ぴろき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ぴろき
本名 佐藤さとう 浩樹ひろき
生年月日 (1964-01-01) 1964年1月1日(59歳)
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県里庄町
血液型 A型
身長 153cm
言語 日本語
事務所 オフィスぴろき
活動時期 1982年-
公式サイト http://office-piroki.com
テンプレートを表示

ぴろき(本名:佐藤 浩樹(さとう ひろき)[1]1964年1月1日[1][注釈 1] - )は落語芸術協会漫才協会に所属する漫談家お笑い芸人岡山県浅口郡里庄町出身[2]東京都在住。現在はウクレレ漫談で寄席を中心に活動している。

ちょんまげ・丸眼鏡・フリルシャツ・幅広のズボンという出で立ちで、ウクレレを弾きながら自虐ネタ漫談を披露する[3][4]。衣装はピエロからヒントを得ているといい[4]、ぴろきの“ぴ”は、ピエロの“ピ”に由来するという[5]

経歴[編集]

東京の大学に進学するが中退し[4]1986年東八郎主宰の「笑塾」に入門[2][注釈 2]。同塾出身者には桂米多朗山崎まさやすず風金魚斎藤哲也などがいる[2]1988年、東八郎急逝により塾が閉鎖[2]浅草ロック座の専属コメディアンとなる[2]1989年漫才協会に入会し、漫才コンビ「カッポラポッケ」を結成[2]、コンビ漫才は8年ほど続けたが解散しピン芸人となる[5]

1994年、トークと風船芸を交えた独自の「風船漫談」ジャンルを確立[2]。同時にギタレレ漫談開始[2]1997年、現在のウクレレ漫談の芸風を確立[2]2003年ウクレレ漫談家として落語芸術協会に入会[2]2016年、11月よりウクレレに持ち替え、ギタレレ漫談からウクレレ漫談に変更[2]。2017年9月にはCD「明るく陽気に、いきましょう。」をリリースした[5][6]

ネタ[編集]

  • 少ない頭髪で頭頂部を縛りあげた独特のヘアスタイルと、ずんぐりむっくり体型の風貌で、登場時に客が笑ったのを確認し「何か問題ありますかね?」と問いかける。
  • ネタはいわば「自虐漫談」。ひどい目に遭ったエピソードや間の抜けた話をウクレレをつま弾きながら、かんで含めるように話す。
  • オチのあと「ひぃひぃひぃ!」と品のない笑い方をして客の笑いを誘い、「明るく陽気に、いきましょう。」と歌ってひとネタを締めくくる。ステージではこれを何度か繰り返す。
  • 「・・・いきましょう。」の部分は「・・・行きましょう。」「・・・生きましょう。」「・・・往きましょう。」「・・・活きましょう。」など様々な意味を持つ事がある。
  • 「○○しました。」を「○○しましましました。」などと言って笑いをとることもある。
  • ワンステージ最後に「つらくなったとき、苦しいとき、ボクの顔を思い出してください。何の役にも立ちません!」などと言って降壇。「何があってもくじけずに…」から始まる歌を歌うこともある。
  • 2003年頃は甲高い声をしぼりだすように話していた。
  • 舞台からはける直前、ウクレレのはずれた音を出してもうひと笑い起こす。
  • ウクレレ Koaloha KSM-00 Special Issue koa ウクレレ弦 D’Addario EJ65S

活動[編集]

寄席[編集]

テレビ[編集]

バラエティ[編集]

ドラマ[編集]

  • でぶせん』(2016年8月20日 - 、日本テレビ) - 校長 役[7]

アニメ[編集]

その他[編集]

ラジオ[編集]

CD・DVD[編集]

  • 『明るく陽気にいきましょう!vol.1』(オフィスぴろき / 2006年)
  • 『明るく陽気にいきましょう〜自虐的不幸自慢話1』(テイチクエンタテインメント / 2007年)
  • 『明るく陽気にいきましょう〜自虐的不幸自慢話2』(テイチクエンタテインメント / 2009年)
  • 『明るく陽気にいきましょう〜自虐的不幸自慢話3』(テイチクエンタテインメント / 2011年)
  • 『明るく陽気に、いきましょう。』 (徳間ジャパンコミュニケーションズ / 2017年)
  • 『実録ぴろき独演会』(オフィスぴろき / 2019年)

CM[編集]

  • 長野県シルバー人材センター連合会

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 戸籍上の生年月日は1964年1月1日だが、実際は1963年12月30日生まれ[要出典]
  2. ^ 「笑塾」は東八郎のサイトでは没年と同じ1988年の設立となっているが、落語芸術協会サイト掲載のプロフィール、並びに東京かわら版2006年寄席芸人名鑑や本人公式サイトのいずれもが1986年と記しているため、後者を優先した。

出典[編集]

  1. ^ a b ぴろき - 協会員プロフィー”. 落語芸術協会. 2023年1月30日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k プロフィール / ぴろき”. 徳間ジャパン. 2023年1月30日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i ぴろき”. 漫才協会. 2023年1月30日閲覧。
  4. ^ a b c 亀山早苗 (2020年11月14日). “松本人志も絶賛の漫談家ぴろき、コロナ禍で“大損害”を被っても寄席にこだわるワケ”. 週刊女性PRIME. 2023年1月30日閲覧。
  5. ^ a b c 寧樂小夜 (2017年9月21日). ““自虐ネタ”で寄席を中心に活躍、ウクレレ漫談家・ぴろきがメジャーデビュー”. ORICON NEWS. 2023年1月30日閲覧。
  6. ^ 高山和久 (2017年10月12日). “松ちゃんが唸ったウクレレ芸人・ぴろき、自虐漫談で32年目CDデビュー「この曲は賞味期限がないんですよ」”. zakzak. 2023年1月30日閲覧。
  7. ^ キャスト”. Huluオリジナルドラマ「でぶせん」公式サイト. 2016年9月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]