堤信子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
つつみ のぶこ
堤 信子
プロフィール
愛称 のんちゃん
出身地 日本の旗 日本 福岡県福岡市
国籍 日本
生年月日 (1962-11-11) 1962年11月11日(56歳)
血液型 A型
最終学歴 青山学院大学経済学部経済学科卒業
所属事務所 株式会社ノートルメルシー
職歴 1985年4月 - 1995年5月 福岡放送(FBS)アナウンサー。以後フリーアナウンサーとして活動
活動期間 1985年 -
ジャンル 報道・情報系
公式サイト 堤 信子公式サイト
担当番組・活動
その他 最近は、昭和女子大学の非常勤講師を務めている。

堤 信子(つつみ のぶこ、1962年[1]11月11日 - )は、フリーアナウンサー、(元福岡放送(FBS)アナウンサー)、エッセイスト、昭和女子大学、青山学院女子短期大学、法政大学、明治学院大学の兼任講師。文具プロデューサー。

略歴[編集]

人物[編集]

  • 身長:155cm
  • 血液型:A型
  • 趣味:お菓子箱集め、包み紙集め、和服・和小物集め、ドライブ、歌舞伎鑑賞、日舞、キッチングッズ集め、ハチミツ料理、ゴルフ、水泳など。
  • 特技:マリンスポーツ・フラワーアレンジメント
  • 免許:英検1級・ボート4級・普通自動車免許・ラッピングコーディネイター
  • 1994年2月12日に関西出身の男性と結婚。1995年5月、夫が東京へ転勤となったのに伴い、FBSを退社し夫と共に東京へ移住、翌月からフリーになって活動し、『あさ天5』『ズームイン!!SUPER』『はなまるマーケット』等のレギュラーを始め、数多くのテレビ等のマスコミに出演しながら、イベントの司会、クラブのDJナビゲーター、雑誌の取材等、多方面で様々な活動をしている。
  • 親しい友人には、フリーアナウンサー関係では庄司麻由里橋本志穂伊藤奈穂子(「ズームイン!!SUPER」で知り合った)、大平雅美(彼女は庄司麻由里とも親友である)等が、タレントでは服部真湖等がいる[4]

来歴[編集]

  • 高校時代は水泳部に所属していたという。
  • 青山学院大学在学中に、東京アナウンスアカデミーにも通って、アナウンサーとしての技術を学んでいた。
  • FBSに在職中は、元FBSアナウンサーの古賀ゆきひととともに『ズームイン!!朝!』(日本テレビ)の福岡・佐賀担当レポーターとなり、「のんちゃん」の愛称で全国の脚光を浴びた[5]。そのお陰で、同番組を担当していた当時の総合司会であった徳光和夫福留功男(2人共元日テレアナウンサー)とは現在でも親交が深いという。
  • 東京へ移住してフリーになってからも、地元福岡からテレビ・ラジオ出演、司会、イベント等の仕事の依頼も結構あり、FM福岡の『堤信子の「Smilin Cafe」』のナビゲータ(レギュラー)をしたり(同番組は2009年11月28日に終了)、古巣の福岡放送の番組である『めんたいワイド』等にも不定期で出演したりしている。特に前者は、収録の度に福岡へ飛行機で行っており、その際に時間がある時はその度、博多の実家にも帰って泊まっていたという。
  • 文具のコレクション、和服(着物、浴衣)が好きで、これらのことや和小物に関することに於いては、女子アナウンサーの中では一番のマニアだと言われている。特に、文具コレクターとしての活動は、2011年5月24日に発売された彼女の3冊目の本「旅鞄(トランク)いっぱいのパリ・ミラノ〜文房具と雑貨のトラベラーズノート」の出版を契機に活発となり、それに於いてのメディアやイベントでの出演、執筆活動等も行うようになる。
  • 1人でブログを2つ開設している(下記リンク参照のこと)。「nonの文具部屋」は、彼女の趣味である文房具コレクションのことについて[6]、更に「堤信子さんの文具びより(ときどき雑貨)」は、雑誌「オレンジページ」のWEBサイト「オレンジページnet」とのコラボで、文具・雑貨関係のことについて書かれている[7]

主な出演番組、活動など[編集]

TV[編集]

ズームイン!!SUPER』(レポーター。まるQ等のコーナーを担当)
買物大スキ!女神の市場[8]※随時出演(初登場は2008年10月24日放送分)
あさ天5』メインキャスター(水〜金担当。1996年4月〜2001年9月)
『ベルリンフィル特番』海外リポーター&ナレーター
ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』解散総選挙司会
ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!
松本清張スペシャル・共犯者』(ドラマ)レポーター役(2006年5月9日
進ぬ!電波少年』年末スペシャル
ニュースプラス1
はなまるマーケット』とくまる担当(はなまるアナ)(1997年 - 2013年3月25日[9]
『プレジデントタイム』インタビューアー ※随時出演
『カラオケ女子アナオンエアバトル』(1998年頃。
『涙の晩餐スペシャル』レポーター(2008年1月4日放送)
砂の器』(ドラマ)レポーター役(2004年
『マツコの知らない世界』捨てたら損する!お菓子箱の世界(2018年11月27日)
おはよう! 世界のトップニュース』キャスター(衛星第1テレビ1995年12月 - 1996年3月)
きょうの料理大賞』レポーター(2004年度。同年12月25日衛星第2テレビ同月29日総合テレビにて放送。[10]
住まい自分流 〜DIY入門〜』「お宅拝見コーナー」レポーター(教育テレビ2005年5月27日2006年3月17日放送分。[11]
『どうーなってるの』レポーター
『芸能界同類くんの旅〜奥の細道』(2011年11月13日2012年4月20日放送。)
『エレクトーレ』ゲスト出演[12]
『FBS住宅特番「堤信子のズバリ、リポート申し上げます」』(不定期番組、ナビゲーター担当)
めんたいワイド』ゲスト、コメンテーター ※随時出演
歌のトップテン』リポーター
『アメリカ観光ルートにのらない旅 〜グランドラピッズ・感動のアンチエイジング!〜』(2007年12月22日放送[13]
『銀座・神戸 癒しの二都物語』

ラジオ、FM[編集]

 ・渋谷のラジオ「渋谷の奥さんと」ナビゲーター(2016年4月〜)https://note.mu/hashtag/%E5%A0%A4%E4%BF%A1%E5%AD%90?f=new

『堤信子の「Smilin Cafe」』ナビゲーター(2008年6月7日2009年11月28日
『EBMキレイ時間』ナビゲーター(2008年7月6日〜同年9月26日
『堤信子のFeelin' Cafe』(2008年10月5日〜?)[14]
ディア・フレンズ』ゲスト出演(2011年7月14日JFN38局ネット放送。)
『堤信子のコレ、やってみよっ!』ナビゲーター(2005年4月〜9月。当時の同局の朝のワイド番組「いってらっしゃ〜い!」の1コーナー番組。自筆書「堤信子の暮らしがはずむちょっといい話」の発売がきっかけで作られた番組である。)

CM[編集]

  • ナショナル両面焼きグリル「まかせタッチ」「エオリア」「加湿器」「冷蔵庫TANTO」
  • 日興コーディアル証券「個人向け国債」
  • VS28スキンケアスタジオBALI(株)イービーエム(2002年1月、2004年12年)

(株)イービーエム http://company.ebm121.co.jp/

イベント[編集]

  • 厚生省シンポジウム「第一回健康日本21 全国大会」総合司会
  • イプサ 新作発表 イベント 司会
  • 毎日新聞掲載 エコカー対談
  • 酒と水のフォーラム「酒と水のおいしい関係」司会
  • NISSAY創業115年 スーパーグランプリ 司会
  • 「九州観光の夕べ」 司会
  • 「宮崎に来んね!住まんね!」シンポジウム 司会
  • イーストサイドトーキョー イベント「長く使い続ける文房具の魅力」スピーカー
  • その他

VP[編集]

  • 財団法人日本学校保険会「薬物使用防止教育指導者ビデオ」
  • 中外製薬 CTV司会担当 さくら本舗「ひらけ健康」司会アシスタント
  • (株)セブンイレブンジャパン「オーナー向けVP」
  • その他 

イメージキャラクター[編集]

  • 福岡県産「博多なす」イメージキャラクター(JAみなみ筑後瀬高)

その他[編集]

著書[編集]

  • 「堤信子の暮らしがはずむちょっといい話」(実業之日本社 2005年7月17日発売)
  • 「ありがとうの届け方〜言葉と形で伝える感謝の気持ち」(主婦と生活社 2006年10月27日発売)
  • 「旅鞄(トランク)いっぱいのパリ・ミラノ〜文房具と雑貨のトラベラーズノート」(本の泉社 2011年5月24日発売)[16]
  • 「旅鞄いっぱいの京都・奈良〜文房具と雑貨の旅日記」(エイ出版社 2012年発売)
  • 「100人中99人に好かれる ありがとう上手の習慣」(ディスカヴァー・トゥエンティワン 2013年発売)
  • 「旅鞄いっぱいのパリふたたび」(実業之日本社 2014年発売)
  • 「旅鞄いっぱいの京都ふたたび」(実業之日本社2015年発売)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第28回「私の哲学」堤信子氏|INTERLITERACY
  2. ^ 東京修猷会 第635回二木会(2018年2月8日(木))
  3. ^ 日テレアナの福留功男が設立した事務所。
  4. ^ 橋本は同じ元福岡放送アナウンサーという点で堤本人と同じである。
  5. ^ 高校時代の愛称は「つっちん」だったという。
  6. ^ 「nonの文具部屋」は、彼女の親友である橋本志保に「アメーバにブログを開設してみないか」と誘われ、2010年3月19日に開設した。
  7. ^ 同ブログは、2011年9月20日に開設された。
  8. ^ 日本テレビのこの番組のホームページでは、番組終了後1週間その週の番組をオンデマンドで見ることができる。
  9. ^ ちなみに、彼女のはなまるアナとしての最後である「とくまる」の内容は、「岡江さんが行く!春の下町散歩」だった。
  10. ^ NHKアーカイブス所蔵。収録自体がハイビジョンであったため、所蔵テープはハイビジョン・マスターである。放送はされなかったものの、同コンテストの関東・甲信越ブロック予選の司会も2004年度、2005年度に行っている。
  11. ^ NHKアーカイブス所蔵。
  12. ^ 2007年11月29日が初回。以来、2008年4月6日放送の回まで時たま同商品のゲストとして出演していた。(その内、2007年12月11日2008年2月2日放送分は、BSデジタル放送のTwellVにてハイビジョンで同時生放送されていた)。その後は、イービーエム社提供のFM番組に出演することになったため、この番組の出演は控えていたが、同社提供のFM番組終了後に再び出演しており、近年では、2013年3月21日の放送の回(この回はTwellVでも同時生放送)で出演している。
  13. ^ 同番組は好評の為、翌年1月27日に同局にて再放送された。
  14. ^ 前身番組『EBMキレイ時間』の放送時間延長及び時間帯変更に伴うリニューアル番組である。2009年4月5日からはエフエム愛知でも同時ネットを行っていた。
  15. ^ 彼女自身のブログ「のんちゃん日記」の同年6月4日付けの記事に掲載されている。
  16. ^ この本は、2011年6月6日付のAmazon.co.jpの旅行本ランキングで、伊本第1位を獲得した。

外部リンク[編集]