大友寿郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おおとも としお
大友 寿郎
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 宮城県仙台市
生年月日 (1947-02-16) 1947年2月16日(71歳)
最終学歴 東北学院大学経済学部経済学科卒業
職歴 アナウンサー
→放送部副部長
→放送部長
→ラジオ編成部長
弘前支社次長(1997年4月)
八戸支社長(1999年4月)
東京支社長(2002年6月)
→ラジオ局長(2006年4月)
→取締役ラジオ局長(2008年6月)
→常務取締役ラジオ局長(2012年6月)
→代表取締役専務(2014年6月26日)
→特別顧問(2017年6月27日)
活動期間 1969年4月 -
出演番組・活動
現在 津軽弁の日
過去 金曜ワイドあおもり
大友寿郎とサタデー夢ラジオ
こちら松森一丁目らじお倶楽部ほか
その他 テレビ・ラジオ連動イベント「津軽弁の日」司会(1988年 - )
備考
1986年に第7回NNSアナウンス大賞テレビ部門大賞を受賞。

大友 寿郎(おおとも としお、1947年2月16日[1] - )は、放送局経営者青森放送(RAB)特別顧問。元代表取締役専務、元同局アナウンサー。宮城県仙台市生まれ[2]

来歴・人物[編集]

1969年3月に東北学院大学経済学部経済学科を卒業[3]。同年[1][2][3]4月[1][3]にRABへ入社[1][2][3]。以来、26年間に渡り放送部アナウンサーとして活動[3]1986年の放送部副部長時代に[4]、第7回NNSアナウンス大賞テレビ部門大賞を受賞[5]

その後、放送部長[6]、ラジオ編成部長[3]弘前支社次長[3]を経て、1999年4月より[1]八戸支社長[1][3]2002年6月より[1]東京支社長[1][3]2006年4月より[1]ラジオ局長[1][3]をそれぞれ歴任。2008年6月より取締役兼任[1]2012年6月より常務取締役兼務[1]

アナウンス部署を離れた後も、公開収録番組を兼ねたイベント「津軽弁の日」には1988年の第1回から司会を担当[2]するなど、引き続き番組に出演。常務在任当時もラジオパーソナリティとして活動[7]2013年10月には、開局60周年記念特別番組『60時間ラジオ』のパーソナリティを務めた[8]

2014年6月26日に行われた株主総会で、代表取締役専務へ就任[9]

2017年6月27日に行われた株主総会で、特別顧問へ就任[10]


担当番組[編集]

現在[編集]

過去[編集]

テレビ

ラジオ

エピソード[編集]

荒川強啓[13]とともに東北学院大学出身で初めての局アナである。また大学・RAB放送部の1年後輩に鈴木伸夫[14]

伊奈かっぺいの結婚披露宴の際、当時の会社の同僚でもありアナウンサーだった大友が司会を務めたが、冒頭の挨拶の際「新郎妊婦の入場です」と失言し、実はかっぺいの妻が妊娠中でできちゃった結婚だったことが出席者にバレてしまった出来事があった。

かっぺいは妻との結婚が実はできちゃった結婚であることを周りの誰にも明かしておらず、披露宴の直前になって、妻の着付け担当の美容師と、司会を務める大友の2人だけに明かしていた。妻の着付け担当の美容師に対しては帯をきつく絞めないようにさせるため、司会の大友に対しては身重である妻を長時間立たせないようにさせるため、との理由から明かしたものであったが、このことが結果的に大友の失言につながってしまい、その直後は一瞬空気が固まった途端、騒然となったという。

かっぺいは後に自身のトークライブにおいて、結婚から第1子(長男)誕生に至るエピソードを披露しているが、この出来事も笑いのネタとして披露しており、たとえ守秘義務のあるアナウンサーであっても人に言うなと云われれば云われるほど秘密を云いたくなってしまうのが青森放送のアナウンサーであると(大友の名前こそ出していないが)大友を揶揄している。[要検証 ]

なお、このトークライブの模様は「ベスト盤 伊奈かっぺいトークライブ にぎやかなひとりごと 第1集」のカセット・CDに収録されている他、ビデオには大友本人も出演し、このときの模様を再現している。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 青森放送株式会社有価証券報告書 2012年04月01日 - 2013年03月31日 期
  2. ^ a b c d 出演者プロフィール - 『津軽弁の日』オフィシャルサイト
  3. ^ a b c d e f g h i j 東北学院同窓会報『3L通信』Vol.4(2007年1月号。PDF版)より、P15掲載『クローズアップ…「ラジオの魅力」』を参照。
  4. ^ a b 『青森放送50年史』
  5. ^ 参考リンク…第28回NNSアナウンス大賞でテレビ部門「大賞」を受賞!(2007年、田村啓美が同大賞受賞したことを告知したRAB公式サイト内ページ。過去のNNSアナウンス大賞受賞者として、大友の名が第7回テレビ部門大賞受賞者である旨とともに明記)
  6. ^ おはよう ほっ!とスタジオ-youtube
  7. ^ 青森放送が「60時間ラジオ」 - 『神戸新聞NEXT』 > 全国海外 > 生活 2013年10月10日17時配信
  8. ^ 60時間ラジオ番組情報サイト
  9. ^ 『東奥日報』2014年6月27日付朝刊5面(経済面)掲載「株主総会・取締役会」
  10. ^ 『東奥日報』2017年6月1日付朝刊5面(経済面)掲載「株主総会・取締役会」
  11. ^ この回のゲストは伊奈かっぺいだった。(青森放送50年史82ページにその記載あり)
  12. ^ 日本民間放送連盟賞/1992年(平成4年)入選・事績 - 日本民間放送連盟公式サイト ※「大友寿郎とサタデー夢ラジオ・台風19号の災害放送」と明記。
  13. ^ 荒川は、山形放送の局アナとなった。
  14. ^ 鈴木は大友が70歳の誕生日を迎えた2017年2月16日に死去

参考資料[編集]

  • 青森放送50年史(2004年、青森放送発行)…国立国会図書館サーチの所蔵情報
  • 東北学院同窓会報『3L通信』Vol.4(2007年1月号。同15日、東北学院庶務部校友課発行)
  • 青森放送株式会社有価証券報告書 2012年04月01日 - 2013年03月31日 期
  • 外部リンク

関連項目[編集]

外部リンク[編集]