漫才協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
漫才協会
団体種類 一般社団法人
設立 2005年
所在地 東京都台東区浅草1-11-2
御所ビル3B
北緯35度42分43.01秒東経139度47分32.74秒座標: 北緯35度42分43.01秒 東経139度47分32.74秒
起源 帝都漫才組合
主要人物 会長 下地 康夫(青空球児
活動地域 日本の旗 日本
主眼 漫才を中心とする演芸の普及向上、継承と振興を図る
活動内容 漫才の公演等の開催、漫才の広報、漫才の人材育成
ウェブサイト http://www.manzaikyokai.org/
テンプレートを表示

一般社団法人漫才協会(まんざいきょうかい)は、主に東京で活動する漫才師が加盟する、漫才公演の開催・漫才師の育成・広報を目的とする一般社団法人である。

役員[編集]

歴史[編集]

  • 1935年昭和10年):「帝都漫才組合」設立。80余組が参加。吉本興業東京吉本)所属の林家染団治が会長に就任。
  • 1940年(昭和15年):戦時経済下の国家統制機関の一部となる。東京の全漫才師の加盟が強制され、同時に「帝都漫才協会」へ改称。会長に大朝家五二郎、副会長兼書記長に千代田松緑が就任。両名とも専従となる。
  • 1943年(昭和18年):「大日本漫才協会」の東京支部に改称。支部長は引き続き大朝家五二郎。[1]
  • 1945年(昭和20年):敗戦により消滅。
  • 1955年(昭和30年):「漫才研究会」設立。初代会長にリーガル万吉。
  • 1956年(昭和31年):漫才コンクール初開催。
  • 1964年(昭和39年):漫才協団へ改称。
  • 1971年(昭和46年):真打制度を導入。
  • 2002年(平成14年):漫才新人大賞を開始。
  • 2005年平成17年):旧法のもとで法人格を取得。団体名も漫才協団改め社団法人漫才協会へと改称。
  • 2008年(平成20年)
  • 2015年(平成27年):YouTube漫才協会公式アカウントを開設し、オリジナル番組である『madio(漫才協会のマジめなラジオ・マジオ)』を全世界に向けて配信を開始した。

歴代会長[編集]

主なイベント[編集]

定席[編集]

所属会員[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 関西支部長は初代浅田家日佐丸
  2. ^ お知らせ:平成24年4月より、毎月1日~19日は「漫才協会」の公演を開催!!”. 浅草 東洋館 (2012年2月28日). 2012年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月11日閲覧。

外部リンク[編集]