アウトレイジ 最終章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アウトレイジ 最終章
OUTRAGE 0 CODA
監督 北野武
脚本 北野武
製作 森昌行
製作総指揮 北野武
出演者 ビートたけし
塩見三省
白竜
名高達男
光石研
松重豊
大森南朋
ピエール瀧
原田泰造
池内博之
津田寛治
大杉漣
岸部一徳
西田敏行
編集 北野武
製作会社 「アウトレイジ 最終章」製作委員会
配給 日本の旗 ワーナー・ブラザース映画
オフィス北野
公開 日本の旗 2017年10月7日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 アウトレイジ ビヨンド
テンプレートを表示

アウトレイジ 最終章』は、北野武監督による日本映画2017年10月7日に日本公開される予定。キャッチコピーは「全員暴走」。R15+指定

第74回ヴェネツィア国際映画祭のクロージング作品となった[1]

概要[編集]

ヤクザ抗争を描いた2012年公開の『アウトレイジ ビヨンド』の続編映画。

監督および主演は北野武(ビートたけし)に、西田敏行、塩見三省、松重豊ら前作キャストに加え、岸部一徳、大杉漣、大森南朋、ピエール瀧、原田泰造、池内博之を起用している。

あらすじ[編集]

関東【山王会】vs関西【花菱会】の巨大抗争後、大友は韓国に渡り、日韓を牛耳るフィクサー張会長の下にいた。 そんな折、取引のため韓国滞在中の【花菱会】幹部・花田がトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまう。 これをきっかけに国際的フィクサー【張グループ】vs巨大暴力団組織【花菱会】一触即発の状態に。 激怒した大友は、全ての因縁に決着をつけるべく日本に戻ってくる。 時を同じくして、その【花菱会】では卑劣な内紛が勃発していた・・・・・・。

主要人物[編集]

大友
元山王会池元組傘下大友組組長。現在は張グループの関係者。

張グループ[編集]

張大成(チャン・テソン)
日本と韓国を股にかける大物フィクサー。
張の側近。
張の側近。
市川
韓国・済州島グループに所属。

花菱会[編集]

関西最大規模を誇る巨大暴力団。

野村
花菱会会長。
西野 一雄(にしの かずお)
花菱会若頭。
中田 勝久(なかた かつひさ)
花菱会幹部。若頭補佐。
森島
花菱会幹部。若頭補佐。
花田
花菱会幹部。
丸山
花菱会組員。

山王会[編集]

関東最大規模を誇る巨大暴力団。

白山 広(しろやま ひろし)
山王会三代目会長。
五味 英二郎(ごみ えいじろう)
山王会若頭。
吉岡(よしおか)
山王会木村組組長。

警察[編集]

平山
刑事。繁田の上司。
繁田
刑事。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞とノミネート[編集]

日本国内[編集]

海外[編集]

その他[編集]

Blu-ray / DVD[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “北野武『アウトレイジ 最終章』がヴェネチア映画祭のクロージング作品に”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2017年7月28日). https://www.cinra.net/news/20170727-outrage 2017年7月28日閲覧。 

外部リンク[編集]