真打ち競演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

真打ち競演』(しんうちきょうえん)は、1978年11月26日からNHKラジオ第1放送で放送している演芸番組である。

同年11月23日国際電気通信連合の取り決めによるAMラジオ周波数変更(南北アメリカ大陸を除く世界のAMラジオ局が10kHzステップから9kHzステップに変更)に伴う番組改編により、始まった番組である。2011年度より毎月最終週は、同放送時間において『キャンパス寄席』が放送される。

番組編成により、放送曜日や放送時間が変動することがある。

放送時間[編集]

  • 1978年11月26日 - 1998年3月22日 日曜日 22:15 - 23:00(翌週の日曜日14:15に再放送)
  • 1998年4月12日 - 2000年3月26日 日曜日 19:15 - 20:00
  • 2000年4月2日 - 2003年3月30日 日曜日 20:05 - 20:55
  • 2003年4月5日 - 2005年3月26日 土曜日 21:05 - 21:55
  • 2005年3月29日 - 2008年3月25日 火曜日 21:05 - 21:55
  • 2008年3月31日 - 2011年3月7日 月曜日 21:05 - 21:55(東日本大震災関連の情報番組で、3月11日以降は番組放送休止となった)
  • 2011年4月2日 - 2012年3月31日 土曜日 20:05 - 20:55(毎月最終週は、同放送時間で『キャンパス寄席』の放送となる)
  • 2012年4月7日 - 現在 毎週土曜日 10:05 - 10:55 (毎月最終週は、同放送時間で『キャンパス寄席』の放送となる。番組編成により、春・夏の高校野球開催時期には生中継放送があり、数週間の放送休止期間がある)

概要[編集]

  • その名が示すとおり、落語漫才漫談等、その道の芸を極めた真打が毎週3組出演し、珠玉の話芸を披露する番組である。出演はすべて東京の芸人であり、上方の「真打」は競演しない[1]2016年からは落語協会落語芸術協会漫才協会に所属しない比較的若手の色物の芸人も度々出演している。
  • 全国各地を巡回して収録する公開番組で、1つの収録場所で2回分の収録をする。上方演芸会との兼ね合いからか近畿地方での収録は少ない。また、年に数回、東京・渋谷NHK放送センター・CR505スタジオでも収録している。
  • 収録場所地域の、「市制、町制の○周年記念」や「市町村の合併」、「収録する会場の竣工記念」等の記念事業として各地域と、その地域のNHK放送局の共催で行われることが多い。
  • 基本的に出演者等は収録場所へ当日入りし、多くの場合はその日の夕方から収録に臨むが、収録場所への交通事情から収録前日に乗り込む場合もある[2]
  • 司会進行は公開収録する地域のNHK放送局アナウンサーが務める。
  • NHK放送センターでの収録時は、中江陽三(元NHKアナウンサー)が長らく担当した。
  • 各放送局のアナウンサーは、オープニングに収録地の特徴など(人口、特産品や産業など)を紹介する程度で淡々と進行する。
    • 東京収録の場合は、司会者が芸人に事前にインタビューを行い、そこから聞き出したエピソードをオープニングで紹介している。
  • 公開収録の観覧希望の募集は、収録担当のNHK放送局や収録場所地域の市区町村等での募集はされているが、東京のNHK放送センターでの収録については公表されていない[3]
  • 時折、番組収録をした地域(都道府県)限定で、NHK総合テレビに於いて『真打ち競演』として、テレビ収録したものを放送することがある(過去には、数回、NHK-BS放送で放送されていた事もある)。

構成[編集]

  • オープニング
    • 番組タイトルコール、オープニング挨拶、収録場所会場名紹介、出演者の紹介、その後、収録場所の地域の紹介(地域の人口、地域の特徴、特産物等の紹介等)[4]
    • 東京NHK放送センター・CR505スタジオでの収録分では、地域の紹介の代わりに、中江が出演者のプロフィールや近況について、時折笑いを交えながら紹介する。
  • 1組目:色物(漫才、コント)(稀に、楽器を使った演者(ボーイズ物・歌謡漫才等)、または落語)
  • 2組目:色物(漫談、物真似、等)
  • 3組目:落語
    • それぞれの演目前に、司会が演者・演目名の紹介をする。出囃子がなりはじめてから「**さんの「***(演目名)」です、**さん、どうぞ」とアナウンスする(演目後にも、「**さんでした」とアナウンスする)。
  • エンディング
    • 収録場所会場名、出演者名・演目紹介、収録担当NHK放送局名・司会進行を担当したアナウンサー名、エンディング挨拶

東京NHK放送センターでの収録時には、1組目が楽器のセッティングの関係でボーイズ物(歌謡漫才)等になる場合も多い。また、落語を二席放送する事もある(1組目、3組目)。

出囃子については曲が固定されており、どの芸人であっても毎週同じ曲が使われる。たとえば3組目は噺家固有の出囃子ではなく、必ず東京音頭が使われている。

脚注[編集]

  1. ^ 上方の芸人は『上方演芸会』に出演。
  2. ^ 収録が夕方からの場合が多く、ほとんどの場合、番組収録後、「打ち上げ」が行われ、番組出演者等の多くは宿泊する(出演者のスケジュールの関係でその日のうちに帰る場合もある)。
  3. ^ NHK放送センターでの収録の場合、観覧者はNHK職員及びNHKの関連企業で働いている従業員や日本郵政放送センター内郵便局に勤務する社員やみずほ銀行渋谷中央支店に在籍で尚且つ放送センター出張所に勤務する行員の福利厚生の一環として、レクレーションのイベントを兼ねて開催している。
  4. ^ 各地域での公開収録時の司会進行は収録する地域のNHK放送局アナウンサーが務める。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]