松鶴家千代若・千代菊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松鶴家千代若・千代菊(しょかくや ちよわか・ちよきく)は昭和初期〜平成期に活躍した夫婦漫才コンビ。生前は落語芸術協会所属。出囃子は「菖蒲浴衣」。

メンバー[編集]

経歴[編集]

『松鶴家』(しょかくや)は上方歌舞伎の『松鶴屋』(しょうかくや)に由来する屋号で、千代若の師匠は初代松鶴家千代八桜川末子と組んだ千代八は、初代の妻で二代目)。

1922年に千代若が大阪に修行に出て、翌年初代千代八門下に納まり松鶴家千代一を名乗る。一方千代菊は幼くして1924年川畑勝子の一座で市川豆子の名で日本舞踊で子役で初舞台。巡業中の1929年安来節一座に居た後の二代目千代菊と知り合い、1931年に結婚し1933年に夫婦漫才コンビを結成。この頃に千代若と改名。

松鶴家団之助が戦後間もなく西成山王(通称芸人横丁、てんのじ村)で開いた『団之助芸能社』(芸能マネジメント事務所)に所属し、後に上京して浅草を本拠地にしたが、従前上方でも人気を保ち、千日劇場に多く出演。

高座のみならずラジオテレビでも永年活躍。千代若の栃木弁のゆったりとした語りが特徴で、「早くやってよぉ〜!もう帰ろうよ」というセリフは一世を風靡した。

1996年の千代菊の没後、千代若は次女の三代目千代菊と組んで高座を勤め、その娘に先立たれた後も、100歳現役を目指してピンで最後まで舞台に立ち続けた。

長女は東和子・西〆子の西〆子で、千代若は娘ふたりに先立たれている。

面倒見の良さで芸人仲間からも畏敬を集め、漫才協会(当時:漫才協団)の相談役を務めた他、松鶴家千とせ東京二・京太ツービートなど、多くの弟子を育てた。

千代若は大の読売ジャイアンツファンでもあり、大正製薬の「メンフラハップ」CMに江川卓と競演している。

2008年10月29日、東京漫才を顕彰する“東京漫才の殿堂”への殿堂入りが漫才協会によって発表された。

芸風[編集]

千代菊の三味線に合わせ、鼓を持った千代若が唄や踊りを披露しつつ、ボヤキを交えたひょうきんな会話の掛け合いで繋ぐ、尾張萬歳由来の太夫・才蔵様式の民謡漫才(音曲漫才)。栃木弁の千代若が、圧倒的な声量で聞かせる八木節も売り物の一つ。他にも都々逸や大津絵、詩吟や古典萬歳、興に乗ると千代若の詩吟に合わせて千代菊が剣舞を舞ったりもした。

千代若の十八番「もう帰ろうよ」は、戦時中の外地慰問の際に、疲弊し切った兵士の顔を見て思わず発したギャグだったが、反戦思想から共産主義者の容疑を被り、憲兵に拘束され銃口を突き付けられた事もあったという。老境に入って後は「しんどいから早く舞台を降りたい」の意味で用いるようになり、千代菊が「せっかく出てるんだから、もう少し頑張りなさいよ」と返すのが定番になった。

受賞[編集]

一門[編集]

関連項目[編集]