木崎徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

木崎 徹(きざき とおる、1954年11月6日 - )は、東京都千代田区神田出身の放送作家音楽プロデューサー。別名:苦楽健人。従兄弟は音楽プロデューサーの木崎賢治

人物[編集]

大学生の頃、ザ・ワイルドワンズのマネージャーを務め、日本テレビの「11PM」などのADも担当する。その後は放送作家で活躍し、フジテレビの「夜のヒットスタジオ」では、他の音楽番組では出演しないロック系アーティストを出演させるなどして、伸び悩んでいた視聴率を回復させるようになった[1]

主な作家構成・プロデュース[編集]

テレビ番組
その他
  • 60 CANDLES - 加山雄三の60歳の誕生日を記念して制作されたトリビュート・アルバムのプロデュースを担当。
  • Mr.No1se - モノマネタレント。芸名を名付ける。
  • スーパーマン - ケムコより1987年に発売されたファミコンソフト。当時の広告ではシナリオ担当と表記。EDではSpecial Thanksとしてクレジットに登場する。
  • バブルガム・ブラザーズ - 結成時から関与している。
  • ディズニー・トリビュートアルバム We Love Mickey〜ハッピー70th アニバーサリー(1998年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ https://www.musicman.co.jp/interview/19542 MUSICMAN-NET「Musicman`s RELAY 第60回木崎徹氏『夜のヒットスタジオ』の復活劇」より(2021年8月28日閲覧)。