BSS)
岡山県・香川県 山陽放送(RSK)
広島県 中国放送(RCC)
山口県 テレビ山口(tys)
高知県 テレビ高知(KUTV)
福岡県 RKB毎日放送(RKB)
長崎県 長崎放送(NBC)
熊本県 熊本放送(RKK)
大分県 大分放送(OBS)
宮崎県 宮崎放送(MRT)
鹿児島県 南日本放送(MBC)
沖縄県 琉球放送(RBC)
愛媛県 南海放送(RNB) 日本テレビ系列 日曜 12時00分 - 12時30分 3日遅れ

備考[編集]

  • スタジオセットは、前期にはゲームマスターの福留を中央にして解答者たちが2枠ずつ座るという構成だったが、後期には福留がセットの端へ移動し、解答者席が連続で4枠並ぶ形に変わった。
  • 解答をする際の筆記具にはライトペンを使用していた。
  • エンディングテーマは森川由加里の「夢元気!?」。
  • 前期の頃のある回で[いつ?]、「STAGE 3」を終了した時点でゲスト解答者の得点が0点だった。このままではゲストは「STAGE 4」の「ダブルアタック」を何問正解しても0点のままになってしまうため、福留はゲストに無条件で得点を少し与えるようレギュラー解答者に同意を求めたが、所と田代が猛反対した。協議の末、ゲストに得点を70点与えてから「STAGE 4」を始めた。
TBS系列 木曜19:30枠
(本番組までサンスター一社提供枠)
前番組 番組名 次番組
クイズ日本昔がおもしろい
(1988年4月7日 - 1991年3月28日)
仰天!くらべるトラベル
(1991年4月11日 - 1991年9月26日)
そんなコロッケな!?
(1991年10月17日 - 1991年12月19日)