アウトレイジ 最終章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アウトレイジ 最終章
OUTRAGE CODA
監督 北野武
脚本 北野武
製作 森昌行
吉田多喜男
出演者 ビートたけし
西田敏行
大森南朋
ピエール瀧
大杉漣
松重豊
白竜
名高達男
光石研
原田泰造
中村育二
津田寛治
金田時男
池内博之
塩見三省
岸部一徳
音楽 鈴木慶一
撮影 柳島克己
編集 北野武
太田義則
製作会社 「アウトレイジ 最終章」製作委員会
配給 日本の旗 ワーナー・ブラザース映画
オフィス北野
アメリカ合衆国の旗 アンナプルナ・ピクチャーズ英語版
公開 日本の旗 2017年10月7日
上映時間 104分[1]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 15.9億円(2018年1月時点)[2]
前作 アウトレイジ ビヨンド
テンプレートを表示

アウトレイジ 最終章』(アウトレイジ さいしゅうしょう)は、北野武監督による日本映画2017年10月7日に日本公開。R15+指定

キャッチコピーは『全員暴走』。

第74回ヴェネツィア国際映画祭のクロージング作品となった[3]

概要[編集]

ヤクザ抗争を描いた2012年公開の『アウトレイジ ビヨンド』の続編映画。

監督および主演は北野武(ビートたけし)。前作主要キャストである西田敏行、塩見三省、松重豊らに加え、新たな主要キャストとして大杉漣、ピエール瀧、大森南朋、岸部一徳、原田泰造、池内博之らを起用している。

あらすじ[編集]

関西最大の暴力団花菱会は代替わりし、先代会長・布施(神山繁/本作出演なし[注釈 1])の娘婿である元証券マン・野村和夫(大杉漣)[注釈 2]が会長に就任した。しかし堅気出身で高慢な野村は組織内での人望がなく、特に古参幹部の若頭・西野一雄(西田敏行)との反りが合わなかった。薬物売買を禁止していた先代の布施と異なり、野村は金さえ儲かれば何でもありというスタンスであった。この野村体制のもとで台頭したのが新興勢力の花田組である。組長の花田和弘(ピエール瀧)は闇金・薬物売買で多額の利益を出しており、さらに野村に直接献金して歓心を買うことにより、花菱会内部での地位を高めていた。

他方、大友(ビートたけし)は日韓フィクサー張大成(チャン・テソン)会長(金田時男)の計らいにより日本を出国し、張の故郷である韓国・チェジュ島の歓楽街で、張が運営する組織の用心棒を務めていた。用心棒仲間には日本人の市川(大森南朋)と、韓国人数名がいた。

花田は、野村が開く定例会議をすっぽかして、懇意にしている筆頭若頭補佐の中田勝久(塩見三省)に「韓国にうまい話がある[注釈 3]」と言い残し、韓国・チェジュ島に女遊びに出かけていた[注釈 4]。テハン・リゾートホテルに宿泊した花田は、出張風俗の韓国女性2名がSMプレイに対応できないことがわかると激怒、組の手下を使って女性たちを脅迫した。このことを知った用心棒の大友と市川たち数名はホテルに急行し、花田たちを一喝。大友たちの剣幕に恐れをなした花田は「詫び料として200万円払う」と言ったが、金に汚い花田は詫び料を本気で払うつもりは毛頭なく、後日、金を受け取りに来た張グループのドライバー、高成進(コ・ソンジン)に花田組の手下を使ってアイスピックで拷問を加え殺害した[注釈 5]。仲間の高が殺されたことに、大友と市川は激怒する。

日本に帰国後、花田は焼肉店で兄貴分の中田に対して、チェジュ島での出来事を自慢気に語った。しかし、焼肉店の従業員でチェジュ島出身の在日韓国人[注釈 6]ゴン(仁科貴)にチェジュ島のホテルや歓楽街を仕切っている人物が誰なのか中田が確認したところ、日本在住の張会長と、兄弟分の(ユン)会長[注釈 7]であることが判明する。中田は花田がチェジュ島で起こしたことの重大性に気づき、花田に高殺害の慰謝料として現金3000万円を用意させ、張会長のもとに向かう。

しかし、張と腹心の(白竜)は3000万円を頑として受け取ろうとしなかった。さらに、中田の発言[注釈 8]に張が激怒。張は李に現金3000万円を金庫から持ってこさせ、合計6000万円の金を中田と花田に突き返した。窮地に追い込まれた中田はやむを得ず会長の野村と若頭の西野に相談。西野は花田を連れて張のもとを訪れ、慰謝料を渡そうとする[注釈 9]が、中田の時と同様、張に全く相手にされなかった。日頃から西野と折り合いが悪かった野村はこのことに目を付け、若頭補佐の中田に花菱会の会長ポストをちらつかせながら、張と西野の対立を煽ろうと画策する。

一方、関東ヤクザ・山王会は花菱会の傘下に入った後、著しく弱体化していた。東京の木村組のシノギは全て花菱会が独占。生え抜きの山王会の幹部である会長・白山広(名高達男)と若頭・五味英二郎(光石研)は、花菱会本部から送り込まれた若手幹部の木村組組長・吉岡(池内博之)の尊大な態度に不満を抱いていた。

野村と花田は張の殺害を計画し、その責任を西野になすりつけようとした。吉岡の監視のもと、花田組の舎弟である丸山(原田泰造)他、合計5名のチンピラを使って張が通う喫茶店を襲撃し、張の組織の幹部である(津田寛治)のほか、張グループの数名を射殺。丸山は張に銃口を向けるが、張の雰囲気に圧倒されている間に、背後から近づいてきた張の腹心・李によって射殺される。

度重なる花菱会の凶行に対してチェジュ島にいる大友は激怒し、偽造パスポートを使って日本に入国した。大友は李の運転するシルバーのベンツSクラス(W221系)で張のもとに向かっていたが、空港から尾行していた警視庁のマル暴刑事平山(中村育二)と繁田(松重豊)に車を止められ、大友は任意同行で警視庁に連行される。繁田は大友に対して山王会元会長・加藤稔(三浦友和/本作出演なし)と悪徳マル暴刑事・片岡(小日向文世/本作出演なし)の殺害に関する厳しい尋問を行うが、日韓のフィクサーである張が警視庁の上層部に圧力をかけて、大友に対する取り調べは中止された。海外逃亡していた大友の追跡に執念を燃やしていた繁田は激怒するが、日韓間の国際問題への発展を恐れて張の意向を忖度した警視庁上層部により、繁田は暴力団対策課(四課)から二課への転属を命じられたため、後に居酒屋で平山と飲んだ後に辞表を叩きつけた。

警視庁を出た大友は、同じくゴンが手配した偽造パスポートで入国した市川たちと合流し花菱会への襲撃を開始。ゴンが用意した拳銃で武装し、手始めにバーにいた吉岡を射殺。吉岡の居場所を大友に教えたのは、吉岡の尊大な態度に不満を持つ山王会の白山と五味であった。

花菱会に対して報復に動かない張に対して、側近のオレンジ髪の若衆(石塚康介)は義憤に駆られ、単独で野村を拳銃で襲撃する。防弾車でない野村の車(GZG50系トヨタ・センチュリー)の後部窓ガラスは粉々に割れたものの、野村は奇跡的に生き残り、オレンジ髪の若衆は花菱会の手によって射殺された。自分の車が防弾車でなかったことが判明し、野村は激昂する[注釈 10]

花菱会若頭補佐の中田は、会長の野村の甘言を信用しておらず、昔から信頼関係を持っている若頭・西野に野村の謀略を全て説明していた。そこで、西野は一計を案じ、自らが張に殺されたかのように装う。花田は、西野の脅迫により、西野の「死」を野村に報告。目の上のたんこぶだった西野が死んだと思った野村は上機嫌であった。

大友と市川は次の花菱会襲撃計画に動きつつあったが、「張会長の兄弟分の尹会長の手下」と称する韓国人[注釈 11]が数名合流しようとしてきた。しかし、この連中は一部の人間だけが知っていた尹会長の妻の死を知らなかったことから、大友は花菱の送った偽物と断定。ワンボックス車の中で撃ち合いになり、全員射殺するが、この中で市川とともに来日していた張グループ若衆2名を死なせてしまう。その結果、大友と市川の2名だけで花菱会を襲撃せざるを得なくなった。大友たちに合流しようとしていた韓国人はアサルトライフルM4カービンなどの強力な殺傷力を持つ武器を持参していた。

表向き、死亡したことになっている西野は影で動き始める。屋上駐車場に大友と市川を呼び出し、今回の抗争の発生について花田に詫びさせる。さらに、花菱会による張襲撃の黒幕が野村であることを明かし、花菱会中堅幹部・河野直樹(桐生コウジ)の出所パーティーに出席する野村を襲撃するように大友をそそのかす。ところが、ケチな野村は中堅幹部の河野の出所に対する祝い金を払いたくなかったためにパーティーを欠席した。西野は野村の欠席を知り、大友による襲撃をやめさせようとするが、大友は花菱会に対する報復の意志が固く、パーティー会場に傘に隠して持ち込んだM4カービン[注釈 12]を市川と共に乱射、河野を始めとする花菱会組員を大量に射殺した。

その後、西野は野村がいる花菱会本部に急行。西野が生きていたことに野村は驚き、腹心であった幹部の森島(岸部一徳)を焚き付けるが、西野の生存を確認した森島は寝返る。西野や森島たちの手下に花菱会本部から引きずり出された野村は山中に連れて行かれ、そこに待っていたのは大友であった。大友は野村に「キャンプ楽しんでもらおうかと思ってな」と言い放つと、車の往来の多い夜の峠道に野村を首だけを出した状態で生き埋めにする。野村は夜間走ってきた車に轢かれ、即死した[注釈 13][注釈 14]。山王会の五味は、どさくさに紛れてもともと折り合いの悪かった白山を射殺し、花菱会には大友の殺害であると報告した。

野村の死により、若頭の西野が花菱会の新会長に若頭補佐の中田が若頭に就任する。花田は若頭補佐に昇格するが、花田を嫌う西野はさらなる計略を案じていた。変態嗜好の花田[注釈 15]をおびき出すために「幹部昇進祝い」と称してSM嬢2名に接待させると同時に、大友と市川にホテルの場所を教えて花田を襲撃させ、殺害した。

さらに、西野は大友の殺害を最終的な視野に入れ、張会長の腹心である李を焚き付けた。そのことを知らない大友は、市川をチェジュ島に帰した後、李が運転するシルバーのベンツでスクラップ工場に向かう。この工場は元・山王会組員(四方堂亘)が工場長を務めていた。工場長は元山王会会長・加藤の側近で、悪徳マル暴・片岡の教唆により、大友の兄弟分だった木村(中野英雄/本作出演なし)を殺害していた。大友は木村殺害に対する復讐のため、工場長と工員の2名を射殺した。しかし、花菱会・西野の意向を受けた李は「大友さん、これ以上会長に迷惑をかけないで下さいよ」と言って大友に拳銃の銃口を向ける。大友は「李さん、あんたがそんなことする必要ないよ。会長によろしく。」と言って自らの頭を拳銃で撃ち抜き、自害した。その後、李は張会長に「大友さん、死にました。会長によろしく伝えてくれと言ってました」と大友の遺言を伝えた。

キャスト[編集]

張グループ[編集]

大友(元大友組組長) - ビートたけし
元山王会池元組傘下の大友組組長。前作での山王会と花菱会による抗争の後、韓国チェジュ島に逃亡する。本作では張グループに所属し、用心棒としてチェジュ島の歓楽街を裏で仕切る。
序盤で花田和弘が騒ぎを起こした際は市川や他の若衆と共に花田の部屋に乗り込んで場を収めたが、後日花田から詫び金を受け取るはずだった若衆が花田組の若衆に殺害されてしまう。その後、東京で張大成会長が花菱に襲撃されるに及んで遂に花菱への報復を決意、偽造パスポートを入手して日本へと渡る。
帰国早々に繁田らによって警察に拘束されるものの、張会長の根回しによって釈放される。後から来た市川ら若衆と合流すると、手始めに山王会の白山広たちの手引きで木村組の組長吉岡以下数人を銃殺する。続けて花菱会幹部の出所祝いの会場に市川と共に乗り込んで自動小銃を乱射し、その場にいた花菱会構成員の殆どを殺害する。その後も花菱会若頭の西野一雄の陰謀に協力する形で花菱会会長の野村和夫を生き埋めにして轢殺させ、同じく西野の手引きでSMプレイ中の花田の元に乗り込み、彼の口に爆弾を詰めて爆殺する。
しかしこれらの行動が原因で、張会長に対し警察・花菱の両方から圧力がかかり、この事態を重く見た李は大友を殺害するという決断を下す。最後は李から銃を向けられながら「これ以上会長に迷惑かけないで下さい」と言われ、それに対し「アンタがそんなことしなくていい、自分のカタは自分で付ける」と答え、「会長に宜しく言っておいて欲しい」と言い残して自害した。物語の最後は自害した大友の遺体を映して締めくくられた。
張大成(チャン・テソン、張グループ会長) - 金田時男
張グループの会長で、日本と韓国を股にかける大物フィクサー。大友を気にかけている。
抗争や揉め事を好まない性格で、若衆が花田組に殺された際は側近の李に対し「上手く収めておけよ。揉めないようにな」と指示し、花菱へ報復しようとする大友に対しても「余計な事はするな」と釘を刺していた。一方で自身や身内に対し舐めた態度をとる事を許さず、花田の件に対する花菱会からの謝罪を(中田勝久の失言もあって)厳しい態度で退けた。
上述の騒動は西野の再度の謝罪を受け入れて手打ちになったものの、この騒動に乗じて西野を亡き者にしようとする野村の陰謀により、西野殺害の首謀者という濡れ衣を着せられる。その後西野殺害に対する報復という名目で花田組のヒットマン達に襲撃され、それに対する報復として大友達が独断で花菱会に対する報復に動いた為、自身の意向に反して花菱会との抗争が激化していく事になる。
チェジュ島出身の在日韓国人。
李(張グループ幹部) - 白竜
張の側近であり、信頼も厚い。張を襲撃した花田組舎弟の丸山を射殺。また、花菱会・西野の謀略により、終盤で大友を殺害しようとする。
崔(張グループ幹部)- 津田寛治
張の側近。花田組ヒットマンである丸山たちの喫茶店襲撃により射殺された。
市川(張グループ幹部) - 大森南朋
韓国・チェジュ島側の張グループに所属する用心棒で、大友の舎弟的存在。大友に呼ばれ花菱会との抗争にケリをつけるために、ゴンが手配した偽造パスポートで来日し共に活動する。花菱会との一連の抗争の終結後に、大友の勧めによってチェジュ島に帰ることになった。
張グループ若衆 - 山口祥行本宮泰風
いずれも韓国・チェジュ島側の張グループに所属。大友を慕っている。大友の花菱会への報復に協力するべく市川と共に来日するが、花菱会から差し向けられた刺客と銃撃戦になった際に2人とも死亡した。(内1名は勢い余った大友の誤射によって死亡)
ゴン - 仁科貴
チェジュ島出身の在日韓国人で、花菱会が出入りする焼肉店とバーの従業員。その一方で張とのつながりもあり、大友たちを手助けする便利屋として偽造パスポートや武器の手配も行う。英語版字幕の表記は「Gun」。
部下 ‐ ヒロホンダ
日本側で張の国際的ビジネスを任され、英語が堪能である。
オレンジ髪の若衆 - 石塚康介
日本側の張グループの若衆。個人的義憤に駆られて花菱会の野村を襲撃するが、花菱会から返り討ちに遭い、射殺された。前作では長い黒髪であったが、今作では韓流スター風のオレンジ色の短髪になっている。

花菱会[編集]

関西を拠点とする、日本最大規模を誇る巨大暴力団。

野村 和夫 (のむら かずお) (花菱会会長) - 大杉漣
花菱会会長。叩き上げのヤクザではなく、入れ墨もなければ部屋住みもしたことがない堅気の出身。先代会長・布施(神山繁)の娘婿にあたる。元証券会社の会社員で、定年退職後に現職に就いた。関西出身ではなく、標準語で話し、関西弁を非常に嫌っている[注釈 16]。花菱会の古参の構成員たちに対して、上からの物言いで接し、定例会を頻繁に開催したり、シノギのノルマを課したりする。金になるビジネスなら何でも許しており、先代の布施が禁止していた違法薬物の取引も解禁している。しかし、その割に自らは組の財政に穴を開けることなどから評判は悪い。
事あるごとに自分に対し反抗的な態度を取る西野を目障りに思っており、中田を使って始末しようと企む。しかし西野と中田の信頼関係を崩す事が出来ず、中田によって計画が西野へと伝わったことで、逆に西野から謀略を仕掛けられることになる。後に西野の死が偽装である事が明らかになった時、それまで従順だと思われていた森島など他の幹部から一斉に見捨てられる。最期は大友に道路上に生き埋めにされ、走行してきた車に轢かれ死亡した。なお、大杉漣本人は西日本徳島県出身である。
西野 一雄(にしの かずお)(花菱会若頭) - 西田敏行
花菱会若頭。布施の後任である野村を快く思っておらず、彼に対する反感を隠そうとしないため、野村の方からもその存在を疎んじられている。前作『アウトレイジ ビヨンド』の頃同様、本作でも卓越した知謀家として暗躍するシーンが多いが、その一方で大友によるアサルトライフル乱射のシーンでは、予想を超えた大友の暴走に取り乱す場面も見られた。
物語の途中で野村の指示を受けた中田に襲撃され、死亡したと思われていた。しかし実際には中田のリークによって事前に野村の計画を察知しており、野村の目を眩ませるため自らの死を偽装していた。その後は様々な謀略を駆使して大友を自身の尖兵として利用し、会長の野村と邪魔者の花田を殺害させる。さらにその大友についても「古くせえ極道、とことん追い込んだるわ」と言い放ち、李を焚き付けて殺害しようとし、最後まで自身の手を汚すことは一切なかった。野村死亡後に花菱会会長に就任した。
中田 勝久(なかた かつひさ)(花菱会若頭補佐) - 塩見三省
花菱会幹部。若頭補佐。西野の良き弟分であり、信頼も厚い。その関係を逆手にとった会長の野村から西野潰しに利用されようとするが、西野との長年の信頼関係により、野村の謀略を西野に暴露。最終的に野村を失脚に追い込む。野村死亡後に若頭に就任した。
前作では大友や木村の前で啖呵を切って見せたシーンなど武闘派な場面が多かったが、今回は崔や山王会などから馬鹿にされ遅れを取ったり、花田の失態に対処すべく奔走した挙句失敗し西野からは叱責され、野村からは西野殺害を持ちかけられるなど中間管理職として板挟みにあう場面が多く描かれている。
森島(花菱会会長付若頭補佐) - 岸部一徳
花菱会幹部。若頭補佐。野村にべったりで厚い信頼を寄せられているが、本心の見えない不気味な存在である。物語序盤からずっと野村会長に従順な様子を見せており野村に反抗的な西野を悪し様に言うなどしていたが、物語後半で死んだはずの西野が出現すると突如態度を翻し、西野の排除を命ずる野村に対して「知らんわい。おどれなんか子分がおらんかったら、ただの定年迎えたサラリーマンやないか」「変なこと言わんといて下さい。最初から会長(野村)についてたみたいやないですか」と言い放つ。その発言や、西野が会長に就任した後に西野、中田と3人で談話していた様子から、元々西野達とは裏で通じており普通に兄弟分としての関係を築いていた可能性が高い。
ちなみに野村の下には森島の他にあと2人の会長付幹部(演:大鷹明良谷本一)がいたが、彼らも森島に同調し野村を裏切っている。
花田 和弘(はなだ かずひろ)(花菱会直参幹部、花菱会花田組組長) - ピエール瀧
一連の抗争の元凶となった下劣な男。花菱会の定例会をサボって韓国・チェジュ島に女遊びに出かけた挙句、張グループと起こした揉め事が、今回の抗争の始まりであった。花田組は闇金経営や先代の布施が禁止していた覚醒剤取引で多額の利益を出しており、その上がりを会長の野村に直接献金して、花菱会内部での地位を高めて直参に成り上がった。その一方、済州島で殺害した高成進の慰謝料を出し渋ったり、張会長の腹心・李や、花菱会若頭補佐の中田から要求された指詰めを嫌がるなど、ケチで小心者である。SMプレイを好み、マゾヒストの趣向がある。若頭の西野からは嫌われており、本作終盤にて西野が手配したSM嬢と手足拘束をしてプレイしている最中に、これまた西野の差し金でやってきた大友と市川により、口に咥えていたギャグボールを同じサイズの球体状の爆薬に取り替えられ、ベッドの真横で導火線の火花が飛び散る恐怖を味わった後に爆死した。その時の大友のセリフは「口ん中で、花火上げてやるよ」。
丸山(花田組舎弟) - 原田泰造
花田の手下。花田は他の組による実行人物の特定を避けるため、顔が知られていない暴走族上がりのチンピラである丸山たちを使って様々な悪事を働いている。張襲撃の際にも利用された。張の雰囲気に圧倒されている間に張の腹心である李によって射殺された。
河野 直樹(こうの なおき)(花菱会幹部) - 桐生コウジ
刑務所から出所した花菱会の中堅幹部。出所パーティーの最中に大友と市川に襲撃され、乱射されたアサルトライフルの流れ弾が当たって死亡した。

山王会[編集]

以前は関東最大規模を誇っていた巨大暴力団。現在は花菱会の勢力下にある。かつての本部屋敷は、花菱会の東京支部として乗っ取られており、賃貸ビルの一角にある小さな事務所を拠点とするなど、前作から著しく凋落した様子が伺える。

白山 広(しろやま ひろし)(山王会会長) - 名高達男
山王会三代目会長。先代の加藤稔(三浦友和)が失脚した後に会長に就任する。若頭の五味英二郎や花菱会若頭補佐の中田には高圧的な態度で接する。花菱会若頭の西野に対して不満を溜めているが、実際に目の前にすると頭が上がらない小心者である。本作終盤で五味に射殺された。
五味 英二郎(ごみ えいじろう)(山王会若頭) - 光石研
山王会三代目若頭。会長の白山とは元々は兄弟分だったために忠誠心は皆無であり、時に会長と若頭という立場の差を無視した口調で白山と接する。白山同様に小心者でヤクザらしくない性格。大友と市川が起こした騒動のどさくさに紛れて白山を射殺し、大友が犯人であると嘘をつく。
吉岡(よしおか)(木村組組長) - 池内博之
木村組組長。木村組は前作「アウトレイジ ビヨンド」で、警視庁の悪徳マル暴・片岡刑事(小日向文世)の差し金によって山王会のヒットマン(四方堂亘)に殺害された、大友の兄弟分である木村(中野英雄)が創設した組織。前作で山王会に復讐を誓った大友と木村が、花菱会先代会長の布施に新たな組設立の許諾を得た経緯から、東京都内の山王会傘下であるにも関わらず、花菱会の関東支部としての拠点も兼ねている。吉岡は木村の死後に花菱会本部から送り込まれた若手幹部であり、花菱会本部の者が東京に来た際の足として使われたり、丸山たちが張を襲撃する際の手引きなどを行なっている。白山や五味を「貧乏ヤクザ」と蔑んでいたが、白山たちの策略によって、日本に戻ってきた大友に射殺された。
吉岡自身は前述した通り花菱会の幹部だが、本部の人間に東京での足代わりにされることには不満を抱いており、花菱会本部と張が揉めていることにも我関せずという態度を取っていた。
スクラップ工場長 - 四方堂亘
前会長・加藤の側近だった元・山王会組員。前作で悪徳マル暴・片岡刑事の教唆により、木村を襲撃して殺害した。本作では山王会から足を洗い、同じく木村を襲撃した元組員とスクラップ工場を経営している。大友は兄弟分の木村殺害に対する復讐のため、本作終盤で工場長と工員を射殺した。なお、繁田刑事(松重豊)の訪問時に工場長が机の隅に隠したのは、前作「アウトレイジ ビヨンド」で加藤が大友に刺殺されたときに着用していた帽子と時計である[4]

警察[編集]

平山(刑事) - 中村育二
捜査四課(暴力団対策課・マル暴)の刑事。繁田の上司。
繁田(刑事) - 松重豊
捜査四課の刑事。実直な性格で、張グループと裏で繋がっている警視庁の上層部に不信感を抱いている。
張会長が花田組のヒットマンに襲撃された事件を切っ掛けに、花菱会と張グループの抗争を追い始める。大友が帰国した際に彼を警察へ連行し、前作の加藤、木村、片岡殺しについて問い詰める。しかし張会長からの圧力によって大友が釈放されてしまったことで、権力者の言い成りになる警察に対し怒りを爆発させた。その後も大友を執念深く追い続けようとするものの、張の意向を忖度した警視庁の上層部によって捜査二課への転属を命じられてしまい、手が出せなくなる。これらの出来事の末に、権力者に従順である警察に失望し、居酒屋で平山と飲んだ後に辞表を叩きつけた。

スタッフ[編集]

受賞とノミネート[編集]

日本国内[編集]

映画作り[編集]

  • プロデューサーである吉田多喜男の提案により、本作は北野映画初のシネマスコープ(横縦比12:5)(シネスコ)サイズとなった。撮影担当の柳島克己によると、北野映画は現在もフィルムで撮影されている。また、柳島はいつかはシネスコを使用したいと考えていたが、シネスコレンズは高価なため、撮影スタッフの権限では決定できないところに、吉田からの提案があったため、「渡りに船」として本作で採用された[9]
  • 大友と市川が花菱会・河野直樹の出所祝いパーティー会場でM4カービンを乱射するシーンでは、ハイスピードカメラが使用されている[10]
  • 吉田と柳島は、本作がソナチネと同様のタッチにならないように苦心した[11]
  • 音楽担当の鈴木慶一によると、本作の内容からフィルム・ノワールを想起したため、鈴木が情緒的であるとして通常使用しないサックスを一瞬だけ使用している。ただし、シンセサイザーの乾いた音色に近くなるような「クールな感じ」でサックス奏者に演奏してもらった[12]
  • 音響効果担当の柴崎憲治によると、本作では銃の音の作り方を前二作と変えており、「パン!」という発射音や「ウヮーン」という残響音などを何重にも重ねて音作りを行った[13]

その他[編集]

  • 済州島」について、本作品では日本で近年一般的になった原語読みの「チェジュとう」ではなく、全ての登場人物が一貫して日本語読みの「さいしゅうとう」と読んでいる。英語字幕は「Jeju Island」になっている。
  • 張会長のオフィスの後ろにかけてある書は、韓国語で「인으로 의를 이룬다/의로서 인을 다한다」(仁で義を為す、義で仁を尽くす)と書かれている[14]
  • 花菱会若頭補佐・中田勝久役の塩見三省は2014年3月に脳出血で倒れ、リハビリ中であった。さらに、花菱会若頭・西野一雄役の西田敏行も2016年2月に自宅ベッドから誤って転落し、「頸椎亜脱臼」を発症して首が動かなくなるとともに歩行困難になったため、同じくリハビリ中であった。西田は同年5月に胆のう摘出手術も行っていた。本作は花菱会幹部の主要キャスト2名の体調が思わしくないという、きわめてシビアなコンディションのもとで撮影された[15]
  • リハビリ中の塩見三省は自力で立つのが難しく、プレミア試写会でも共演者の岸部一徳と大杉漣に抱えられて立ち上がる状態であった。そのため、本作において塩見が演じる中田は全てのシーンで椅子か車に座っている[16]
  • 監督の北野武は、首が動かせず歩行も困難な西田に対して「大丈夫だよ、大丈夫だよ。本(台本)変えちゃおうか」と声をかけたという[17]。また、上述の通り塩見と西田は歩行がうまくいかない状態であったが、北野は「上手に歩けないんだったら、歩かない仕組みを考えよう」と提案した[18]。西田はその時に北野の優しさを感じたという[19]
  • 松重豊は、共演者の西田と塩見の2名が、体調の状態が厳しい中で迫真の演技をしているの見て「今回の作品で西田敏行さんと塩見三省さん(ともに69歳)がパワーアップしているのを見て、50代半ばの自分はもっと追い込まないとダメだな、とケツを叩かれました」とコメントしている[20]
  • 2017年10月2日から6日までの7:30 - 8:00の時間帯に、『アウトレイジ 最終章』の番宣を兼ねた生トーク番組『おはよう、たけしで すみません。』がテレビ東京で放送された[21][22]。出演はビートたけし(4日はドタキャン[23])、太田光水道橋博士(3日以外)、岡田圭右(3日のみ)、松村邦洋(4日に電話出演)。

Blu-ray / DVD[編集]

2018年4月24日発売。発売・販売元はバンダイナムコアーツ[24]

  • アウトレイジ 最終章 通常版(1枚組)
    • 映像特典
      • 特報
      • 劇場予告編
      • TVスポット
  • アウトレイジ 最終章 スペシャルエディション(2枚組、初回限定生産)
    • ディスク1:本編ディスク(通常版と同様)
    • ディスク2:特典DVD
      • メイキング
      • 3分でわかる「アウトレイジ」シリーズダイジェスト
      • シリーズ一挙に総ざらい1分ダイジェスト
      • イベント&舞台挨拶集
      • 大ヒット御礼特別映像(怒号39連発)
    • 封入特典
      • 解説書「アウトレイジ解説書」(24P)
    • 特製ブックケース付きスペシャルパッケージ

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 神山は2017年1月3日に亡くなっており、シリーズ前作『アウトレイジ ビヨンド』が最後の映画出演となった。
  2. ^ 大杉も2018年2月21日に急性心不全で逝去し、ナレーション担当作品を除くと、本作が最後の映画出演となった。しかし、2018年10月6日に遺作となった教誨師が公開される
  3. ^ 「アウトレイジ最終章」公式パンフレット P.9の記載では、花田は韓国で「取引」を行っていたという公式設定になっている。ただし、本作で花田はチェジュ島のホテルのシーンから登場しており、映画の中では取引のシーンは出てこない。花田の定例会欠席を説明した若頭補佐の中田に対して、若頭の西野が「仕事…ここに来るのが仕事ちゃうんかい!」と激怒していたことからも、花田の韓国渡航はヤクザビジネスよりもチェジュ島での女遊びの方が主目的だったのではないかと思わせる描写になっている。
  4. ^ 映画の冒頭シーン(「プロデューサー森昌行 吉田多喜男」のテロップが表示されている部分)に日本ナンバーの黒色のメルセデス・ベンツSクラス(W221系)の後ろ姿が1カットだけ写り込んでいる。その次のカットに大友(ビートたけし)の横顔、大友が乗る黒色のメルセデス・ベンツSクラス(W220系)という構成にしてあるため、この2台を同一の車と思った観客が多数だったのではないかと思われる。しかし、大友が乗っているW220系ベンツSクラスは日本ナンバーではなく、韓国ナンバー「23부 4752」となっている。つまり、冒頭の日本ナンバーのベンツは、花菱会の定例会をサボってチェジュ島に女遊びに来ていた花田の車と考えられる。日韓両国の取り決めで、観光ビザの場合は所定の手続きを取れば、それぞれの国のナンバープレートで走行できるようになっている。なお、日本もしくは韓国から他の国に行く場合は、アルファベット表記のカルネナンバーに付け替える必要がある。
  5. ^ 高成進の遺体のシーンに、大友が乗っていた韓国ナンバー「23부 4752」のW220系ベンツSクラスが映っている。
  6. ^ 張とゴンはいずれもチェジュ島出身なので、在日一世ということになる。また、第二次世界大戦終結直後に来日した設定になっている張とは異なり、比較的年齢の若いゴンは特別永住資格を持たないニューカマーということになる。
  7. ^ 尹会長は本作には出演せず、「張会長の兄弟分」という設定のみである。
  8. ^ 中田は張が日本語がしゃべれないものと思いこんでおり、高について「こんなん(慰謝料は)500万で十分や。(ドライバーの高は)ドサンピンやないかい!」と言った。「ドサンピン」は漢字で書くと「ど三一」で、身分の低い者や、取るに足らない者を卑下する言葉。三一は江戸時代に、給与が年間三両一人扶持だったことから、身分の低い侍を見下すときに使われた言葉が由来である。
  9. ^ 野村と同席しているシーンと張の方向を向くシーンで、西野役の西田敏行が体全体を動かす不自然な動きをしている。その理由は、西田が本作収録前の事故により、首を動かすことができなくなっていたためである。詳しくは「その他」を参照。
  10. ^ 花菱会組員に対して野村は「バカ野郎!この車防弾じゃねえのか!死んだらどうすんだコラァ!」と罵倒した。
    なお、日本において防弾車は、公的機関や金融機関等を除き購入は非常に困難である。また、日本で唯一の防弾車メーカーであるセキュリコ社では、リース販売しか行っていない。
    【出典】「「防弾レクサス」乗ってみた 過去に銃撃?社長の答え」朝日新聞2017年11月25日
    https://www.asahi.com/articles/ASKCM46YJKCMUEHF00L.html
    海外から防弾車を輸入したり、日本から海外の防弾車製造工場に車両を輸出して防弾施工し、再輸入する方法もないわけではない。しかし、日本国内専用車であるセンチュリーは防弾ガラスの入手性などの問題から、海外の工場で防弾施工を実施することは事実上不可能である。同じトヨタ車でも、輸出商品であるランドクルーザーレクサス・LSなどは、世界的に防弾仕様に対する一定の需要があることから、海外の工場で防弾施工を実施することが可能である。なお、ドイツ高級車メーカーのメルセデス・ベンツBMWアウディはメーカー純正の防弾車を製造しているが、日本の正規ディーラーでは政府機関以外への防弾車販売を一切行っていない。
    【出典】セキュリコ社Webサイト
    http://www.securico.co.jp/blog/blog35.html
  11. ^ 冒頭のチェジュ島のホテルのシーンで、花菱会の花田が大友たちに対して「ワシらかてソウルに兄弟分がおるんやで」と言っていることから、大友たちに合流しようとした韓国人はソウルの花菱会の兄弟組織から送り込まれたものと考えられる。
  12. ^ 大友と市川が使用したM4カービンはリアサイトを撤去し、スコープを装着している。さらに、大友が使用したM4カービンは銃身を切り詰めて極端なショートバレル化がなされた上に、M4/M16系の最大の特徴である三角形のフロントサイトが撤去されるなど、相当なカスタマイズが施されており、一見しただけでは形式が判別困難である。
  13. ^ 地面から首だけが出ている野村の叫び声とともにヘッドライトが近づき、「グチャッ」という嫌な擬音がして、大友・市川が車に乗っているシーンに繋がるため、一見すると大友と市川が乗っている車が野村を轢き殺したように見える。しかし、その前に写っているナンバープレートは大友と市川が日本国内で乗車した2台の車(いずれも黒色のトヨタ・ハイエース ワゴン(100系)メルセデス・ベンツSクラス(W222系))と異なる。そのため、この場面は「大友と市川が別の車に乗り換えて野村を轢き殺した」あるいは「無関係の一般通行車が野村を轢き殺した」という2通りの解釈が可能である。
  14. ^ 当初は、生き埋めになった野村を轢くシーンを入れる案もあり、撮影テストまで行われたが、監督の北野が「インパクトはあるけど品がないかも」と判断し、採用されなかった。(【出典】「アウトレイジ最終章」公式パンフレット P.26)
  15. ^ 花菱会における西野の会長就任会合の後、森島は「お前の変態にはついていかれへんわ」と吐き捨てるように言っている。
  16. ^ 張グループの若衆に撃たれた直後、上述のように自身の車が防弾車でなかったことをなじり、さらに関西弁を喋る花菱会組員に対して、「何が「早よせんかい」だ。俺は関西弁が大っ嫌いなんだよ!どけ!」という罵倒のセリフが続く。
  17. ^ たけしは報知映画賞の受賞に際して「特別賞という訳の分からない賞。ありがとうございます」というたけしならではの毒舌で答えている。http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171220-OHT1T50081.html
  18. ^ こちらでも、石原裕次郎夫人である石原まき子からの受賞に際して、たけし流の毒舌で答えている。https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201712290000028.html
  19. ^ 録音技師。読みは「くれいし・よしふみ」。『アウトレイジ ビヨンド』から北野映画の録音担当として参加。(【出典】「アウトレイジ最終章」公式パンフレットP.24)
  20. ^ 編集担当。北野映画への参加は本作で16作目となる(【出典】「アウトレイジ最終章」公式パンフレットP.24)。
  21. ^ 【出典】https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/892975/
    「東スポ映画大賞」はたけしが審査委員長を務める異色の賞で、自身の映画に毎回賞を与えまくるのがお約束となっている。

出典[編集]

  1. ^ アウトレイジ 最終章 || TOHOシネマズ上映スケジュール - TOHOシネマズ
  2. ^ 2017年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  3. ^ “北野武『アウトレイジ 最終章』がヴェネチア映画祭のクロージング作品に”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2017年7月28日). https://www.cinra.net/news/20170727-outrage 2017年7月28日閲覧。 
  4. ^ 「アウトレイジ最終章」公式パンフレット P.29
  5. ^ http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171129-OHT1T50063.html
  6. ^ https://www.nikkansports.com/entertainment/award/ns-cinema/
  7. ^ 日本アカデミー賞公式サイト
  8. ^ 第39回ヨコハマ映画祭 2017年日本映画個人賞
  9. ^ 「アウトレイジ最終章」公式パンフレット P.26
  10. ^ 「アウトレイジ最終章」公式パンフレット P.26
  11. ^ 「アウトレイジ最終章」公式パンフレット P.26
  12. ^ 「アウトレイジ最終章」公式パンフレット P.27
  13. ^ 「アウトレイジ最終章」公式パンフレット P.27
  14. ^ 【出典】https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11181591401
  15. ^ 「シネマトゥデイ」2017年9月25日付記事
    https://www.cinematoday.jp/news/N0094671
  16. ^ AbemaTIMES 2017年9月25日付
    https://abematimes.com/posts/2999164
  17. ^ 「スポーツ報知」2017年10月7日付
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171007-OHT1T50066.html
  18. ^ 「アウトレイジ最終章」公式パンフレット P.18
  19. ^ 「スポーツ報知」2017年10月7日付、「アウトレイジ最終章」公式パンフレット P.18
  20. ^ 「スポーツ報知」2017年10月13日付
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171013-OHT1T50065.html
  21. ^ ビートたけし、テレ東の朝7時台に生放送特別番組 10・2から5日連続 oricon(2017年9月1日), 2017年10月9日閲覧。
  22. ^ 「おはよう、たけしで…」やりたい放題の1週間 Archived 2017年10月9日, at the Wayback Machine.oricon(2017年10月7日), 2017年10月9日閲覧。
  23. ^ たけしテレ東生放送ドタキャン 苦肉の松村邦洋“出演”に太田プロ苦笑い47NEWS 2017年10月3日
  24. ^ なお、「アウトレイジ」シリーズで、2018年4月1日以降のバンダイナムコアーツの映像レーベル「バンダイビジュアル」が関わるのは本作のみとなる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]