関口照生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

関口 照生(せきぐち てるお、1938年11月13日 - )は、日本写真家経済産業省産業部門有識者会議委員。日本写真家協会(J.P.S.)会員。妻は女優の竹下景子。長男は俳優の関口まなと[1]。次男は俳優の関口アナン[2]

経歴[編集]

東京府出身。埼玉県立熊谷高等学校卒業、明治大学文学部考古学専攻卒業。自然物や表情描写の巨匠・写真家柴田信夫に師事し、助手として働きながら、数々の雑誌写真を手掛ける。その後、フリーの写真家として、ジャーナリズム写真・広告、雑誌取材・コマーシャルの分野で活躍。特に女優をモデルにした写真で高い評価を受け、人物描写を中心した業績で電通賞などを受賞した。作品に「名取裕子写真集『序の舞』」、「かたせ梨乃写真集『DAY FOR NIGHT』」、「麻丘めぐみ写真集」、「泉谷しげる写真集『百面相』」(「火のLATIDO」、16m/m映画「エデン」が挙げられる。

1984年赤坂プリンスホテルにて15歳年下で女優の竹下景子と結婚、その後2男をもうける。最近では写真家としての活動のほか、「THE・サンデー」(日本テレビ系列)などテレビのコメンテーターや、評論家・環境保全の論者として活躍の幅を広げている。また、経済産業省「ものづくり日本大賞」選考有識者会議のメンバーである他、文部科学省文化庁における文化部門の委員として様々な提言を行っている。2001年の「CAPPUCCINO―姿月あさと写真集」ではフランスイタリアの写真界から評価され、渡欧の仕事を本格化させる端緒となった。写真・デザイン分野における登竜門である「OPAS-DESIGN-AWARD」の審査員特別賞は「関口照生賞」と呼称されている。

埼玉県立熊谷高等学校の卒業生組織の「熊高会」の関係から、JR東日本会長の大塚陸毅や日比谷松本楼社長の小坂哲瑯、東京女子医科大学教授の内山真一郎らと親しい。加えて、明治大学の後輩でもあるTBSアナウンサー安住紳一郎とはニュース番組で共演し、その後も交流を続けている。現在はオーケープロダクション(旧・大橋巨泉事務所)所属で関連会社の株式会社アイ・バーグマン代表取締役。

書籍[編集]

  • 長嶺ヤス子『ガラスの糸の上で』(写真、以下同)文化出版局 1982
  • 大信田礼子写真集 ラスパルマスの風』集英社 1983
  • 名取裕子写真集序の舞』小学館 1984
  • 『火のlatido : 関口照生作品集 写真集』日本芸術出版社 1985
  • フローレンス写真集』スコラ 1985 別冊スコラ
  • 『ハロープラスワン』竹下景子文 小学館 1987 のち集英社文庫
  • 『Day for night娼婦たちへ かたせ梨乃写真集』集英社 1988
  • 『ファミリーへ、ウエルカム』竹下景子文  小学館 1990 のち集英社文庫
  • キャティーフォーエヴァー』スコラ 1991
  • 『Cappuccino 姿月あさと写真集』飛鳥新社 (発売) 2001

脚注[編集]