テレビのちから

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
年末長時間特別番組 > テレビのちから
21世紀プロジェクト
年越し30時間生放送!!
テレビのちから
ジャンル 大型年越し番組
出演者 総合司会
福留功男
薬丸裕英
各コーナー出演者
進藤晶子
雨宮塔子
古舘伊知郎
和田アキ子
堺正章
江角マキコ
ナレーター 木村匡也
田中秀幸
古谷徹
松宮一彦
製作
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1998年12月30日 - 1999年1月1日
放送時間 水曜18:30 - 金曜1:15
放送分 1845分
回数 1
テンプレートを表示

テレビのちから1998年12月30日から1999年1月1日までTBSJNN系列で生放送された長時間特別番組である。正式タイトルは「21世紀プロジェクト 年越し30時間生放送!!テレビのちから」。1995年の『報道30時間テレビ』以降中断していた「TBS 21世紀プロジェクト」の年末長時間特別番組がこの年より復活となった。

概要[編集]

番組目玉企画[編集]

2000年までの誓い

  • 2000年までに達成したい目標を全国からFAXで募った。また芸能人の2000年の誓いを番組中に随時紹介した。

総合司会[編集]

主なコーナー[編集]

以下は、放送順に表示。

  1. とっておき映像永久保存版 20世紀名番組ベスト200
    JNN系列の番組による視聴率ベスト200をカウントダウン(ビデオリサーチ調べ、関東地区)
    総合司会以外の出演者:進藤晶子雨宮塔子(いずれも当時TBSアナウンサー)、中村玉緒鈴木史朗石田純一松村邦洋奥菜恵江角マキコ(途中のみ)
    ナレーション:木村匡也(メイン)、コーナー担当(田中秀幸古谷徹松宮一彦
    • 企画
      • バラエティー番組列伝
      • スポーツ名場面 世界VS日本
      • 金曜ドラマ特集(VTRコメント出演:佐野史郎
      • 街角アンケートによるもう一度みたいドラマベスト10(VTRコメント出演:武田鉄矢
      • 子供たちのヒーロー・ヒロイン(アニメ・特撮もの)特集
      • ザ・ベストオブザ・ベストテン全12年栄光の奇跡(1978年〜1989年の主な曲を紹介)
      • 8時だョ!全員集合特集(ゲスト:加藤茶志村けん
      • 1月スタート新ドラマ紹介
  2. 20世紀クイズ王決定戦・全国大会
  3. 大みそか列島全中継 1億2500万人の朝がいっぱい
  4. 動物たちの20世紀
  5. スーパーキッズ21世紀夢チャレンジ
  6. しあわせ学校計画(「しあわせ家族計画」と「学校へ行こう!」の合体企画。だが、内容は「しあわせ―」の学校クラス版・宿題をやるのは担任の先生)
    司会/古舘伊知郎和田アキ子
  7. 20世紀クイズ王決定戦・決勝
  8. 第40回輝く!日本レコード大賞
  9. 20世紀10大事件日本が震えた日
    進行/福留功男
  10. グランドフィナーレ
なお、期間中の12月30日に開催され、同日深夜(日付上31日未明にまたぐ)に行われる第78回全国高等学校ラグビーフットボール大会(2回戦ダイジェスト)は、過去の「39時間テレビ」「報道30時間テレビ」とは異なり、この番組では内包せず、長時間特番前の16:30から18時に生放送された。

30時間耐久企画[編集]

  • 2000年までの誓い以外は特になし。

20世紀クイズ王決定戦[編集]

  • 問題は全て、20世紀中に起きた出来事から出題される。

第1次予選[編集]

  • 全国7地区で実施。
  • 50問筆記クイズ。各地区上位100名が第2次予選に進出。

第2次予選[編集]

予備ラウンド
筆記クイズ。事前に実施されており、成績上位95名が第1ラウンド進出。
当日、都合等で欠員が生じた地区に合わせて地区による不平等を減らす目的で行われた。
また第1・2ラウンドにおいて、生放送の都合で時間一杯となった場合も予備ラウンドでの上位から優先的に補欠合格とされる。
第1ラウンド
○×クイズ。1問不正解で即失格。
30名が第2ラウンド進出。
第2ラウンド
3択クイズ。30名は1~3番の札を持ち、それを挙げて解答する。正解すると1歩進める。
時間内に10問正解すれば決勝ラウンド進出(時間一杯になった時点で決勝ラウンドへ進める15名が決まっていなかった場合、より多く正解していた人から優先的に補欠合格とする)。
15名が決勝ラウンド進出。
決勝ラウンド
早押しクイズ。
15名を3名ずつに組み分けて、1組ずつ行う。
3問正解で本戦進出、不正解2回で失格。各組2名が本戦へ進める。

本戦[編集]

  • 1998年12月31日の昼頃、TBS内のスタジオで生放送で実施。
  • 前日の予選を勝ち抜いて上京した7地区70名に芸能人17名を加えた87名で争われた。
FIRST STAGE
基本的には4択クイズ(問題によっては2~6択まで選択肢の数が変わったり、答えが2つあるものがあったり、4~5択の並べ替え問題になったりする場合もある)
オールスター感謝祭』等で使われたキーパッドや出題方法で実施(シンキングタイムのBGMや一部ルールの変更等、違う部分も多々ある)。この形式は、本戦出場者や視聴者を驚かせた。
予選落ちやピリオドチャンピオン等のルールは無し(ただし実施されなかったが、当初は数問毎に成績下位者を足切りする予定であった)。最終問題まで87名全員が参加して、成績を競った。
全問終了時の正解数(同数の場合は解答にかかった時間の総計が短い人)の上位8名がSECOND STAGE進出。
SECOND STAGE
早押しクイズ。ただし従来の読み上げられた問題に答えるものではなく、様々な趣向を凝らした問題が出題された。
映像問題(映像を見て答える)、多答問題(複数在る正解を全て挙げる)、音楽問題(流れてきた音楽を聴いて答える)の3種類から出題。5問1セットで1種類ずつ出題された。
5問正解で本戦進出、不正解3回で失格。先着4名がFINAL STAGEへ進める。
FINAL STAGE
早押しクイズ。7問正解で優勝、不正解3回で失格。

FINAL STAGEの結果[編集]

順位 名前 得点
優勝 石野まゆみ 7
2位 藤村泰宏 3
3位 三上朋徳 19問目失格
4位 井澤孝紀 15問目失格
  • この企画の司会者には同番組総合司会の福留功男も候補に挙がったが、福留は「テレビのちから」の総合司会を受け持つ関係と「福留=ウルトラクイズ」のイメージから司会者起用の話は辞退し、関東地区の予選会場への出場者の激励に姿を見せるだけに留まった。結果本戦の司会は渡辺正行が担当することとなった[1]

脚注[編集]

  1. ^ 渡辺はウルトラクイズでも第12-16回に敗者担当レポーターを務めていた。

関連項目[編集]