小椋克己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小椋 克己(おぐら かつみ、1928年10月21日[1] - 2005年5月29日)は日本のアナウンサー

東京府日暮里町(現・東京都荒川区)生まれ。旧制松本高等学校理科を経て、愛媛大学工学部機械工学科卒業。病気療養中、ラジオのアナウンスに不満を抱き、放送業界入りを目指した。

1955年南海放送入社。1956年高知放送に移籍。1967年から翌年まで『モーニングショー』のサブ司会者としてNETテレビ(テレビ朝日)に出向。その後は高知放送報道部長となる。退職後、1991年より高知県立坂本龍馬記念館の館長を務めた。

著書[編集]

  • 『龍馬が長い手紙を書く時』
  • 『畑ちがい雑録』
  • 『図説坂本龍馬』
  • 『坂本龍馬を知っちゅう?』

参考文献[編集]

  • 『アルペン颪 旧制高等学校物語 松本高校編』(財界評論新社 1967年)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑』第2部、p.108(2006年)