古川昌希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ふるかわ まさき
古川 昌希
プロフィール
出身地 日本の旗 大阪府大阪市
生年月日 (1987-10-14) 1987年10月14日(31歳)
最終学歴 早稲田大学政治経済学部
勤務局 朝日放送テレビ
部署 アナウンスセンター
活動期間 2011年 -
ジャンル 報道番組
公式サイト アナウンサープロフィール 古川昌希
出演番組・活動
現在 キャスト
過去 おっちゃんラジオ
朝だ!生です旅サラダ
おはよう朝日です土曜日です
古川昌希のとっておき情報   

古川 昌希(ふるかわ まさき、1987年10月14日 - )は、朝日放送テレビ[1](ABC)所属のアナウンサー

来歴・人物[編集]

大阪市住吉区の出身で、4人兄妹の長男。実父が家庭教師、実母が海外旅行の添乗員で多忙を極めていたため、高校時代までは学業のかたわら妹の世話を一手に担っていたという。

早稲田大学政治経済学部政治学科を卒業後の2011年に、平岩康佑とともに、朝日放送へアナウンサーとして入社。同年7月5日放送の『おはよう朝日です』(朝日放送テレビ)と『おはようパーソナリティ道上洋三です』(朝日放送ラジオ、以下『おはパソ』と略記)[2]で、平岩とともに番組デビューを果たした。その際には、「池上彰のようにニュースや時事問題を分かりやすく伝えること」を、アナウンサーとしての目標に挙げていた。

入社1年目の2011年10月からは、『おはよう朝日です土曜日です』(朝日放送テレビが関西ローカルで放送中の情報番組)で、平岩などとともにリポーターを務めている。また、同年度のナイターオフ期間(同年11月 - 2012年3月)には、期間限定放送の生ワイド番組『おっちゃんラジオ 小縣裕介のガッチ・ザ・グレイト』(ラジオ)にも平岩と交互にコーナー出演。「今週のフルカワン!」というコーナーで主にレトロ志向の情報を取材・紹介していた。

2012年4月2日から2017年9月29日までは、朝日放送への入社後初の冠番組として、ラジオで『古川昌希のとっておき情報』のメインパーソナリティを担当[3]。これを機に、同局のパーソナリティ代表として、在阪他局のラジオ番組や「ラジオにタッチ!」(第2回NHK・民放連共同ラジオキャンペーン) のイベントにも出演している[4]

その一方で、2012年10月からは、『キャスト』(朝日放送テレビが平日の夕方に関西ローカルで放送中の報道・情報番組)の水曜日17時台に新設された調査コーナー「なんでやねん!?」の調査・報告も担当。同曜日のコメンテーター・水道橋博士からスタジオでたびたび叱咤激励を受けつつ、視聴者が「なんでやねん!?」(「なぜ?」を意味する関西弁)と疑問に感じた珍現象や、日常生活で苛立ちを覚える事象などを身をもって検証している。2013年10月28日放送分からは、同コーナーのリポーターを続けながら、サブキャスターとして全曜日に出演するようになった。2014年10月以降は、同番組が放送されない週末に、琵琶湖淡路島を天気キャスター・清水とおると共に自転車で一周する企画へ随時挑戦している[5]2017年12月5日からは、第2代メインキャスターで先輩アナウンサーの浦川泰幸が体調不良を理由に休演していたため、同年の最終放送(12月28日)までメインキャスター代理を務めた。浦川の降板を機に、2018年の初回放送(1月4日)から、サブキャスター時代にコンビを組んでいた先輩アナウンサーの塚本麻里衣と共にメインキャスターを正式に担当。入社時の目標を、6年目で叶えられるようになった。同年4月2日からは、先輩アナウンサーの上田剛彦がメインキャスターに就任するため、塚本と共に再度サブキャスターに戻る[6]

2013年1月12日から同年9月28日までは、朝日放送テレビ制作・テレビ朝日系列の生放送番組『朝だ!生です旅サラダ』のスタジオレギュラーとして全国放送にも出演。関西地方では、同番組が放送される土曜日に、隔週ながら前枠の『おはよう朝日です土曜日です』に続いて登場していた。

趣味は、料理・囲碁・民族音楽の鑑賞など。『おはパソ』でラジオ番組のデビューを果たした際には、「アヒルの鳴き真似」という特技や、大学時代に徒歩で山手線のルートを1周した経験談を披露していた[7]。また、シフト勤務の一環で『桑原征平粋も甘いも』(朝日放送ラジオ)内の「ABC朝日ニュース」(2013年4月1日から「ABCニュース」に改題)を担当する場合には、アナウンサーの大先輩に当たる桑原征平関西テレビ出身のフリーアナウンサー種智院大学客員教授)から「昌(しょう)ちゃん」と呼ばれている[8]

出演番組[編集]

現在[編集]

テレビ[編集]

  • キャスト
    • 2012年10月から水曜日の「なんでやねん!?」のリポーター兼スタジオ進行で出演したことを皮切りに、2013年10月28日から2017年12月4日まで、月 - 金曜日の全編でサブキャスターを兼務。前述した事情で、2018年1月4日から第3代の男性メインキャスターを務め、同年4月2日から再度サブキャスターに戻る。
  • ABC NEWS(不定期)

ラジオ[編集]

  • 宗教の時間
  • ABCニュース(不定期)
    • 『キャスト』本番終了後の宿直勤務で、土曜日の午前中を主に担当。『おはよう朝日です土曜日です』『朝だ!生です旅サラダ』へ出演していた時期にも、本番終了後(土曜日午前中)のニュースを担当することがあった。

過去[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2018年4月1日に旧・朝日放送(朝日放送グループホールディングス)の認定放送持株会社化に伴い、アナウンサーは全員、朝日放送テレビ所属となった。
  2. ^ 『おはようパーソナリティ道上洋三です』アシスタント・久野愛の「愛日記」2011年7月5日付記事「デビュー☆」を参照。
  3. ^ 『とっておき情報』は毎週月 - 金曜日に放送される事前収録の5分番組で、初代パーソナリティの笑福亭銀瓶を除いて、朝日放送のアナウンサー(経験者)が代々メインパーソナリティを務めている。ちなみに、古川が担当する直前の2012年3月30日までは『北村真平のとっておき情報』、降板後の2017年10月3日からは『小西陸斗のとっておき情報』として放送。
  4. ^ 2012年9月1日NHK大阪放送局から全国に放送されたNHKラジオ第1放送の防災特別番組『関西発 いのちのラジオ』では、朝日放送ラジオ代表として梅田地下街の防災問題を取材・報告。同年12月14日NHK大阪ホールで開催された「『ラジオにタッチ!』フェスティバル」では、朝日放送ラジオから先輩アナウンサー・三代澤康司(『ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です』パーソナリティ)や慶元まさ美(『慶元まさ美のおはようパートナー』パーソナリティ)とともに出演した。
  5. ^ 朝日放送アナウンサーページ内のリレーコラム『アナアナ』へ2014年10月30日に投稿した記事「びわいち!!」を参照。
  6. ^ ABC「キャスト」新MCに上田剛彦アナ!“土曜朝の顔”から“夕方の顔”へ”. スポーツニッポン (2018年2月1日). 2018年3月30日閲覧。
  7. ^ 前述の「愛日記」を参照
  8. ^ 桑原が古川を「昌ちゃん」と呼ぶようになったきっかけは、2011年10月27日に朝日放送ラジオで放送された特別番組『パーソナリティ秋の交流戦 征平・康司のまかせなさい』へ事前収録でコメントを寄せた際に、「ニックネームがなかなか付かない」という悩みを桑原へ打ち明けたことにある。ただし、『キャスト』のサブキャスター就任後は、(『粋も甘いも』を含む)『ABCパワフルアフタヌーン』枠内のニュースを担当できる日が『キャスト』の休止日に限られている。
  9. ^ リポーター→サブキャスターとして出演する『キャスト』の放送時間と重なっているため、放送日によっては、朝日放送のテレビ・ラジオで古川の声を同時に聴けるようになっていた。

外部リンク[編集]

先代:
浦川泰幸
2015.3.30 - 2017.12.28
キャスト メインキャスター
第3代:2018.1.4 - 3.30
次代:
上田剛彦
2018.4.2 -