東けんじ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東けんじ(あずま けんじ 1923年(大正12年)12月17日 - 1999年(平成11年)1月7日)は、宮城けんじと漫才コンビ「Wけんじ」を結成した日本の漫才師。本名は大谷健二(おおたに けんじ)。栃木県宇都宮市出身。 大の酒好き。内向的な性格で普段は無口であった。

1960年代を中心に活躍。テンポの速いしゃべりに、レンズの入っていないロイド眼鏡を掛けたとぼけた味わいの東のボケと宮城のキレのあるツッコミで人気を博し東京を代表する漫才師となった。「やんなっ!」「バカだなぁ〜」「なっ。オー!」などの流行ギャグを生み出し一世を風靡する。全盛期にはヘリコプターで移動して舞台を掛け持ちするほどの人気ぶりであった。

浅草松竹演芸場には漫才協団幹部として定席にも出演。また、東京演芸人の最高峰とされた日比谷東宝演芸場東宝名人会にも多数出演した。その反面、落語家の団体には所属していなかったため、寄席には殆ど出演しなかった。

来歴[編集]

実父は大田原町長(現・大田原市)。 中学卒業後に地元の東野鉄道に就職し小荷物係として働いていた。元来の芸事好きが高じて駅員仲間を集めて素人劇団を結成したが、それを駅長にとがめられた事に腹を立て辞表を提出。サーカス団に入り「ヘンリー東」を名乗り、生まれつきの身体の柔らかさを生かしたパントマイムやアクロバット、または花形ピエロとしても活躍した。その後、地方回りのレビュー団を経て1955年(昭和30年)に玉川良一と漫才コンビ「Wコント」を結成し、大阪に拠点を移して活動。千日前大阪劇場なんば花月劇場に出演していた。1956年(昭和31年)に浅草などで活躍していた三波伸介を加え「おとぼけガイズ」となった。関西ではテレビ出演するほどの人気だったが東がたびたび舞台に穴を空けることや、玉川良一の単独テレビ出演の機会が増えたこと、東京逆進出を巡り意見が対立したこと等の理由から活動が不安定になり嫌気が差した三波伸介の帰郷で1957年トリオ解消、再び「Wコント」に戻るも一年も経ずに解散した。解散後に東京に戻り、所属する一映プロの夏野偵三代表からの勧めで宮城を誘い、1961年(昭和]6年)4月に宮城と「Wけんじ」を結成。

酒好きが祟り、1999年(平成11年)1月7日肝不全のため東京都文京区の日本医科大付属病院で死去。享年75。告別式は1月10日、東京都文京区の護国寺桂昌殿で営まれ、会場には約400人の会葬者が訪れた。会場入口に設置されたモニターには、生前のWけんじ漫才がVTRで流された。葬儀委員長は相方の宮城けんじ。喪主は妻の多恵子。遺体には最後の舞台衣装が着けられ、棺には愛用のメガネ、電話帳、小犬のぬいぐるみ、かりんとうが納められた。

エピソード[編集]

  • 1954年に沈没し1139人の犠牲者を出した洞爺丸に搭乗予定であったが、東が出航前に酔いつぶれてしまったために乗船を見合わせ、宮城共々運よく難を逃れたという[1]
  • 人気絶頂の1966年(昭和41年)6月13日、東が突如失踪し、大阪のABCテレビの収録に穴を開け大問題となる。翌日、地元・栃木県の実妹宅にいるところをマネージャーに突きとめられ、15日には東京へ戻り所属事務所社長と宮城同席のもと釈明の記者会見を開いた。前夜の酒がもとで寝坊をして大阪行きの新幹線の時間に間に合わず、元来の内向的で小心者であった東は頭が混乱。「もうお終いだ」と思いこみ田舎に逃げたのが事の顛末であった。
  • 臨終の間際、ベッドに横たわる東を見守る弟子の一人が感極まって「オヤジ、舞台です!」と呼びかけたところ、カッと目を見開いたと言う。

主な出演歴[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  演目 「鈍感物語」1965年(昭和40年)収録/「ど忘れ物語」1979年(昭和54年)収録/「温泉問答」1995年(平成7年)収録

映画[編集]

舞台[編集]

  • 「新春Wけんじとその一味」(大手町サンケイホール)1965年(昭和40年)〜
  • 「三波春雄ショー」(歌舞伎座1966年(昭和41年)
  • 「モルガンお雪」(帝国劇場1977年(昭和52年)
  • 「アメリカ寄席」(アメリカ1978年(昭和53年)
  • 「Wけんじ一門会」(浅草松竹演芸場1979年(昭和54年)
  • 「Wけんじ漫才20周年記念特別公演」(東京・大阪・横浜・札幌・福岡・名古屋)1980年(昭和55年)

吹替[編集]

  • テレビアニメ「怪獣王ターガン」(NETテレビ)悪役の声でゲスト出演
  • ドキュメンタリー映画「ゼロ地帯をムシる/原題:Primitive London」(東京第一)日本語版ナレーション

受賞歴[編集]

1963年昭和37年):第11回 NHK漫才コンクール優勝

レコード[編集]

A面「ダブ子ちゃん」/B面「おしかった」(作詞:丹古晴己/作曲:大本恭敬/編曲:小野崎孝輔東芝レコード

CD[編集]

DVD[編集]

東京漫才傑作集 (2005/03/23発売)コロムビアミュージックエンタテインメント

脚注[編集]

  1. ^ 2008年3月29日放送のTOKYO MX談志・陳平の言いたい放だい」にて立川談志が発言。

関連項目[編集]