ビートきよし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビートきよし
本名 兼子二郎
(かねこにろう)
ニックネーム きよしさん
生年月日 (1949-12-31) 1949年12月31日(68歳)
出身地 日本の旗 日本 山形県最上郡最上町
血液型 B型
身長 173cm
言語 日本語
方言 山形弁
師匠 深見千三郎、松鶴家千代若・千代菊、コロムビア・ライト
出身 浅草フランス座
コンビ名 ツービート
相方 ビートたけし
芸風 漫才
立ち位置
事務所 ライト企画→フリー→吉川事務所太田プロダクション → フリー → ダテ企画オフィス北野
活動時期 1970年~
過去の代表番組 オレたちひょうきん族
笑ってる場合ですよ!
他の活動 俳優自営業
配偶者  既婚
弟子 河野かずお
公式サイト プロフィール

ビートきよし1949年12月31日 - )は、日本お笑い芸人コメディアン漫才師俳優。本名、兼子 二郎(かねこ にろう)。旧芸名は松鶴家二郎空きよし兼子きよしビートキヨシ

人物[編集]

漫才ブーム(MANZAIブーム)全盛時から現在まで活動を続ける人気漫才コンビ「ツービート」のツッコミ役であり、たけしの毒舌に対するツッコミの「よしなさい!」は流行語になり、今も世間で使われている。
神奈川県横浜市在住。

ボケ役である相方のビートたけし(北野 武)のことは親しみを込めて「あーいぼう」(相棒)と呼ぶ。かつてはダテ企画の所属だったが、2014年4月から相方の所属のオフィス北野所属となった[1]が、相方の独立に殉じて、2018年3月を以ってオフィス北野から離れることになった。

プロフィール[編集]

生い立ち[編集]

山形県最上郡最上町出身。弟に尺八奏者の米谷智がいる。高校卒業後上京し、東京宝映の養成所を経て浅草のストリップ劇場「ロック座」の幕間芸人となる。その後同じ浅草のフランス座に移籍し、深見千三郎に師事する。

ツービート結成[編集]

その後、たけしがフランス座でエレベーターボーイを経て後輩の幕間芸人となり、コント志向で漫才を渋るたけしを誘って漫才コンビを結成。当初は、松鶴家千代若・千代菊が師匠で、ネタはきよしが作成していたが、正統派の掛合い漫才できよしのボケが当たらず全く芽が出なかった。
この頃、一時コロムビア・ライトの付き人をして生活を凌いでいたため、その縁で空たかし・きよし(コロムビア・トップ・ライト一門は皆「青空」の家号を名乗るが、片方の弟子なので「空」だけとなった)と名乗り、営業に出たこともあった。

演芸場のギャラは安いため、地方キャバレーなども回るようになるが、たけしは酔客相手の仕事を嫌い、出番をすっぽかしたり酩酊して舞台に上がることが多かった。また、店を誹謗したり、客やホステスに喧嘩を吹っ掛けたので、度々舞台から降ろされたため、きよしは場繋ぎに使う奇術ネタを用意していたという。この頃から、コンビ名も「ツービート」となり、ボケとツッコミの役割も入れ替わり、きよしはたけしのボケにツッコミを入れながら、出身地の自虐ネタをするのが売り物だった。

その後、演芸場芸人から人気に火がつき、演芸場での人気が上がったのとは裏腹に、その破壊的な芸風は一部の関係者に受け入れられず激しい抑圧を受け、漫才協団から脱退を求める声すら起きたという。1976年に協団が主催するNHK新人漫才コンクールにツービートは3年連続で出場したが、最優秀賞を獲得することは出来なかった。

MANZAIブーム期[編集]

1980年代前半の「MANZAIブーム」の折りには、ツービートは毒舌漫才と毒舌ネタを売り物に、B&Bザ・ぼんち等と共に一躍知名度を上げた。
笑ってる場合ですよ!」や「オレたちひょうきん族」などの人気お笑い番組に出演し人気を博し、同番組できよしは同じツッコミの役回りである松本竜助島田洋八とともにうなずきトリオを組んで、大瀧詠一プロデュースによるレコード『うなずきマーチ』(キャニオン・レコード、1982年)を出したこともある。

ブーム後[編集]

間もなくブームが終わるとツービートの活動は縮小し、相方のたけしが単独で大きな人気を得るようになった。しかしたけしとは現在もたまに漫才をすることもあり、コンビの解散や漫才師を廃業したわけではない。なおきよしはライト芸能を退社しその後フリーとなったが、その後太田プロダクションやダテ企画に所属した。

ブーム後たけしが映画監督など活躍の場を広げる傍ら、きよしも「スーパージョッキー」をはじめとするレギュラー番組を多数持った。さらにたけしが監督した映画『菊次郎の夏』、『TAKESHIS'』などへの出演もある。

また、さいたま市浦和区にあるFMレッズウェーブにて毎週火曜日午後4時より『きよしのそれそれレッズゴー』のメインパーソナリティーも担当していた。2008年4月から、B&B島田洋八と「うなずきコンビ」を結成。LIVE STAND 08 、よしもと浅草花月の舞台に出演。2012年11月東邦出版より、『相方~ビートたけしとの幸福』を出版。

現在[編集]

2014年4月1日に、相棒のたけしに誘われオフィス北野に移籍した[1]。2016年4月27日、浅草修行時代や漫才ブームの日々を自身の視点で回想した『もうひとつの浅草キッド』を双葉社より出版。また、2017年現在「たまたま、きよし。お財布万歳!」(SPEEDチャンネル)や「ひるキュン!」(TOKYO MX)などのレギュラー番組に出演し、その傍ら、細川たかし座公演の舞台に出演し、細川たかしのコンサート司会も行っている。

主なギャグ[編集]

  • 「よしなさい!」
  • 「バカな事言うな!」
  • 「何言ってんだ!」
  • 「またかまたかまたか!」
ツッコミの語彙がここに挙げた言葉程度しかないというネタは、たけしや『ビートたけしのオールナイトニッポン(以下、オールナイト)』リスナーによくネタにされていた。
『オールナイト』で1982年頃に片岡鶴太郎がきよしの物真似をしながら多用したため、リスナー間でも流行した(たけし曰く、「本物よりも似ている」)。これらは「おまえら俺が生きてるうちに俺から学べよ、盗めよ」に続くフレーズであり、つまりきよしのギャグ(駄洒落がほとんど)をメモやテープにとっておけという意味である(後年、「ビデれ(ビデオに撮れ)!」「ファクシミれ!」「パソコれ!」等が追加されている)。
その1:「あのよ~」
その2:「キリストが死んだって? イエス」
その3:「ブルース・リーが天国に行ったんだって。ウチュ~」
このネタが『オールナイト』でウケたことから、同番組内に「きよし先生の宇宙コーナー」が作られた。

出演[編集]

バラエティ[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

Vシネマ[編集]

  • 爆裂!M・コネクション Vol.2 ザ・ファイナル・シューティング(1991年、SEIYO INTERNATIONAL)
  • 水物語(1991年、バンダイビジュアル
  • 爆走トラッカー軍団3 紅薔薇軍団参上!(1993年、ケイエスエス
  • 爆走トラッカー軍団4 なにわ【暴】(まるぼう)遊侠伝(1993年、ケイエスエス)
  • 爆走トラッカー軍団5 激闘! 香港マフィアVS女トラッカー(1994年、ケイエスエス)
  • ファイナルファイター(1994年、にっかつ
  • 極道 華の乱 姐対姐御(1995年、SHSプロジェクト)
  • 九州激動の1520日 新・誠への道(2009年、GPミュージアムソフト

ディスコグラフィ[編集]

  • 茅場町の女
  • 雨の権之助坂
  • うなずきマーチ
  • E・Ri・Ma・Kiとかげっこ音頭
  • 日本農民党当選音頭
  • 全日本当選音頭
  • ソレソレ音頭

主な著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “ツービート29年ぶり復活!“大型新人”きよしオフィス北野入り”. 産経新聞. (2014年4月3日). http://www.sankei.com/entertainments/news/140403/ent1404030006-n1.html 2013年4月6日閲覧。 

関連人物[編集]

外部リンク[編集]