伊奈かっぺい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いな かっぺい
伊奈 かっぺい
生誕 (1947-04-16) 1947年4月16日(70歳)
青森県弘前市
出身校 青森短期大学
職業 マルチタレント
配偶者 あり
子供 4人

伊奈 かっぺい(いな かっぺい、本名:佐藤 元伸〔さとう もとのぶ〕、1947年4月16日 - )は、日本のマルチタレントである(ラジオパーソナリティ、ラジオ・CMディレクター詩人イラストレーターシンガーソングライターなど)。有限会社おふぃす・ぐう所属。

人物[編集]

東北地方を中心に幅広いタレント活動・創作活動を行っている。かつては会社員として青森放送に勤務しており、報道制作局付副参事で退職した(アナウンサー職に就いたことはない)。なお、青森放送在籍時からキー局である日本テレビ系列以外の番組にもタレントとして出演していた。

「北の伊奈かっぺい、南のばってん荒川」と言われるローカルタレントであるが、1980年代には大手芸能プロダクション「ホリプロ」にタレント活動のマネジメントを依託し、東京で制作する全国ネットのテレビ番組に多数出演した時期があり、全国的な知名度も有する。

略歴[編集]

青森県弘前市出身。青森県立弘前南高等学校(一期生)、青森短期大学商経科卒。

演劇を志しNHK放送劇団に入る。

短大卒業後、弘前市の陸奥新報社に入社。しかし、夜勤があり、タレント・創作活動が難しくなるという理由で入社当日に辞職する。1968年青森放送に履歴書をレタリング文字で書き応募したのが目にとまり入社。美術部に10年、CM部に3年、ラジオ制作部に10年、以降定年まで無所属だった。上司も部下もいなかったため、局内では「放牧社員」と綽名されていた[1]。数多くの番組を手がける一方、1974年に処女詩集「消しゴムで書いた落書き」を発表。ほぼ同時期に歌手・ラジオパーソナリティとしても活動を開始。東北一帯にその名が知られるようになった。

37歳の時、青森市の委託で「ひとり暮らしの青年を見舞うボランティア」[2]を行っていた女性と結婚。本人曰く、「お寂しくないですか?」と訪問されたため、「寂しいんだよ~」と云って、そのまま押し倒したとのこと。そして、結婚式の際に司会を務めた当時の青森放送某アナウンサーから「新郎妊婦の入場です」といわれてしまい、いわゆる「できちゃった結婚」をばらされてしまった。

4児の父であり、子供にはよだれかけのマークに書かれている「?」(クエスチョンマーク)と「!」(エクスクラメーションマーク)、「?!」、「!?!」に相当する名前を付けている。過去に1994年4月1日放送の「金曜ワイドあおもり」(旅の空から絵だより展を紹介)と1996年5月31日放送の「RAB特集」で4人の子供の実名が公表されている。又、この「RAB特集」では、伊奈かっぺいの家族全員がテレビ出演していた。尚、現在でも4月1日前後のRABニュースレーダーなどで「絵だより展」のニュースが放送されており、絵を通してだが、現在の様子を見る事ができる。

ディレクターとしては、ACC賞、民放祭などで数多くの賞を受賞している。

東京の渋谷ジァン・ジァンで定期的に行われていた恒例の津軽弁トークコンサートは、同劇場が1999年に閉館となったため終了となったが、ジァン・ジァンでは同郷の矢野顕子、そして古舘伊知郎らと並ぶ人気を誇った。

当初2002年4月16日青森放送の定年を迎える予定で、本人いわく「社員の女性からの取ってつけたような花束を受け取って」去るはずだった。しかし、この直近に青森放送が55歳定年制を60歳定年制に変更してしまったことから、予定が5年延びてしまった。このため2007年4月16日までは社員として居座ることになったと本人は語っている。

2003年11月に小脳梗塞を患い一時レギュラー番組を離れるが、重篤な症状ではなく1ヵ月後には復帰を果たす。しかし、この影響で毎年行われていたRABラジオ・チャリティー・ミュージックソンのプレイベント「伊奈かっぺいとおかしな仲間」が初めて中止となり、以後も体調を考慮し行われていない。

津軽弁を愛する根っからの津軽衆。「津軽弁の日やるべし会」の代表者の一人でもある。

2007年4月下旬以降、各地で「無藝(定年)退職」と題したコンサートークなど幅広く活動。

13日の金曜日[編集]

13日の金曜日にはいつも「だびよん劇場」でトークライブを開いていた。これは1970年代に「だびよん劇場」が開設されたときに当時としては珍しかったライブハウスで何かできることはないか…と考えたときに思いついた企画であるという。重ねて13日が金曜日である月は不規則で現れることから13日が金曜日のときに行うこととなった。第1回目の観客は伊奈の知り合い3人。その後口コミによって次第に観客が増え、会場が満杯になるようになった。

開始当初から2000年まで続けることを明言しており、実際に2000年最後の13日の金曜日である10月13日までこのトークライブを行った。伊奈かっぺい自身は、もともと「2000年まで続ける」というのはその時期まで頑張ろうという単なる目標として掲げており、2000年が過ぎても特にトークライブをやめるつもりはなかったようだが、ファンの人に「これで終りなんですね」と言われ、仕方ないからやめよう、ということになったという。なお、「牧さんが死のうが、私が死のうが続ける」という趣旨のことを述べていたら、1992年に「本当に牧さん(牧良介)が亡くなった」ため、どうしようか悩んでいたと述べていたことがある。

会場であった「だびよん劇場」は開設者の牧良介の死により閉館したが(そのときこのライブも一時中断された)、「シューだびよん」として後に復活。こちらも2005年3月末日に閉館した。

伊奈はしばらくの休養の後、13日の金曜日のトークライブを復活させ(日時、回数不明)、その模様を収めたライブCDも発売されている。尚、こちらも開催日不詳だが、だびよん劇場でのトークライブの模様は1996年5月31日放送の「RAB特集」で一部が放送された。

絵だより展[編集]

  1. おかしなコレクション『陶々おつむテン展』(1978年4月1日~4月4日)
  2. 永六輔&伊奈かっぺいジョイント 一鳥二石、三、四がなくて五拾壹番館『六輔七転八倒句読展+否!かっぺい窮店満展』(1981年10月22日~10月23日)
  3. 牧良介&伊奈かっぺいジョイント『散る人ぞ散る迷百展』-四季し指揮し色紙好き(1983年4月1日~4月5日)
  4. 佐藤公之&伊奈かっぺいジョイント『まじめ ふまじめ展』(1984年4月1日~4月3日)
  5. 竹内和彦&伊奈かっぺいジョイント『鉄づくり工芸品展』(1985年4月1日~4月2日)
  6. 色紙と陶器・かっぺいのギャラリーオーキション(1986年4月1日)
  7. 牧良介の文に伊奈かっぺいの絵を添えた色紙30展(1987年4月1日~4月5日)
  8. 伊奈かっぺいとRAB美術制作部の仲間たち展(1988年4月1日~4月4日)
  9. 伊奈かっぺいの消費税反対色紙展(1989年4月1日~4月4日)
  10. 伊奈かっぺいの絵だより展-便りがあるから元気な証拠-(1990年3月31日~4月3日)
  11. 伊奈かっぺいの今年の絵だより展-あなた変わりはないですか(1991年3月29日~4月2日)
  12. 伊奈かっぺいの今年の絵だより展-拝啓・元気です-(1992年3月30日~4月2日)
  13. 伊奈かっぺいの今年の絵だより展-拝啓・今年も往ったり来り-(1993年4月1日~4月6日)
  14. 伊奈かっぺいのVTRの旅(1993年5月1日~5月4日)
  15. 伊奈かっぺいの今年の絵だより展-旅の空から絵だより2000枚-(1994年3月31日~4月3日)
  16. 伊奈かっぺい今年の絵だより展-小馬鹿な親馬鹿・四月馬鹿-(1995年3月30日~4月3日)
  17. 伊奈かっぺいの今年の絵だより展-各駅停車の速達-(1996年3月30日~4月7日)
  18. '97伊奈かっぺいの今年の絵だより展(1997年3月29日~4月3日)
  19. '98伊奈かっぺいの今年の絵だより展(1998年4月1日~4月5日)
  20. 伊奈かっぺいの今年の絵だより展(1999年4月1日~4月5日)
  21. 伊奈かっぺいの今年の絵だより展-展々と重ね重ねて20年目-(2000年4月1日~4月4日)
  22. 伊奈かっぺいのエープリフール展-津軽塗の次郎さんとの出会い-(2001年3月31日~4月3日)
  23. 伊奈かっぺいの今年の絵だより展-山谷芳弘との往復絵だより-(2002年3月30日~4月2日)
  24. 伊奈かっぺいの今年の絵だより展-山谷芳弘とジョイントⅡ-(2002年3月28日~4月1日)
  25. 夏物語弟子・伊奈かっぺい半身版木展(2004年8月3日~8月8日)
  26. 伊奈かっぺい-彫れた彫れたおまえに彫れた・半身版木展-(2005年4月1日~4月5日)
  27. 伊奈かっぺいの今年の絵だより展-はがきはしがきたよりのしたがき-(2006年3月30日~4月4日)
  28. 伊奈かっぺいの今年の絵だより展-無藝(定年)退職-(2007年3月30日~4月3日)
  29. 伊奈かっぺいの今年の絵だより展-言葉の贅肉-(2008年3月29日~4月1日)
  30. 伊奈かっぺいの今年の絵だより展-無理は承知-(2009年4月3日~4月7日)
  31. フレーム切手発売記念-伊奈かっぺいの顔色の悪い金魚ねぶた色紙展-(2009年11月13日~11月17日)
  32. 伊奈かっぺいの今年の絵だより展-憎まれっ子、世にはばかり様-(2010年3月27日~4月1日)
  33. 伊奈かっぺいの今年の絵だより展-ラスト箪笥は私と-(2011年4月1日~4月5日)
  34. 伊奈かっぺいの今年の絵だより展-へそまがり-(2012年3月30日~4月1日)
  35. 伊奈かっぺいの今年の絵だより展-げんせん書け流し-(2013年3月30日~4月2日)
  36. 伊奈かっぺいの今年の絵だより展-(2014年3月28日~4月1日)
  37. 伊奈かっぺいの今年の絵だより展-(2015年4月1日~4月5日)
  • 会場である五拾壹番館ギャラリーは2011年12月に閉館したが、その後も絵だより展の期間中のみ臨時開館して開催を続けている。

おもな出演[編集]

現在[編集]

過去の出演[編集]

当時、「日テレ系土曜22時台の番組」は、クロスネット編成の為、RABでは通常当枠の番組をネットしなかったが、この番組は伊奈が出演の為、週遅れ(土曜日14時~)であったが放送された。
RABで同年6月2日16:00からの再放送放映後、キー局NTVで同年11月28日深夜(29日未明)3:15から、独立局TVK翌年1月5日15:00から、それぞれ放送された[3]
後日、BS朝日を通じて全国放送された。

映画[編集]

CM[編集]

スタッフとしての参加作品[編集]

ディスコグラフィ[編集]

オリジナルアルバム[編集]

  1. 消ゴムで書いた落書き(1977年6月1日)
  2. 夜汽車で翔んだ落書き(1978年8月25日)
  3. 遥かな友へ 落書きの下書き(1980年12月10日)
  4. 気がくらい マイ落書き~寒しがりやサンへのプレゼント~(1982年12月21日)
  5. ライブ晩 津軽 13日の金曜日 にぎやかなひとりごと(1985年11月21日)
  6. ライブ晩 津軽 13日の金曜日 にぎやかなひとりごと パァートッ2(1986年9月21日)
  7. DO!ライブ晩 にぎやかなひとりごと~札幌編~(1987年10月21日)
  8. ライブ晩 はなうたまじりのひとりごと(1988年11月11日)
  9. 伊奈かっぺい だびよん劇場(1989年12月12日)
  10. ライブ晩 ふるさと津軽(1990年12月12日)
  11. 13日の金曜日 青森でござい!(1991年12月1日)
  12. 伊奈かっぺい重誤年 あっちこっちでござい (1992年12月6日)
  13. みちのくだから愚痴-前後「笑」付き-(1993年12月12日)
  14. 杜の都 DE 伊奈かっぺい(1994年12月3日)
  15. ライブ晩 津軽 13日の金曜日 だびよん劇場 これくしょん(1)(1995年9月9日)
  16. ライブ晩 津軽 13日の金曜日 だびよん劇場 これくしょん(2)(1995年9月9日)
  17. 津軽 方言詩の流れの中で(1995年12月18日)
  18. ライブ晩 津軽 13日の金曜日 だびよん劇場 これくしょん(3)(1996年8月1日)
  19. ライブ晩 津軽 13日の金曜日 だびよん劇場 これくしょん(4)(1996年8月1日)
  20. 雪は天から人は地から-20年目の冬-(1996年12月1日)
  21. また来る冬の忘れ雪-20年目の春-(1997年11月21日)
  22. 晴れときどき歌-ところにより訛り-(1998年4月21日)
  23. 横浜アリーナ・ライブ~栄光への軌跡!?~(1998年12月1日)
  24. ほんとだってば!?(1998年12月1日)
  25. むかし話…。(2000年7月1日)
  26. 笑ってお別れ 十三日の金曜日(2001年3月31日)
  27. でったらだ消ゴム(2002年10月10日)
  28. ベスト盤 トークライブ にぎやかなひとりごと 第1集(2003年3月29日)
  29. ベスト盤 トークライブ にぎやかなひとりごと 第2集(2003年3月29日)
  30. へばだば~帰ってきた13日の金曜日~(2003年11月12日)
  31. 講演会ごっこ(2004年10月27日)
  32. わわ なな(2006年2月1日)
  33. 元祖 笑える方言詩 伊奈かっぺい(2007年4月11日)
  34. 笑う原稿用紙(2012年7月11日)
  35. 津軽から 金曜日への手紙(2014年3月5日)
  • 「気がくらい マイ落書き~寒しがりやサンへのプレゼント~」までは、発表当時はLPレコード・カセットテープのみの発売であった。(1997年5月10日CD版発売)
  • 上記4作品以降「にぎやかなひとりごと 札幌編」までは、発表当時はカセットテープのみの発売であった。(1997年7月19日CD版発売)
  • 「わわ なな」までのオリジナルアルバム30作(ベスト盤を除く)が2012年7月18日にロープライス版として一斉再発売された。

参加CD[編集]

  • 岩手弁「方言詩の世界〜番外みちのく編〜」(2008年7月23日)方言トークバトル(IBC岩手放送のイベントで収録)に参加
【岩手】菊池幸見 VS 【津軽】伊奈かっぺい、【岩手】菊池幸見 VS 【仙台】吉川団十郎 VS 【津軽】伊奈かっぺい

シングル[編集]

  • 雪やどり
  • みちのくふれ愛めぐり愛(「松原のぶえ・伊奈かっぺい」として)
  • ひとり旅 ひとり言

ビデオ作品[編集]

  1. 降りかえれば津軽(1993年7月21日)
  2. 爆笑! 爆釣! 青森のカレイ釣り大会(1996年10月19日)
  3. 冬から冬へ-コンサートーク in あおもり-(1999年5月1日)

主な著作[編集]

  1. 『消ゴムで書いた落書き』自費出版(1974年)
  2. 『落書きのつづき』自費出版(1977年)
  3. 『活字になった落書き』北の街社(1981年)
  4. 『落書き絵選詩』路上社(1982年)
  5. 『落書き集苦楽符』路上社(1984年)
  6. 『津軽だべッ!』KK.ベストセラーズ(1987年)
  7. 『原稿用紙そのまんま』北の街社(1987年)
  8. 『往ったり来たり』北の街社(1988年)
  9. 『復刻版消ゴムでかいた落書き』北の街社(1989年)
  10. 『復刻版落書きのつづき』北の街社(1989年)
  11. 『雪やどり』北の街社(1989年)
  12. 『青森でござい! その1』おふいす・ぐう(1991年)
  13. 『講演会ゴッコ』おふいす・ぐう(1992年)
  14. 『青森でござい! その2』おふいす・ぐう(1992年)
  15. 『あっちこっちでござい』おふいす・ぐう(1992年)
  16. 『落書きあれもこれも』おふいす・ぐう(1993年)
  17. 『津軽弁・違る弁』おふいす・ぐう(1994年)
  18. 『二足の草鞋奮戦録』おふいす・ぐう(1994年)
  19. 『短編小説集』おふいす・ぐう(1995年)
  20. 『講演会ゴッコ 第2部』おふいす・ぐう(1996年)
  21. 『雪は天から人は地から』おふいす・ぐう(1996年)
  22. 『講演会ゴッコ 第3部』おふいす・ぐう(1997年)
  23. 『平成・消ゴムでかいた落書き』おふいす・ぐう(1998年)
  24. 『かく(描)書く(かく)しかじか』おふいす・ぐう(1998年)
  25. 『旅の空 うわの空』おふいす・ぐう(2000年)
  26. 『小野正文&伊奈かっぺい対談集「太宰治之事」』おふいす・ぐう(2001年)
  27. 『でったらだ消ゴム』おふいす・ぐう(2002年)
  28. 『津軽弁・違る弁!(2002年版)』おふいす・ぐう(2002年)
  29. 『十五年と七か月』おふいす・ぐう (2002年)
  30. 『あれもうふふ これもうふふ-暮らしのなかの笑いさがし』草思社(2006年)
  31. 『げんせん書け流し』おふぃす・ぐう(2013年)
  32. 『言葉の贅肉 -今日も超饒舌(よげしゃべり)-』岩波書店(2015年)
  • 『二足の草鞋奮戦録』は本名の佐藤元伸名義での出版。
  • 『小野正文&伊奈かっぺい対談集「太宰治之事」』は高校時代の恩師との共著。

備考[編集]

  • かっぺいの両親は母が中1の時に、父が高3の時にそれぞれ亡くなっており、『「未成年者を一人にさせておく訳にいかないだろう」との理由で成人になるまでの2年間、先に結婚した姉(長女)の元で暮らしていた』と1996年4月22日東京都品川区五反田の「ゆうぽうと簡易保険ホール」で行われた講演で語っている。
  • 毎年4月1日(エイプリルフール)前後には地方で宿泊を伴う営業や他番組等の取材をした際にかっぺい自ら家族宛に出した葉書などを展示する「(旅の空から)絵だより展」を青森市の「五拾壱番館ギャラリー」で開催している。2012年の展示会の際は同館は既に閉館していたが、3日間だけ開館してもらい実現した。
  • かっぺいが出演するCMの絵コンテは、原則かっぺい自ら作成している(1996年5月31日放送のRAB特集より)。
  • NHK連続テレビ小説「チョッちゃん」に出演した際、津軽弁ではなく南部弁を話す設定の役であったため、若いスタッフに南部弁の「方言指導」を受けていた。
  • 「青森県に新幹線を通さない会」[4]を作ろうとしていたのはあまりにも有名な話。また、青森空港についても「まずほじない」(「恥さらし」の意)とため息をついている。「雨降ったてば欠航、雪降ったてば欠航、霧が出たってば欠航、なんも結構でない」と述べている(ただし、青森空港が霧の影響に弱いのは事実であった。現在は改善されている)。
  • 自らのビデオ作品の中で、筑紫哲也と対談しているシーンがあり、筑紫が「会社を辞めてタレントに専念したらどうか」と勧めているが、本人は、タレント業仕事で、会社(青森放送休息の場であり、会社を辞めると休息の場がなくなるのでこのような活動をしているという趣旨の内容を語っている。なお、このビデオ作品中には、「新郎妊婦の入場です」と失言したアナウンサー(当時)がステージ上に登場して、当時の話し方を再現している。
  • RABラジオの「良平のラジオにおいでよ!!」で、かっぺいの話になると何故か実名で紹介されず「I奈Kぺい(アイなケーぺい)さん」と称される。
  • 2003年のお年玉付郵便はがきで1等に当選し、賞品にノートパソコンを受け取った。その年賀状の差出人は歌手のさとう宗幸だった。
  • みちのく銀行との縁が深く、みちのく銀行のHP上にエッセイを掲載したり、ラジオ番組の発言でみちのく銀行が動くなどその相互影響は計り知れない。
  • トークでの「祝電」ネタ(ホテル青森で披露宴をあげる誰だか分からない夫婦宛に祝電を送るというもの。その際、冒頭で電話局に自分の番号らしき番号を伝えているというもの)では、テープ・CDの古い版にはかつての伊奈かっぺいの自宅ないし実家の電話番号(とにおわせる番号)がそのまま収録されていたが、現在発売されているものには(市外局番がないため、弘前市の実家か青森市の以前の自宅のいずれかといわれている。なお収録時の青森市の市外局番が0177だったため、青森市の自宅だった場合「xx局のxxxx」といっているのを「7xx-xxxx」と架けてしまえばそのまま繋がってしまうこともありうるため)、「ピー」で修正されている。尚、1996年5月31日放送の『RAB特集「笑いは天から降ってくる」』では、自らの子供宛に出した葉書に書かれた自宅の住所がはっきり放送されていた。
  • ある大物男性歌手とテレビ番組でトラブルとなり、それ以降その歌手の曲は自分の番組では絶対に放送しない。
  • 携帯電話を所有してはいるが、普段は自宅に置きっぱなしであるため、夫人が電話にでることもしばしばあると語っている。
  • 青森県での市町村合併が進まないのは、村から村にしか変わらないからだと主張している。元は、ネタとして以前語っていた、に「」がつく知事が3代続いていることから起因しているが(北村正哉木村守男三村申吾)、事実、津軽地方で合併協破綻による飛び地合併が目立ったこともあり(五所川原市の旧市浦村地域、外ヶ浜町の旧三厩村地域、中泊町の旧小泊村地域)、『本当に当たっているのでは?』という評論もある。
  • なお2006年に放送されたNHK「ホリデーインタビュー」では伊奈自ら出演しているRABラジオの番組の一部が放送され、奇しくもライバル局であるRABのラジオスタジオ[5]がNHKで放送されていた。なお、この放送では同時にアナウンサーの筋野裕子もNHKに映っていた。
  • 2007年4月19~21日に青森で開催される第93回日本消化器病学会総会(会長:弘前大学教授 棟方昭博)にて特別講演を行った。
  • 2007年4月16日青森放送定年退職(上述の理由で5年定年が延びていた)し、元フジテレビアナウンサー福元英恵(2008年1月を以って番組卒業)らと、ANN系列東日本放送にて、東北6県向けの情報番組「るくなす」を担当。これにより、青森県内ではRABのライバル局である青森朝日放送で伊奈かっぺいを見ることができた。
  • 定年退職以降、もう一つの民放局である青森テレビの番組には出演する機会が無かったが、2010年7月9日の「おしゃべりハウス」金曜日にゲストとして初出演。番組内で「全局制覇」を宣言した。
  • 若手時代には、青森刑務所にて、慰問の一環としてトークを行っていた時期があり、刑務所では許可をもらわなければ笑ってはいけないと、そのときのことをネタにしている。
    • 刑務官曰く、「只今より慰問を始める。今から笑ってよろしい」。それからでなければ入所者は笑えないとのこと。ちなみに、入所者は刑務所内で他に娯楽がないのか、よく笑うとも述べている。
  • 独身時代に手軽な食事として納豆を重宝していた時期があり、この為に『納豆をご飯にかけて食する際、その粘り気を茶碗につけずに綺麗に食べる』のが得意だと言う。ライブでもしばしばネタにしていた。

参考文献[編集]

伊奈かっぺい『あれもうふふこれもうふふ 暮らしのなかの笑い探し』 草思社、2006年、80-81頁

脚注[編集]

  1. ^ TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」2015年12月27日放送[出典無効]
  2. ^ かっぺい曰く、当時の(旧)青森市は高福祉であったと語っている。
  3. ^ 放送日に関する出典は、RAB:1996年5月から6月の東奥日報テレビ欄(青森県五所川原市立図書館で閲覧)、NTV・tvk:1996年11月から1997年1月の読売新聞朝日新聞のそれぞれ首都圏版の縮刷版(東京都大田区立蒲田駅前図書館で閲覧)から。
  4. ^ 県内には、2002年12月には八戸、2010年12月には新青森、2016年3月には新青森以北の区間が開通。
  5. ^ スタジオ内掲出された番組宛の電話番号とFAX番号も同番組内で放送された。

関連人物[編集]

外部リンク[編集]